2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

郷土の英雄。帝国陸軍師団の歴史 其の弐

1 :むべ:2006/04/09(日) 19:42:47 ID:e6LAOW5F0● ?
前スレ
郷土の英雄。帝国陸軍師団の歴史

http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1071589634/


2 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 19:45:17 ID:c+kpQT560
2GET

3 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 19:46:24 ID:Qdr2i0Ld0 ?#
3ダー

4 :EXCULTer's / Esprit de Kitakyushu ◆KN.C37077Y :2006/04/09(日) 19:46:40 ID:soqj0fku0
ゴミスレ乙(爆笑)

5 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 19:46:46 ID:SFkchFK0O
三ならむべが交通事故に遭遇する。

6 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/09(日) 20:12:29 ID:PXM325Ro0
愛媛県人部隊の、松山22連隊は沖縄守備のため24師団に編入されたが
沖縄戦でほぼ全滅した。
愛媛新聞社発行の「松山22連隊史」でも、沖縄戦の話しは数ページ
のみだった。生存者がほとんどいないから書けないとのこと。
なんか他に逸話はないのかな??

7 :むべ:2006/04/12(水) 00:10:35 ID:MvO3TZcP0
スレ立てありがとう。

8 :むべ:2006/04/12(水) 00:26:09 ID:MvO3TZcP0
>>6
38軍隷下の24師団は主力だった9師団が台湾抽出後に主力になった部隊。
22連隊独自の戦闘は良くわからんが24師団は後詰予備として温存され
勝敗がほぼ決した20年5月になって総攻撃を決行。
6月30日に師団長、参謀長が自決して師団は消滅した。
ちなみに24師団の他の連隊は32連隊(山形)89連隊(旭川)だったが、
この中で唯一32連隊が米軍陣地に侵入し、棚原高地を占領する戦果を挙げたが
結局は蟷螂の斧でしかなかった。

9 :空港通2丁目 ◆SHKGFkSErk :2006/04/12(水) 08:29:17 ID:7qHGK+cp0
おいおいおいおい。

one for all and all for one.

そもそも「軍」ってなんだ?
国民の「生命」「財産」を守るものじゃないのか?

荒らす気はないが・・・。
「体育会系」なんてたいてい頭悪いんだよ。

その最低限の責任を果たせなかったのが、旧日本陸海軍なんだよ。


かなわないなら、どこかで「ギブアップ」すべきなんだよ。
完全に「腕ひしぎ逆十時」入ってるのに、コールしなかったみたいな・・・。

踏ん張りすぎた結果、ひじの靱帯切れたんだよ。

それが「原爆ドーム」なんだよ。



10 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 01:04:00 ID:jtJcoq9m0
こういうスレ立てると、広島自慢のアホが来るだろが!

11 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/17(月) 22:56:36 ID:LbxQvWPh0
関連スレ
大日本帝国陸軍の最凶師団はどれだ?2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1137651416/


12 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/18(火) 01:39:27 ID:OAJhluur0
>>10
ここで思い切り自慢させてあげてはもらえまいか?
日本史板や軍板あげくに三戦板でまでやられた日には…

13 :むべ:2006/04/20(木) 23:51:24 ID:fAiQNMU20
>>9
戦争は始めるのは簡単だけど止めるのは難しいからね。
アメリカは二つの大洋をまたいで二つの戦線で戦った。
日本は全力で戦ったのにアメリカは言わば左手だけで戦った。
最初から勝てる戦争ではなかった。
一説によると日本の国力はアメリカの27分の1だったらしい。
日本は近衛によるソ連仲介の和平ができなかった時点で終戦を考えていた。
ポツダム宣言も条件次第で受け入れる方針だった。
まさにKO寸前。
その時、広島に原爆が落ちた。
メジャーリーグでは7回以降、5点差以上ある時に
盗塁をすると非難されるという。
敗者に必要以上の屈辱を与えないというのがアメリカ人の美点だと思ったが
原爆投下はその美点が発揮されなかった。
この点では広島の原爆投下はアメリカ人の責任は投下された日本と同じくらい
大きいと思うぞ。



14 :むべ:2006/04/20(木) 23:58:57 ID:fAiQNMU20
追記。
戦争で勝者と敗者が出るのは自明の理。
負けた国は国民の生命と財産が脅かされるのも同じく。
だけど、日本軍が必死に戦ったから
戦後、アメリカは日本人に敬意を払い
他のアジア諸国にはない可能性を信じた。
国が負けたのだから国民を守るという義務を果たせなかった
軍の責任は大きいが、
同時に負けとわかっていても
全力で戦って国の矜持を守るという
もう一つの責任は果たしたとは言えないだろうか?


15 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/21(金) 20:33:52 ID:lwPbvvH30
>>13
>最初から勝てる戦争ではなかった。

日本の当時の首脳たちもアメリカに勝てるなんて思ってないよ。
あくまで講和目的だ、まぁサッカーで言えば引き分けネライで勝ち点1
をゲットってとこか!
真珠湾攻撃以前から日本vs米・英・蘭による外交戦争は始まっていた。
ABCD包囲網が事実上の対日宣戦布告だろう。

原爆投下は新兵器の実験が主な目的。
米空軍がヒロシマとナガサキへの焼夷弾による空爆を禁止したのは
街を温存しておいて、原爆一発による破壊力を正確に確かめるためだった
のは米国の公文書でも明らかになっている。



16 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 00:02:33 ID:pvt9clzR0
まあやっぱり第二師団はすごかったよな。
世界史上唯一の師団夜襲成功なんだから。

17 :205:2006/04/23(日) 01:28:43 ID:UNtZfLnL0
>>16
そして、仙台師団は、敵からの夜襲にも脆かったんじゃろ。

18 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/23(日) 14:28:11 ID:d/YwHs240
案の定出たな広島牛。
ここでなら飽きるまで広島自慢してもかまわんから
思う存分やってくれ。
いつものように東北関東は弱かった〜広島は〜ってな。
で、次の感状はまだかな?

19 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/24(月) 01:10:10 ID:WwQMwaPD0
ここでは白馬青牛じゃないのねw

20 :205:2006/04/28(金) 00:02:44 ID:y5t1yAne0
>>161819
関東蛙君か?第二師団は、すごかったよな。と云うのは、戦国時代に
越後人の奴隷民じゃったゆえか?ここでは、白馬青牛を名乗るつもりは
無いよ。

21 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/04/29(土) 00:01:50 ID:E9EXF6Hr0
奴隷ね…
広島人さえいればどの戦争にも勝てると思ってる
おめでたい人がいるとは広島の人すらびっくりだろうな。

広島人で竹島でも行ってくれば?
ガダルカナルもサイパンも硫黄島も沖縄も第五師団さえ送ってれば
よかったんだよな。

いっそ独立しちゃえばいいんじゃないの?

22 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/01(月) 11:55:34 ID:Kopc59hA0
ある本に青森連隊と弘前連隊は兄弟連隊と書いてあったけど、この「兄弟」とはどういう意味?


23 :205:2006/05/02(火) 22:41:52 ID:s84ib9OH0
>>21
わしゃあ実例のあることを言うとるんで、広島人が行っておれば、他の
戦闘で云々やらは、想像になるので答えようが無い。
独立か?わしゃは、梅棹忠夫氏のように、西日本は大和国家で、東日本は
東国家を名乗れという、日本分断論者でじゃないよ。西日本と東日本は、
文化、伝統が違うので、貨幣経済・税制・社会制度は、別々の方が良いの
かも知れんとは思うが。
>>22
広島第11聯隊と福山第41聯隊も兄弟聯隊と表現されます。
福山聯隊が日清戦争の時広島第11聯隊の尾道大隊管区であり、
日露戦争時、兵員は広島東部でありながら、司令部は広島にあったので、
弟聯隊とされます。一方弘前師団は、司令部が弘前にありながら、
青森第5聯隊の方が編成が古いので、兄聯隊となるでしょう。
弘前第31聯隊の方が青森県の郷土部隊で、青森聯隊は、岩手県の兵員が
多いとも言えますが、編成が新しいので、弟聯隊となるのでしょう。

24 :むべ:2006/05/07(日) 01:54:28 ID:myvqXjbs0
戦友同士の喧嘩はいかん。
おれもこのスレ立てるまでは第2師団が最強だと思っていたが、
考えが変わった。
205氏に感化された訳じゃないよ。
敢闘精神、身体能力、装備に劇的な違いがある訳ではなし、
違いがあるとすれば運と指揮官の能力、作戦の時期、作戦の場所くらいだろ。
シナ事変のころの支那派遣軍や関東軍は無敵だった。
これは相手が弱すぎたため。
大東亜戦争初期のフィリピンの米軍やマレーシンガポールの英軍は
植民地軍だったから装備が悪くこれも弱かった。
その頃ならどこの師団が出ても勝てた。
しかし、ガダルカナル以後の本格反抗の時の
米英軍に勝てる部隊は残念ながら日本にはなかった。
サイパンで最新の武器を豊富にそろえた名古屋師団が
結局玉砕したのは名古屋人が弱かったのではなく
それ以上に米軍が強力だったからだ。
郷土部隊に極端な力の差はない。
自分の郷土の部隊を誇るのはいいが
他の地域の部隊を貶すのは感心しない。





25 :205:2006/05/08(月) 01:22:40 ID:F7y12dLt0
>>24
むべさん、わざとらしく、広島部隊を愚弄しておられるようですね。
しかし、あなたが京都師団を愚弄しながら都合が悪いと兵団の戦力の
差がないと豹変するのも如何なものか。
支那事変の支那派遣軍も第一次長沙作戦でもかなり苦戦し、第二次長沙
作戦に至っては敗北でしょう。激戦では悪戦苦闘しておるのに
支那派遣軍や関東軍が無敵で支那軍が弱いというのは、どのような
根拠からですか?
まあ、西洋人兵より支那兵が兵士として素質があったのは戦闘体験者の
云われることです。マレー戦でも、敵軍が敢闘、勇敢な闘いをしたとき
「支那さんかと思うた」と語られた兵士もおられ、広島第5師団が
激闘した南寧戦でも支那軍は、日本軍より狙撃技術は上回っておりました。
支那兵より兵士一人一人の質が劣っておった英軍、白人兵も最後まで
志気が衰えず激闘したことは、尊敬に値するとは思います。
>大東亜戦争初期の米英軍は植民地軍だから弱かった?
過去、現在に至っても英軍主流は旧植民地軍でしょう。植民地軍なら
弱いという根拠はあるんですか?「いかに最新兵器を駆使して、莫大な
物量を叩き込んでも所詮は人間の対玦である」と、戦記にありますが、
負けたのを装備のせいとすれば、単純に言い訳出来るということですか?
>その頃ならどの師団が出ても勝てた?と根拠の無い断定ですか。
実際に闘っておらんのに、我々も参戦したら、中央突破で勝てたと妄想し、
武勲をあげた広島師団対する嫉妬感情論は見苦しいと思いますよ。
郷土部隊に極端な差がないのなら実例を挙げるべきでしょう。それもせずに
脳内妄想に陥るとは、現実逃避の旧国軍の参謀殿以下で思考力停止状態かと
思えますよ。わしは、東北の部隊を実直、忠誠と誉めてもおります。
鈍重でにぶく、余り強うはないと云うただけです。

26 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 05:03:09 ID:VXIM43980
あ〜あ。むべ氏にまでからんじゃうんだ。

むべ氏のコメントのどこを読めば
「武勲をあげた広島師団対する嫉妬感情論は見苦しいと思いますよ」
なんて言葉が出て来るんだろう…

27 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 22:51:30 ID:LQH+/g0D0
奴隷民が

28 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 11:51:00 ID:cGkqgOWY0
奴隷民というと、えたひにんとかスードラとかか。

29 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/09(火) 18:53:27 ID:cqm8uCXo0
つまらない言い合いより、豆知識をちょうだいな。

30 :むべ:2006/05/12(金) 03:10:51 ID:MqtSdqzN0
>>24
どこをどう読んだら広島を愚弄していることになるんだ。
「第2師団は強かったと思っていた」と書いているから
仙台を愚弄していると言われるのはまだわかる。
京都兵団も愚弄した記憶もないが、あったとすれば謝る。
考えが変わったと書いているように
兵団に基本的な強弱の差はないと思うようになったし、
また強弱をつけることはナンセンスだと思う。
貴方がもし、郷土師団に強弱の差があると思うなら
その力の源は奈辺にあるのか?
広島人が日本人の中で特別に屈強であるというデーターもないのに
他の兵団よりも強い理由は何か、是非貴方の考察を聞きたい。
おれはいままで貴方の広島自慢に苦言を呈したことはなかった。
今回の書き込みも仲裁のつもりだったのだが、
あの文章のどこに広島への嫉妬感情を感じたのか理解できない。
武勲をあげたのは事実だろ、
そのことに対して何故おれが嫉妬しなきゃならんのだ?
自分の故郷の兵団を自慢するのはこのスレの主旨だから多いに結構。
だが、前にも書いたように偏狭な地域ナショナリズムに陥るあまり、
他の兵団を貶すようなことを書くのは頂けない。
それでは却って他の反発を招くことにはなりはしないか?
おれは貴方は大人だと思っていたが見方を誤ったようだ。


31 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 11:45:53 ID:uLfG2xuX0
ああいう奴ってチームにはいらないな。
失敗は全て人のせい。俺だけはよくやった。すぐファビョる・・・まるでチ○ン

32 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/12(金) 12:13:57 ID:uLfG2xuX0
>>30さん
俺は仙台人だが別に>>24のレスで仙台を愚弄しているとは感じない。
むしろ205からは嫌なのがひしひし感じられるけどね・・・
俺が思うに205は郷土部隊に極端な力の差はないの一言が気に障った
んだと思われ。広島以外の師団が称賛されるとすぐ否定的なレスする
狭量な人だから



33 :205:2006/05/12(金) 23:00:35 ID:QwHaA1tA0
>>30
32氏の言われる通り、マレー・シンガポール戦が、闘ってもおらんのに、
どこの雑魚師団でも勝てたじゃ言われるのは、広島師団を愚弄するにも
ほどがあると云うことです。京都師団については、前スレ>10に
(おれが言ったんじゃない)と書かれておられるが言い訳になります。
兵団に強弱がないと云う根拠が、広島人が日本人の中で特別屈強であると
いうデータはない。と、測定出来んデータを書かれても意味がありません。
兵団の強弱については、前スレ何度も比較して書いておりますが、
前スレ>433にも、元師団長、聯隊長の方々が広島師団や聯隊将兵の
素質を語っておられます。むろん訓練や前線の戦闘経験豊富さが素質を
開花したことは云うまでもない。他スレにも関連する類例は多く書いており
ます。それを読まずに質問される。まあええでしょう。広島部隊の素質は、
仙台13Dと警備交代の時、13Dの将兵が広島39Dの人員をみて、
「こんな少数で守れる訳がない。」と決め付け馬鹿にしましたが、結果は
仙台13Dより装備も悪く兵員も少ないが、守り抜きました。守れる訳が
ないと云うのは、自分達がそうだった訳で、「必勝の念」にも欠ける。
広島部隊は、宜昌だけでなく、マレー戦もそうですが闘う前から勝つことに
決めてました。勝つことを決めておったので、知恵を絞り、苦闘にも耐える
ことが出来る。負けを意識する郷土兵団は、装備が良くとも、心で負けて
おります。そのような兵団は前線防御で苦闘の戦闘を出来る能力もない。
深刻に考え、悲壮感を持って闘う仙台師団と明るく自信満々の広島師団と
風土性の違いでしょう。仙台師団の兵士は広島師団のそれらの態度には
カリカリ怒っておったそうで。また地域の歴史的要因もありますが、
またの機会にしておきます。
他の反発を招くことにと、わしに対して思いやりを持って下さったこと
には「有難う」と感謝します。しかし、それは違うと考えれば、反発
しますよ。大人の態度が無かろうと狭量とされようと。

34 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 00:12:29 ID:ofZfK0As0
何言っても無駄っていうことがむべ氏にもよくおわかりいただけたかと。
今までよくぞ辛抱なさいましたな。
ここぐらいしか居場所のないかわいそうなお方は
好きに自慢させてあげましょう。

35 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 00:57:06 ID:Dstszmoh0
広島師団愚弄するわけではないけど、別に他と比べて特に突出した師団
だったとは思わないな。なんか他が足引っ張ったみたいな言い方してるが
仮に全てが広島人気質でも戦争は負けてたぞ。所詮国力が違いすぎる

それと205氏はよく仙台を引き合いにだすが、もし広島が最初に戦っていたら
持ちこたえきれず他の師団に助けられていた可能性もあるんじゃないかな 


36 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:14:29 ID:K9zMJUvy0
205氏は師団以外見えて無いから仕方ない。軍隊の統合運用、これは当たり前だよ。
別の捉え方での広島師団は最後においしい所だけを持っていったとも取れなくも無いですから。

前スレでも指摘されてたけど205氏は東日本蔑視主義者です。
他板でも有名、民族学板にも出没して感情先行、その非論理性を指摘されてます。
とくかく東日本に関する事を否定的に語る傾向にあります。
他地域を貶めて自分の地域の持ち上げる姿は醜悪と言わざるを得ません。
この板にあるので仕方ない面もありますがね。

37 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:19:20 ID:K9zMJUvy0
それと205氏は過大宣伝をしている可能性が高い郷土資料を参照にしている形跡が沢山あります。
これも相当問題なのではないでしょうか?




38 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 01:42:20 ID:ofZfK0As0
前スレ>>680でこんな文章引用してる人がいたね

「自分の考えが一番正しいと思い込んで成長し、
他人の言葉に耳を藉さない偏見が身についているから始末が悪い。」

39 :205:2006/05/13(土) 01:53:47 ID:Gbq01Rbc0
>>35
また推測でものを言う。長沙作戦で仙台13Dが宜昌付近を守って
おった時、広島39Dは沙市付近を守っており、蒋軍最精鋭の栄誉第1師
が広島231聯隊第11中隊を襲ったが撃退し、兵力の余力がないのに、
宜昌の仙台13Dを救援したことは前スレにも書いておる。
宜昌で守備を交代し、仙台13Dの高田第58聯隊が中国軍に敗れた
中島陣地を3分の1の兵力で広島231聯隊が守り抜いたことも書いた。
かつ郝北作戦のおり、仙台13Dに連絡隊として行った広島231聯隊の
二十名が敵軍の多い帰途を突破すると言うと新潟出身の兵士達が驚異の
眼で見ていた。という、仙台師団は少人数で行動する習慣がなかったのか。
郷土兵団によって性格が異なるのか。仙台師団の方が集団密着体質が強い
故に、宜昌でも敵影を確認せず夜通し乱射という失態をしたんか。

40 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 02:34:59 ID:Dstszmoh0
あんたは余計な一言が多い。普通に説明してくれるだけでいいのに
最後に失態したとか鈍重でにぶいだとか・・・
広島師団だって失態や負け戦あるだろ?アラさがししたらキリないからな

 


41 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:42:36 ID:gdjC4vo00
>>33
>仙台13Dと警備交代の時、13Dの将兵が広島39Dの人員をみて、
「こんな少数で守れる訳がない。」と決め付け馬鹿にしましたが

なぜ馬鹿にしなきゃいけないのか不明、心配して言ったのでは??
205が勝手に解釈してる可能性が大

>深刻に考え、悲壮感を持って闘う仙台師団と明るく自信満々の広島師団と
風土性の違いでしょう。仙台師団の兵士は広島師団のそれらの態度には
カリカリ怒っておったそうで

これ勝手な推測に基づく憶測ですか?もし資料があるなら明記すべきですね。


>>39
長々と書いてくれたところ申し訳ない。
それは代打の押し出しフォアボールで一点取ったようなものとも解釈も可能です。
別に広島が強かった証明にはなりません。

42 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 09:56:42 ID:C+qrgF9R0
例えば全国組織の企業があったとして、九州支店の売上げが悪いから
九州人の能力が低いと言ってるようなものだね。
むべ氏の言うとおり、全国組織の大日本帝国陸軍に大差があるほどの能力、地域性があったとは思えない。
みな似たような規則、規範どおりに訓練・行動しているのだからね。
それと師団を運営するほどの偉くなる将兵なんて地域を飛び越えて顔見知りだったりするものです。

当然>>33>>39なんて大雑把過ぎる典型レスです
将兵や兵隊が仙台出身とは限らない。
それなのに地域の歴史性や風土性に還元して判断するのはいかがなものか?
そろそろ参考にした資料を明記すべきでしょうな。


43 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 12:20:44 ID:ALJ5t7Jb0
>また推測でものを言う。
白馬青牛こと205氏

44 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 14:00:45 ID:uJVG4VN90
まぁ広島5Dも北部仏印進駐の際に不法越境かまして妥結しかけた交渉を
白紙に戻す不手際やらかしてるから、そんな大きな事は言えないというか。

45 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/13(土) 16:55:48 ID:Dstszmoh0
www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/minaosu23.htm

根本的なとこが駄目だなと思った。

46 :205:2006/05/14(日) 00:36:48 ID:ZY8Hr/830
>>41
広島39Dが、仙台13Dと宜昌警備交代のエピソードは、各中隊記で
様々あり、他スレにも書いとるが、今回は悟旅団の記から、
『「これだけで守るつもりか」「兵隊を増やして貰えョ」親切、同情、
燐憫と、少しばかりの軽蔑の混じった言葉が返って来た。
中には、「この人数ではどうにもならんが、今日は敵は来ない
(協同警備で分哨員が増えていることを敵が察知して)だろう」と、
投げやりな言葉を吐くと、装具をとり、真っ昼間から寝て(中略)
敵情を知らない無知蒙昧の徒に見えたのであろうか。「馬鹿にされた
ヨーでやれナンダ」、「ホイデモ居らん者はショーガナイヨノー」
我が聯隊の勇士達は、昭和十四年の冬期作戦において、交戦した中国軍は
言うに及ばず、我が陸軍の中枢に至るまで、勇名を轟かせた、まるさ部隊
(広島第231聯隊)の精鋭であるという自負心を常に持っていた。だが、
それを鼻にかけて宜昌警備を甘く見た訳ではない。』
広島39Dの小兵力を心配し同情してくださった仙台13D兵士も
おられたことも他スレに書いとる。

47 :205:2006/05/14(日) 01:16:37 ID:ZY8Hr/830
>>36
おいしい所だけ持っていったのは、無血入城の仙台13Dのほうじゃ。
広島師団は常に前線で死闘しとる。調べて書け。
民族板?民俗神話板の蝦夷スレじゃろ。このスレと同じくわしに対する
罵倒が論理的なんか?あんたは、関東蛙君ではなかった。ストーカー氏か?
>>42
将兵が仙台出身とは限らない?仙台師団は、宮城・福島・新潟県の
郷土部隊じゃ。訓練が同一というのも曖昧なのう。地域により
演習場も違い、前線で闘う部隊であれば、より厳しくもなる。
売り上げ、能率?血みどろの戦闘と一緒に出来る訳あるまい。守銭奴か?
>>44
確かに、仏印軍の挑発もあったが、広島5Dの夜演習も仏印軍に対する
誘導作戦、挑発行為であったろう。不手際であったといえば否定は
出来んよ。

48 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 01:35:39 ID:sTnVBl0K0
偉そうに…何様のつもりなんだよ。

>他スレにも書いとる

どこかもわからないスレをわざわざ探し出して読めと?
むべさんにも

>それを読まずに質問される。まあええでしょう。

だもんな。いろんなとこに書き散らしてしかも長いレスを全部読めるほど
みんな気が長くないとおもうが。
自分の意見として主張したいなら誘導ぐらいしとけ。


49 :205:2006/05/14(日) 02:11:49 ID:ZY8Hr/830
>>48
偉そうに云うとるんは、おどれらじゃろう。
わしに対し要求・罵倒しか出来んじゃないか。
自分で調べ、考察することをせず、長文を読む能力もないじゃあ、
おどれの低脳さまでわしのせいにする。
みんな気が長くないじゃの、他人をあてにしあがる根性が気にいらんよ。
わりゃは、自分一人で闘うことの出来ん弱虫か?他人をあてにしとる
時点で勝負事は負けじゃ。ワレも日本人ならしゃんとせい。
風の悪い(恥ずかしい)事よのう。

50 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 02:12:51 ID:54VM0m8o0
205(笑)

51 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 11:57:14 ID:LGtJshbP0
>>46
であんたの脳内や何処ぞの戦記では仙台部隊はマヌケな役なんですね〜。
まるで広島部隊を持ち上げる為のほんと都合のいい役者、うんうんよく出来てます。
まるで将兵以下、統一した人格であるかのようにね。

>>47
新潟や福島なんか仙台と随分離れてる場所も多いじゃないかw
それを一派一からげにして一体何論じようとしてるでしょうかね。
新潟や福島出身の人もいるのに郷土部隊だから仙台の歴史性が絡むとはいかに?
大日本帝国陸軍が全国組織であると>>42で出した例の意味わかってるのでしょうかねえ。
軍隊は中央からの通達に基づき、全国的に同じような事をやってのける官僚組織です。
全線では当然チームプレイが必要です。


52 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 12:45:07 ID:sTnVBl0K0
>>52
日本語通じないのかな?
あんたが人の意見に対して「他スレに書いとる」
とか言い訳がましいこと言うからだろうが。
あんたがどこに何を書いてどんな事言ってるか全部調べてから
もの言えってか?馬鹿じゃねえの?

あ、もしかして誘導の仕方知らないのかな?牛だもんな。
反芻でもしとけ。

53 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 12:53:18 ID:sTnVBl0K0
間違えた。
×→>>52
◎→>>49
俺まで馬鹿になってきた…

54 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 14:48:04 ID:gbLT11WJ0
前スレ見直してきたよ。

前スレ>>283
>矢張りいかに善戦しようと、玉砕、敗北は広島県人にとっては
不名誉なことなので、郷土資料では余り多くは語られていない。

自分らに都合の悪いことは書いてない資料をもとにして
てめえは語っておいて人には実例を出せ出せとはな。

広島師団の英霊もこんな牛に自分らを語られるのは不本意だろうな。

55 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 15:21:12 ID:Ku5ma5Hi0
ま、確かにアラを探せばキリがないわな〜。
その点205は広島可愛さにやってはいけないレスを繰返してしまった訳で。
これ、多少戦史に詳しいのを良い事に悪用したようなものじゃないか?
しかも事実の「認識」が偏っている郷土戦史資料参考のようだし。
仙台側の当時の資料探してこようかな。
ところでどうして仙台を敵視するんでしょうかこの人・・。
やはり仙台の評判が気に入らず無名ながら活躍した広島が語られてないからなんでしょうかねえ。


56 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 15:33:45 ID:Ku5ma5Hi0
>>47
あの〜、足し算できます?
例えば仙台が敵を痛めつけて5を2にしたものの力足りず撤退
残りの2を交代の広島が片付けましたと。
これで仙台が出来なかった事を広島がやったといえますか?
集団同士で闘う時に大抵発生するこの単純な条件がわかりますか?




57 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 20:08:36 ID:gbLT11WJ0
>>56
無理無理。牛にわかるわけないじゃん。

広島以外を褒める
    ↓
最高の武勲を持つ広島師団をさしおいて
    ↓
広島を師団を馬鹿にしとんのかオドレは

って言う発想しかできない馬鹿だから。
それより
ttp://members.at.infoseek.co.jp/ijan/shiryou-rentaika1.htm
に連隊歌が載ってる。各部隊の誇りが見えて興味深い。

58 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 20:32:34 ID:gbLT11WJ0
topから貼るべきだったか。

 「大日本帝國陸海軍資料館」
ttp://moijan0.hp.infoseek.co.jp/index.htm
の「参考資料展示館」の中。

59 :むべ:2006/05/14(日) 23:22:14 ID:tATL+ee20
まだやっているのか。
205氏はこのスレを長寿に育て上げた立役者なんだから少しは優しくしてやれよ。
205氏にも言いたいけど広島兵団は確かに強かっただろう。
だけど、貴方のような人が兵団にいたら兵団の兵力は落ちるよ。
部隊というのは個々人の力の結合体だ。
兵は上下横を信頼しつつ闘う。
兵の一人が己一人の武勲を誇示し、
他の兵をバカにするようなことがあったら、
信頼が崩れて兵は各個に撃破されてしまう。
自分の武勲を誇りつつも他もまた尊敬し尊重する。
それができてこそ部隊は一つの生命体のように力を発揮するものだと思うのだが
どうだろう?

60 :205:2006/05/14(日) 23:47:05 ID:nXsWRrTP0
>>51
仙台師団が東北〜越後の兵員で構成されとる事も知らんのか?
日本帝国陸軍が、全国組織で大差なく、チームプレイ?何じゃそりゃあ。
上層指揮官や参謀の功名心や前線将兵の郷土の誇りもかかっておる戦闘
じゃ。功名争いが主体であることは、前スレで第二次長沙作戦の失敗や
忻口鎮での辻政信氏と部隊長の確執等様々な例を挙げとる。上層部は、
いかに他兵団の味方よりも早く功名を挙げ、出世に繋がるることが目的で
あったろう。仲良しクラブの同好会じゃないよ。
>>54
揚げ足取りか。じゃが、わしの拙文で我が郷土に、ご迷惑をかけたことは
反省します。郷土資料では、犯罪行為や現地民に迷惑をかけた事等出て
おり、不都合な部分にも言及し、中共軍や国府軍の見解も書いてあり、
幅広い視野から考察する郷土資料は、隠蔽体質に陥っておらんのが
解ります。再編成した福山聯隊の生存者の証言が少ないことも、考慮せず
安易に発言し、軽率過ぎました。戦闘経験者が云われるいかに善戦しようと
玉砕、敗北は不名誉であることに違いない。とが私の拙文と混じりあって
誤解される原因となりました。
広島の郷土資料は、都合の悪いことを書いとらん隠蔽の資料ではない。
戦闘の成功例でも反省すべき点も述べてある。

61 :むべ:2006/05/14(日) 23:54:44 ID:tATL+ee20
おまけ。

シンガポールが落ちたのは5Dだけの手柄じゃないだろう。
25AにはGD(近衛)と18D(久留米)もいたんだしね。
5Dは確かにマレー戦の初期には先陣を切って
ドリルの切先のような役目を果たしたけど
途中で息切れして18Dと交代。
そして、最後の仕上げはGD。
ちょうどリレーのようなもんだ。
また守備側の英軍はダンケルク以後、
本国のケツに火が付きかかっているのに
ここはお国の何百里のシンガポールで戦わざる得なくなり
士気が下がっていたいたようだ。
司令部も山側から敵が来るのは想定外で
沿岸砲台はみな海側に銃口を向けていたというしね。
このように武勲なんて作戦の時期や敵の士気、敵の失点などに左右される。
それを利用して勝つのが強い部隊といえるのだが、
敵の作戦や士気、装備が味方を上回って
例えば、ガダルの2Dのように負けたとしてもそれは武運がなかっただけだ。
ガダルの2Dは不利な戦で3個連隊の連隊長全員と兵団長を失いながら
敵の十字砲火をかいくぐってアンダーソン飛行場まで突入したというし、
米軍の師団長は「敵にあってお前らにないのはガッツだけだ」と
叱咤激励したそうだ。
かように必死に闘った兵は勝ち戦でも負け戦でも同じく尊い。

62 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/14(日) 23:58:03 ID:NJOFSdtE0
個人的には比較的大きな都市にあった部隊に部隊色はあっても郷土色があるのか非常に疑問ですな。
少なくとも県が違う連中が集まれば郷土色なんぞない。
このような場所にあった軍隊は当然様々な出身の人間の集合体だと思う。
だから郷土性に還元したり地域の歴史・伝統が絡むとか言われても全くピンとこない。
これにさらに個々の特色・性格・能力が加わる近代的なミニコミュニティだと思う。
ちょっとした集落・村なんかより大きな数の人間が生活もする訳ですし。






63 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 00:32:03 ID:kr8MO1IV0
それぞれの部隊の特色はあるだろうけど、人間なんて人それぞれ。
東北の人間が皆素直だと思ってんのか205はww
広島の人間が戦闘に向いてるみたいな書き方してるが、まともな人もいれば
205みたいなのもいる。戦場じゃ周囲の輪を乱して疎んじられるタイプだな。
それも自分は悪くないと思っている一番タチ悪いタイプ


64 :205:2006/05/15(月) 00:42:44 ID:cJU8erBU0
>>54
続き、玉砕を美化するのは日本的思考であり、西欧では、勝算なしと
判断すれば、次の戦闘の為兵力を温存し、損害率が上がらないように、
困難な戦場からの離脱を考えるであろう。日本人は散り際の潔さ、兵士の
健闘を尊び、失敗例として考慮する思考に欠ける。逆に西欧諸国では、
負けは負けとして、どの戦闘が失敗を招いたのかと考え、反省点から
克服しようと考えるのは、西欧の合理主義と日本の情緒主義の違いも
あろう。成功例の宜昌における広島部隊の戦闘が広く認知されんのも
その一例であろう。
>>56
例えば、では話にならんよ。残りの2を交代の広島が片付けました?
敵3〜4個Dの反攻により仙台13Dの陥落寸前の危機になった時
のことか?広島39Dが交代した宜昌守備のことか?曖昧過ぎるよ。

65 :むべ:2006/05/15(月) 00:57:30 ID:WI7wNMz/0
捕虜は生き永らえば、
敵の糧食を食い、
兵の一部は収容所の警備に回さなければならない。
いわば敵にとって足でまといの存在で
それだけで価値があるのに
「生きて虜囚の辱めを受けず」という先陣訓は逆に敵を助けている。
参謀だってちょっと考えればわかることなのに。


66 :205:2006/05/15(月) 01:12:20 ID:QkRZ+9qJ0
>>57
最初のわしに対する罵倒は別として、連隊歌は、郷土部隊の性格特色が
出ておるので面白い。新発田聯隊歌の「純朴の気風」、弘前聯隊の「素朴」
、あるいは鹿児島聯隊の、「散るも桜のいさぎよし」、と犠牲をかえりみず
猛攻する性格か。我が郷土広島(廣島)聯隊は、3に「日清日露の戦役に
たてし勲は数知れず」、と武勲が述べてあるが、重要なのは、2の、
「いただき護る強者(つはもの)は必勝の念いや高く」であり、
わしが再三述べておるよう、広島人の勝気を示しておる。
http://members.at.infoseek.co.jp/ijan/shiryou-rentaika3.htm
「必勝の念」で、闘う前から勝っておる。

67 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 01:29:46 ID:kr8MO1IV0
広島以外の郷土資料で実は強かった師団見つかんないかな〜



たくさん出てくるかも。郷土資料だから・・・

68 :205:2006/05/15(月) 01:37:01 ID:TT8zxNm90
>>61
広島5Dは、マレー〜シンガポール攻略まで、常に最前線で、
途中で息切れして第二線に交代となったことは、ありません。
最後も仕上げは、左翼近衛GDも違います。英軍の降伏は、激戦中の
広島5D第21旅団の浜田、山口の部隊にもたれされております。
誤認も甚だしい。英軍の士気も低いものではありません。
彼らは倒されても必死で向かってきました。
推測で物を言われるのは如何なものか。何とか広島師団を愚弄しようと
する意図があると思える。

69 :205:2006/05/15(月) 02:16:44 ID:TT8zxNm90
マレー・シンガポール作戦は、
http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/sensi-mare3.html
にも、あくまで大雑把な概要ですが、出ております。

戦闘の主導権争いには、速度・奇襲・規模が重要視されるが、、
戦術として云えば、速度において広島第5師団が常に接近し、
マレー半島での英軍は間合いをとって退くことが出来なかったことが
敗因の要素の一つであろう。


70 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 10:26:40 ID:SMD+F0M90
まぁ落ち着きんさいや。
認識で異なる所があるんなら指摘してソースを重ねればええだけの事やし。
殊更に感情を押し出さん方が、互いの為にええと思うよ。

71 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/15(月) 14:20:54 ID:kr8MO1IV0
広島師団凄いのわかったからそろそろ他師団の話も聞きたい。
もともと郷土の英雄達を語るスレだし。

それと205がまた懲りずに、妙なチャチャ入れしないように願う。



72 :むべ:2006/05/16(火) 00:23:19 ID:75kfRWph0
マレー戦のような進撃戦の場合、
先頭の部隊は兵の損耗が激しく、同時に疲れも蓄積される。
そのため先頭の部隊が逐次入れ替わっていくのはセオリーだろ。
古来から謙信流の車懸りなんてのもある。
広島師団を貶める意図なんか毛頭ないよ。
マレー戦ではジットラインを突破するのに
6千の人員、戦車90両、野砲60門、重機関銃100挺で守る
英11Dをわずか900名で突破した広島の佐伯挺身隊の活躍は
特筆されるべき武功だ。
ただ、冷静になって考えて欲しいのは
おれが貶める意図がなくて書いたことに憤る自分自身を振り返って、
ここで貴方を責める人たちも同じく
自分の郷土部隊を奴隷と貶されれば
広島何するものぞという形になるのは当然だと思わないか?





73 :205:2006/05/16(火) 02:52:33 ID:B50wGpoZ0
>>72
先頭の部隊は、入れ替わっておらず、広島5Dがケマスの堅陣を抜いた
とき、西海岸の近衛GDはバクリで悪戦苦戦中でした。広島5Dも浜田
第21聯隊が上海におり、参戦したのは、ジョホール州からで、近衛や
久留米兵団に援軍を送る余裕もない。広島5Dの突進が司令部が
予測するより、遥かに早いので、前線交代する余裕もなかった。
ジットラ突破は、前スレにも書きましたが、佐伯挺身隊というより、
福山第41聯隊の貢献が大きい。マレー作戦では、広島第11聯隊が
感状を貰いましたが、緒戦の福山聯隊の武勲も後の戦闘に多大な貢献を
もたらした。
また、途中寝てしもうた。つまり奴隷というのは、戦国時代に他国から
蹂躙され、拉致、奴隷として、売り飛ばされた歴史のことです。
わしゃは、罵倒する相手によう使うとりますが、隷属縦社会制度の影響が
強い地域を貶めとるというより、地域郷土兵団の将兵の性格にも影響が
あると考えておるからです。

74 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 09:41:04 ID:87IOGlbd0
>つまり奴隷というのは、戦国時代に他国から
蹂躙され、拉致、奴隷として、売り飛ばされた歴史のことです。

>隷属縦社会制度の影響が
強い地域を貶めとるというより、

もしかして関東や東北のことだといいたいんか?


75 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 11:54:48 ID:S4mcOvu/0
ちゅうても、戦国から江戸にかけては他国人の支配を受けなかった国の方が少ないやん。

大藩じゃ薩摩島津と肥前鍋島ぐらいやない?鍋島は下克上やけどw

76 :205:2006/05/16(火) 23:40:44 ID:JY36cJWv0
>>74
そういうこと。隷属縦社会制度の影響は、むべさんが大好きな
司馬遼太郎氏も書いておられる。司馬氏は権力に屈し、後方から
受ける恐怖が強兵になるとされるが、わしは、それが弱点となる面がある
と云うとる。
>>75
戦国時代の戦闘によって他国から蹂躙され、売り飛ばされたことで、
国替えのことではない。

77 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 01:48:21 ID:DfmUQA+10
>>76
憶測に過ぎんと思うが。
あとじいさんが言ってたがどの師団が強くてどの師団が弱いとかないだと。
んで、師団によって武勲の数とか違うんでしょって聞いたら相手にもよるし、
作戦の良し悪しや運など、様々な要因でたまたまそうなっただけじゃないか
だとさww 
考えてみれば>>24でサイパンで最新の武器を豊富にそろえた名古屋師団が
結局玉砕したのは名古屋人が弱かったのではなくそれ以上に米軍が強力だった
からだとあるが、この時の名古屋師団は広島師団より戦闘力上だったかもしれない。

当然、憶測でしかないし郷土資料も戦争記も読んでないすけどね。





78 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/17(水) 21:10:13 ID:TG9/mPpE0
>>57
その通りだな。流れを見ててわかったw

79 :62:2006/05/17(水) 21:22:59 ID:TG9/mPpE0
>罵倒する相手によう使うとりますが、隷属縦社会制度の影響が
強い地域を貶めとるというより、地域郷土兵団の将兵の性格にも影響が
あると考えておるからです。

おい、んなもん出てない出てない。
全国組織の近代的実務人である軍隊でそれはまず「ない」w 
だた単に勇猛果敢に戦ったという証言ばかり載ってる都合の良い郷土資料を
読みふけって興奮してる輩だわこいつ。
ありえない事を平気で妄信している205は軍隊の性質を知らんよ。
ちなみに「郷土」なる概念が本当に成り立つ単位は地元出身が8割以上、人数は中隊以上〜連隊未満だね。
これ以上になるとまず無理


80 :205:2006/05/17(水) 23:28:06 ID:k7I9Zz6w0
>>77
憶測で云うてもしょうがない。おじいさんのせいにしたり、むべさんが
書いた文章を後ろ盾にして、後で言い訳出来るような姑息な手段を
採るなや。戦闘力が上じゃったんなら、どういう面で上じゃったか
云えいや。最初から広島師団の武勲が気にいらんのじゃろ。
人のせいにすなや。最後にwを付けるんは馬鹿が多いもんじゃのう。
>>79
出てないじゃ、まずないじゃ、抽象的表現で具体的なことはよう云わん。
>勇猛果敢に戦った証言ばかり載ってる都合の良い資料と、読んでも
おらんのにどうして決め付けられるんか?如何に自分は先入観と偏見で
事物を解釈する人間じゃと、自慢したいんかのう。
郷土兵団の地元出身が8割以上でなかったという根拠は如何に。
中隊以上連隊未満と空虚な妄想文を書くのは知能に問題ありと云えよう。

81 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/18(木) 01:31:46 ID:tp3Cz56n0
>>80
おじいさんのせいにって・・・本当にそう言ってたので。
どういう面で→最新の武器を豊富にそろえたってとこですかね。
まあ憶測ですけど。例え広島師団が日本一の活躍したからとて常に
広島>>>>その他とは思えないですがね。

>最初から広島師団の武勲が気にいらんのじゃろ。
武勲だの活躍だのにこだわってるのは貴方だけ

>最後にwを付けるんは馬鹿が多いもんじゃのう。
たしかに頭はよくないさ。しかし俺にはレス内容によって標準語と広島弁(?)を
使い分ける貴方も馬鹿にみえる。

それと205氏
本の読み過ぎが原因だと思うが、戦場を体験してないのに全て知った風な口は
いかがなものか





82 :むべ:2006/05/19(金) 01:56:02 ID:LybZ4Ksu0
サイパンは絶対国防圏のかなめだった。
サイパンが落ちれば日本全土がB-29の飛行圏内に入る。
大本営はサイパン死守のためにかなり早い段階から
弾薬、物資、コンクリなどの資材を集積させていた。
東条はサイパンは絶対に落ちないと豪語していた。
だが、大本営の机上の計画とは裏腹に
陣地の構築や邦人の疎開などが遅れ気味で
肝心のサイパン防衛の名古屋43師団を基幹とする東海支隊の着任は
サイパン戦のわずか一ヶ月前。
43師団も一年前に編成が完了したばかりで錬度に不安があった。
それでも着任すると急ピッチで海岸陣地の構築を始め、
なんとかサイパン戦には間に合うことができた。
陣地の完成、豊富な弾薬、新兵器等を見た民間人は
疎開で危険な海を行くより
島に残った方が安全と考え疎開を中止したほどだった。
だが、結果は周知の通り。
海岸の鉄筋コンクリート製の陣地はあっさり抜かれ
43師団は全滅。民間人も軍と運命を共にした。
サイパン防衛に絶対の自信を持っていた東条内閣は倒れ、
日本はB-29の空襲に曝されることになる。
因みに多くの師団は損耗率70%以上の
戦術上、全滅とされる損害を受けても
再編成されて終戦まで残ったが、
43師団は再建されずに欠番となってしまった。
参考までに43師団隷下の連隊は118(静岡)135(名古屋)136(岐阜)だ。

83 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 09:17:16 ID:hfxUFePR0
まぁ仮に武勲を基準とするならば、
日露戦時の最強師団は第1軍第2師団になる訳だろうか云々

84 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 19:54:36 ID:tTpGYtQ30
仙台師団は強かったよね。日中戦争や太平洋戦争でも大事な戦いを任されたし。
個人的に押したいのは北海道・東北出身者で構成された千島を守っていた部隊
終戦後も防衛戦を闘うなんて立派だね。

85 :205:2006/05/19(金) 21:54:05 ID:3K8ldymD0
>>81
裏付けせにゃあいけんのに、本の読みすぎもあるまいで。戦争を
体験しとらんし、戦闘体験者が個人的に語られた話では、客観的と
言い切れんので、戦記や兵士の手記から引用するんじゃ。
全て知った風な口は、憶測でものを云うわしを罵倒する連中じゃろう。
>>83
日露戦争で、第1軍は、敵兵より倍以上の兵力で追撃しとった訳じゃし、
敵兵と正面で激闘した第2,3,4軍に較べ、誰かさんが言うたように、
美味しい所だけ貰うた訳じゃ。仙台第2師団の自慢する(他に武勲に
乏しいのか)弓張嶺の夜襲にしても、日下公人氏が、第2師団の兵隊の
談話として、『「そんなに勇ましいものではありません。悲惨な悲惨な
戦闘です。」隠密接近の為とか色々理由を言うが、本当は弾が無かった
からだ。ついに、たまりかねて撃ち返したら、これがうまくいった。
それでロシア兵が逃げて頂上を奪取するが、命令違反なのだ。だけど、
やはり撃てば効果があったという、そんな話がある。』と冬季や宜昌の
時の敵兵を確認せず乱射と仙台師団は変わりないようじゃ。

86 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 22:00:43 ID:/e9Rf/380
>>85
ソースも無しに揚げ足取りレスしないこと。
そういえば君はまともにソースを出したことがないね。

87 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 22:10:56 ID:/e9Rf/380
205はねえ、関西周辺優勢史感の民俗学と戦史を幼稚に関連ずけようとしてるね。


88 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 22:20:45 ID:KEHWh/K00
おーい>>205、ちょっとばかり戦史に詳しいからって
悪用は良くないぞ〜。
揚げ足を取ろうと思えばいくらでもとれるぞ。何処のでも

89 :205:2006/05/19(金) 22:37:37 ID:QPAcK3Ug0
日露戦争の武勲で、追撃で正面で苦闘した経験の少ない仙台第2師団や、
黒溝台攻略を自慢する弘前第8師団も、広島第5師団の救援、夜襲の
協力による武勲あってのもんで、単独の武勲じゃない。第5師団あっての
第8師団じゃ。日露戦争でも東北兵に高い評価は出来んよ。
それに較べ、東北と風土条件の近い北陸の金沢第9師団は、旅順でも
激闘しておる。前スレの>587に松川少将の兵団評価を誰か書かれて
おられたが、(おそらく谷寿夫『日露戦争機密史』に出とったけえ、
じゃと思う。)第9師団は、遅緩と評価されておるが、北陸兵は、確かに
器用さに欠けるが、雪国の風土的条件、真宗王国としての宗教的条件等
あり、四国兵(第11師団)や関東兵(第1師団)が饒舌で威勢だけよく、
成果に乏しいのと較べ、北国武士は寡黙で、じっくりと攻め着実に効果を
挙げ、(ここで、四国や関東兵も必死で激闘しておりますよ。と言えば、)
北陸人から言うと、四国や関東の弱兵と一緒にすなと言うことになろう。
これは「日本史板」旅順スレでも書いたか。つまり郷土の誇りは、
他地域の兵と比較して成り立つ訳で、他地域郷土を貶めることでは無いよ。

90 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 22:40:24 ID:+ML9rlxi0
>>85
悲惨じゃったかもしれんが、それは尚武勇を高めるんやないかと思うんじゃが。
銃弾が足りんかったゆう話は初耳やけど、仮令あったにせよそれは陸軍省の責やろ。
あと松永旅団は暗夜無声突撃を敢行しちょるけぇ、宜昌の乱射と比するのはどうかのう。

それに遼陽会戦だけ見ても、第一軍の第二・十二師団だけで4倍半のロシア軍を押し返して
饅頭山を占領しちょるけえ、常に敵が寡兵やったっちゅう訳やないよ。

それと弓張嶺の夜襲は、一個師団という規模に於いて世界記録やけえ、
じょうに自慢するのも仕方なかろうにw

まぁどっこもよう頑張ったっちゅうこっちゃ

91 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 22:57:39 ID:kbfPT7970
今は亡き友人の祖父が弟2師団の兵士で、どこだかの島で戦ったんだって。
その人は戦場で片目失ってしまったんだけど、戦争の事は話してくれなかった
らしい。友人の親が若い時に激しく責め立てたことがあったらしく(日本が侵略
戦争始めたと思っていた)この人殺し、悪魔だの言ってもただ黙っていたらしい。
でも一度家族の前で戦場での体験を泣きながら語ったと。亡くなる少し前に。



うちの祖父も弟2師団の野砲隊で戦争の事は何も語らないまま亡くなってしまったが
やっぱ人殺したのかな・・・考えてみると鬱だ


92 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 23:07:06 ID:KEHWh/K00
>>89
みんなに説教された内容を取り込んで何を今更・・。

93 :205:2006/05/19(金) 23:11:13 ID:QPAcK3Ug0
>>86
ソース、ソースと毎日お好み焼きは喰えんよ。日下氏のそれは、
『組織の興亡』日本陸軍の教訓、日下公人、三野正洋。ワック出版部の
P182、183から引用した。わしを個人罵倒するもんこそ、
揚げ足を取り、根拠を示さず憶測で物を言うとるんじゃがのう。
>>90
下手げな広島弁じゃわい。恐怖心から発砲した宜昌の乱射と共通性を
言うたんじゃ。緒戦の敵兵より兵力が優った鴨緑江のことを言うとる。
結果論として師団単位の夜襲世界記録となったと言うことじゃ。
世界記録と云うと、広島5Dのマレー戦での行軍速度や熊本37Dの
長途行軍距離記録じゃろう。仙台師団が、自慢するのも後の無血入城や
前線の戦闘で余り成果が無かった劣等感の裏返しとされるんか?

94 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 23:18:17 ID:vAvLJfgU0
>四国兵(第11師団)や関東兵(第1師団)が饒舌で威勢だけよく、
成果に乏しい

どうしてこうも一まとめに傾向を語りたがるのかね。
県民性ワールドじゃあるまいし。

>北陸人から言うと、四国や関東の弱兵と一緒にすなと言うことになろう。

当時の連中はそんな事普通は言わないし思ってないと思うよ

>つまり郷土の誇りは、
他地域の兵と比較して成り立つ訳で、他地域郷土を貶めることでは無いよ。

君の場合、完全に貶めてる。
そろそろいい加減にして欲しいもんだな。

95 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/19(金) 23:24:57 ID:kbfPT7970
日露戦争の事が詳しく書かれてある。多分信頼性高いと思う(でなかったらm(__)m)
仙台師団205氏の解釈とは違う風に書かれてますね。


ttp://www1.odn.ne.jp/~aaa23320/nitiro/nitiro_vol7.html



96 :205:2006/05/19(金) 23:40:53 ID:QPAcK3Ug0
>>92
みんなに説教された?誰になら?
>>94
佐藤金次郎氏の引用であるが、日露戦争の老将軍の言として、北陸兵を
評価したもんじゃ。当時の連中はそんな事言わないという根拠はあるんか
のう?軍都であり、諸国兵士が広島の宇品港から外征に向うたが、
出征兵士を見て郷土兵団の強弱の評価はあったよ。君の場合、
完全に貶めている?具体的な論拠は無く、最初から貶めていると
前提条件を勝手に付け、個人罵倒をする。毎度のことじゃのう。楽しいか?

97 :205:2006/05/19(金) 23:54:03 ID:3lIrXo2+0
>>95
漫画本の如きを信頼性が高いと根拠とするんは、精神年齢を疑うわいや。
幼稚園児じゃあるまいし、漫画を読む年齢か?しかも嫌韓サイトか?
つまらん。こがいなサイトを挙げるだけで日本人の恥となろう。



98 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 00:42:25 ID:azq3CB9q0
>>97
では書かれている内容について聞きたい。内容についての反論は?
漫画形式で書かれているのは若い人にも読みやすくていいかなと思うよ
個人的には。あなたは物事を1つの視点でしか捉えられないから、すぐ
なんでも決め付けてしまうんだと思う。じゃあいわせてもらうが郷土資料
が正しくて漫画で書かれた資料が正しくないて証拠でもあるの?



99 :90:2006/05/20(土) 01:22:28 ID:xFQ+yujW0
>>205
そりゃぁ広島出身やないんやけぇ当然やわ。
隣やがなw

長行軍誇るんなら誇りゃあええやないか。
ただ、近衛師団はその戦力を不安視されちょったにも関わらんと
マレー作戦では山下将軍に感状を頂くほどの活躍をしちょるし、
漢口作戦で失態を演じた東京第百六師団、熊本第百一師団も
南昌作戦を予定日数の半分で完遂して名誉回復を果たしちょる。

それに高知第百四十四師団は福山第四十一連隊と共に艱難辛苦を極めた
ポートモレスビー攻略戦に従事し、エホギ戦では小隊47名中46名戦死と引き換えに
豪州大隊四百五十名を討った第百四十四連隊井上小隊の如き勇戦敢闘もしちょるやろ。

逆に広島5Dのマレーでの行軍速度も、橋梁修理250回、特にトロラックからスリム突破戦に先だっての
カンパル・スンカイ河では大阪独立工兵第十五連隊の不眠不休の努力に大いに支えられたやろ。

殊更地域を論って優劣をつける必要はないと思うんやけど。

100 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 01:36:11 ID:JnpYJIMU0
広島牛は
「指揮官と兵」、「作戦と個人の武勇」、「戦略と戦術」、「戦争と戦闘」
の違いが全く理解できてないっていうか理解しようとしないからね。
昭和の陸軍あたりにいたらさぞかし出世したんじゃない?

陸大卒の参謀で勘違いした人にありがちだった
 1.思いつきにたよる「着眼戦術」
 2.長期的展望の裏づけを欠いた「決心」
 3.独善的な詭弁につらぬかれた「意志強固」

3条件ともばっちり。

101 :205:2006/05/20(土) 01:57:28 ID:rotnc1ir0
>>98
物事を1つの視点でしか捉えられんのは、あんたじゃろう。
遼陽においても正面で激闘したんは、第3、第5、第6第10師団で
あり、側面迂回の第1軍しかも仙台第2師団の成果を強調しておる。
苦闘の中から勝利を掴むことの出来ん師団の武勲とは如何なるもんか。
引用元は児島氏と司馬氏のもんじゃろうのう。
しかも支那通史や美味んぼの話は、嫌中嫌韓狂信的カルト教団かと
思うたわい。中国や韓国の人意外の外国人に、これが我が国の
正しい認識ですと言えるんかのう。風が悪いし、その神経はよう解らん。
思想的要素の強い物は、左右を問わず、人を洗脳させる為の物じゃと
考えるんが、正常な判断であろう。あんたが、カルト新興宗教を崇拝
しとるんかは知らんよ。郷土資料による兵士の命がけの言と、戦闘を
知らん、思想的色眼鏡で前提した資料を比較すること自体おこがましい。

102 :205:2006/05/20(土) 02:29:53 ID:rotnc1ir0
>>99
近衛師団は、感状は貰うとらんじゃろう。貰うたと言うんは何処の資料
からか?
福山第41聯隊兵士の高知第144聯隊兵士に対する評価は如何に。
福山聯隊は歴戦の部隊にも係わらず、後方の調達任務までさせられた。
大阪の工兵の頑張りは認めるよ。最初は軍紀の悪い連中という評価を、
実績によって認めさせた。
「じゃろ。」じゃのうて「やろ。」を使うところ、あんた山口か?
そういやは、マレー戦でバクリの苦戦に陥った近衛師団の救援したんは
山口聯隊じゃった。山口人は地元の兵が強いとか余り言わんようのう。
あなたが、山口聯隊菅区じゃのうて、久留米師団の小倉聯隊菅区の人
かは解らんが。

103 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 10:58:25 ID:gEiw3COy0
>>102
前スレから見てるが君の論法はバレバレだよ。
1部を見て全体を判断するような典型だもの。
客観的に見てもレスから他地域を貶める要素ばかり。
一生懸命闘った連中に感情的な優劣まで付けるやり方にみんな引いてるんだって。
多数の指摘で実態はあんたが思ってるようなものとは違うことすら想像できてしまう。

104 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 11:07:55 ID:vjdq0pem0
>>89
>日露戦争の武勲で、追撃で正面で苦闘した経験の少ない仙台第2師団や、
黒溝台攻略を自慢する弘前第8師団も、広島第5師団の救援、夜襲の
協力による武勲あってのもんで、単独の武勲じゃない。第5師団あっての
第8師団じゃ。

この場合、広島師団じゃなくても支援可能では?
軍の運用上任されていただけで。
他の戦いでも美味しいところだけを持っていったと揶揄されても仕方ないのでは?
広島だから可能だったとは限らない。
やはり全般を通して広島が主役を張れなかった嫉妬?

105 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 11:19:07 ID:vjdq0pem0
>側面迂回の第1軍しかも仙台第2師団の成果を強調しておる。

側面迂回だろうが決定打になった戦いを評価するのが何が悪いのか。
正面で戦っていた連中の活躍あっての決定打であることはもちろん当然
満塁ホームランを打った打者を自分の都合で「否定」するのですか?
オマエの活躍じゃなく塁に出てた人間のお陰とばかりにね。

>福山聯隊は歴戦の部隊にも係わらず、後方の調達任務までさせられた

感情的な悔しさが滲み出てるレスですなあ。
たまたま連度不足でそうなっただけかもしれんだろ?
それに後方の調達任務の何が悪いのか教えて欲しいもんだな。


106 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 20:19:19 ID:azq3CB9q0
>>101
自国寄りの歴史観はどの国でも同じ。特に日中韓は歴史問題で揉めてるし。つーかスレ違い
歴史専門家同士でも解釈が違うなんてよくあるだろ。あんたは仙台・・・てか東日本を認めよう
とはしないけどちゃんと評価している人もいるという事。それに前スレ283であんた自ら広島人にとって
不名誉な事は郷土資料に多くは書かれてないといってるが、なんでそんな資料全て正しいといえるんだ?
矛盾しているぞ。まあ都合のいい資料だけ信じて優越感に浸ってりゃいいさ





107 :205:2006/05/20(土) 22:27:14 ID:CV8xkk4W0
>>96
は、北陸兵云々は、佐藤じゃのうて、伊藤金次郎氏の『陸海軍人国記』
芙蓉書房出版、P111、112の引用。
今日も、付和雷同、人に迎合する弱虫、いや蛆虫軍団がわいとるのう。
>>103104105
多数の指摘と、人海戦術でも、しとるつもりか?糞びったれ(弱虫)は、
数に頼る奴隷根性が抜け切れんと見える。東国奴隷民にはあきれるわい。
黒溝台攻略で、最も活躍したんは、広島5Dじゃ。摺沢支隊・村山支隊の
健闘は黒溝台の広島5Dに授与された感状にあるが、黒溝台自体の夜襲も
広島第11聯隊第1大隊の功績もあり、黒溝台を占領後、更に渾河を渡って
烟台子をも占領した。後の奉天会戦を含め主役は広島5Dじゃ。
おいおい、仙台2Dがホームランか?命令違反でたまたま撃ったところ、
露軍が逃げて頂上を奪取したというんが、仙台の最強夜襲師団伝説です。
とは笑いが止まらん。マレー戦迄歴戦の武勲を持つの福山第41聯隊が
錬度不足?ほじゃあ、高知144聯隊はどうなるんか。後方の仕事は
歴戦の武勲に乏しい部隊がやることじゃ。
>>106
他人に迎合する、糞びったれ2号さんか。矛盾?既に>60で書いとる
事をわざと無視する。評価している人もいると他人をあてにしとる処は、
東日本的奴隷根性か。奴隷民は妄想に浸ってりゃいいさ。と言うのは、
可哀相じゃしのう。

108 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:50:28 ID:azq3CB9q0
>>107
ハイハイ広島最強広島最強!もーいーよそれで。
何が気に入らないんだか、仙台最強じゃなくて活躍したと述べただけなのに。
もう他地域を貶めてはいないなんて言い訳できないレスしてしまったな。
なんで俺1人叩くのに東日本ごと馬鹿にするんだ?偏った思考回路してんのいい
加減直せ。逆にお前ネタにして広島叩きなんて簡単だぞ。でもそんな筋違いな
真似はしないけどな。他地域を貶めているのはお前だけであって他の広島人では
ないから。


109 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/20(土) 23:55:48 ID:JnpYJIMU0
馬鹿が叫べば叫ぶほど広島師団の活躍が嘘くさく思える。
いやしくも歴戦の部隊が

>後方の仕事は歴戦の武勲に乏しい部隊がやることじゃ。

なんてことを言うとは思えないけど。
歴戦の武勲に輝くほどの部隊であれば後方の仕事の
重要さもわかるだろうと思うんだが。内心不満はあったとしてもな。

そういや平型関での苦闘はどうだったの?

110 :205:2006/05/21(日) 01:35:49 ID:rw+fnXkZ0
>>108
他地域を貶めたつもりはないし、東日本を馬鹿にしとらんよ。
偏った思考回路とあんたに言われる筋合いも無い。虚勢は張るなや。
あんたらが、広島師団を根拠も無く愚弄する筋違いのまねを
しくさしたんで、自業自得じゃろう。
>>109
広島師団の活躍を嘘くさく貶め、工作しとるんはワレじゃないか。
白々しいことを云うのう。
平型関で三浦支隊、21旅団の苦闘を、辻政信氏のせいにも出来るが、
我が方も敵をみくびって、軽率な行動をとったことにも原因がある。
輜重隊と云う非戦闘部隊に僅か1ヶ小隊の護衛しか附してない。
八路軍は手薄と思えば攻勢に出てくる。しかし赤い襟章の我が歩兵部隊には
手を出さない。また左翼部隊及び補給機関に損害を出したが、
左翼部隊(浜田第21聯隊第3大隊)の必死の苦闘によって、平型関以上の
苦闘となった。忻口鎮の激闘に八路軍が後方を脅かすことが無かった
ことに繋がる。中共側の宣伝とは違う。

111 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/21(日) 16:27:44 ID:I42KQgnK0
>>110
空気の読めないやつだな〜。何オマエ?
ここにいる皆さんは本気で愚弄しようと思えばいくらでも調べあげますよ。
広島なんぞ貶めようと思えばいくらでも出来るのにやってないだけだよ。
根拠無き差別・優越感に浸る君と違って一線を越えたマネをしてないだけ。
とりあえず君さえいなくなれば感情的な言い合いはこのスレから無くなる。
軍事の事を聞きたけりゃ他板で十分だし。
ま、君が愚弄されたと思ってる内容もただの「反論」だから。
あんたが余計なレスをしなければ済む話なんだけどね。



112 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 00:25:53 ID:letjvFfS0
>>110
無自覚なのが一番タチ悪い。オマエが貶めたつもりがなくとも相手が
不快に思えばそれは貶めたことになるんだぞ。東日本的奴隷なんてレスして
貶めたつもりはない。馬鹿にしてないなんてあり得ないけどな。でも俺も
広島師団愚弄したつもりはないんだけどな。もし良かったらそのレス教えて
くれないか?



113 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/22(月) 01:02:12 ID:YLLR0+AA0
>>110
広島師団を愚弄なんか誰もしちゃいないさ。
あんたを愚弄してるんだよ。

114 :205:2006/05/24(水) 00:34:46 ID:vxxSQztk0
>>111113
また、皆さんと他人に頼る奴隷根性か。いくらでも調べあげる云うが、
何を調べたんかのう。妄言だけじゃないか。広島なんぞと、わしを
引き合いに出して根拠の無い愚弄はすなや。
>>112
他人に迎合しとるワレは、タチが悪う無いんか?奴隷根性じゃ思うよ。
わしは、日本、東西の社会構成の違いから云うとる訳じゃし、それを
貶めたと解釈するんは、あんたの被害妄想的、主観的、解釈であって、
わしの知ったことじゃない。
わしは、東北の師団を愚弄したつもりは無いが、愚弄したレスがあれば、
教えてくれいや。


115 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/24(水) 16:29:39 ID:PSz4c5n30
奴隷根性てどういう意味?


116 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/25(木) 00:20:58 ID:nYfP7QA/0
205は客観的に自分を見れねーのかバーカ


117 :205:2006/05/26(金) 22:41:20 ID:RpxXpcCA0
>>115
>116のように、わしを罵倒する者を見れば、奴隷根性の意味も
解ると思うが。

118 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/26(金) 23:44:07 ID:3ESOGTyK0
>>117
俺は115ではないがよく分からん。

まあどうでもいいとして、水戸弟14師団を主力としたペリリュー島で戦った
兵隊は本当に凄いと思う。兵力14倍、航空機200倍以上、戦車100倍、
重火砲1000倍の敵に対し、持久戦に持ち込み、全く補給なしに73日間
守りとおして死闘の末に玉砕したんだよな。しかも米軍に1万超える死傷者
がでた。これは米軍の上陸作戦でこんな被害でたのなかったそうだ



119 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 00:15:18 ID:jqTq6q9I0
宇都宮第14師団水戸歩兵第2連隊だよね。
中川連隊長の指揮下水戸健児の健闘には涙…

120 :205:2006/05/27(土) 01:19:08 ID:fkgPHSBp0
>>118
ペリリュー島は、水際殲滅戦を選った。緒戦から主導権が取れた訳じゃが、
他の玉砕の島々では敵をいったん上陸させて戦闘したので、戦闘の主導権が
取れんかったんで兵の質云々とは云えん。
また、ペリリュー島は、自然要塞である洞窟を陣地に活用出来る利点も
あった。広島第231聯隊第八中隊の戦闘でも、
「散華した五名のうち四名まで掩蓋内で死んだ。横穴での犠牲はなかった。
つまり材料と手間をくい、苦労して造った構築物が、逆に原始的な横穴に
負けたことになる。二日目には、この教訓を活かし、掩蓋内への退避を
止めて、一名の戦死者を出さなかった。」とあり、自然要塞は強い。
米軍は、上陸の失敗やこんな島など、簡単に攻略出来るとなめておった。
もちろん、宇都宮14D兵士の健闘は賞賛したい。

121 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/27(土) 22:17:52 ID:lnxG4FJX0
敵の軍のお偉いさんも称賛したんだよね


122 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/05/29(月) 03:25:40 ID:XAbF6VHt0
>>121
C.二ミッツ太平洋艦隊司令長官だね(大将から元帥になってる)。
ペリリュー神社にC.二ミッツの言葉として「諸国から訪れる旅人達よ この島を守るために
日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い そして玉砕したかを伝えられよ」と彫られた碑文がある。


123 :205:2006/06/01(木) 00:40:54 ID:MutHuG7S0
前スレが落ちてしもうた。昭和十九年、七月下旬広島231聯隊、
第七中隊の警備する三0一陣地に対する敵の攻撃は、砲撃、米軍機による
爆撃、やがて夜になるとコツコツ音がするので、敵さん何かやっとるのう、
と思っていると突如として敵部隊の交通壕からの攻撃が始まったが、
白兵格闘で撃退したものの危機一髪であった。
そして八月に入って土塁陣地の決闘となった。三日間に及ぶ猛砲火は、
土塁陣地を潰滅状態にしたと判断した敵は総攻撃を開始したが、我が方は、
敵が五0米付近まで近迫するのを待ち、集中火をあびせた。敵の必死の
突進で、突撃は何十回となく繰り返し、交通壕に達し白兵戦となった。
『白兵戦は、戦闘の最終の場面であり、最も原始的なものである。
いかに最新兵器を駆使して、莫大な物量をたたき込んでも、所詮は人間の
対決である。だから歩兵操典の綱領にいわく。
「歩兵ハ軍ノ主兵ニシテ諸兵種協同ノ核心ナリ」と。』

124 :205:2006/06/06(火) 01:53:10 ID:LxWLJpvR0
感状を授与された第八中隊田中小隊のエピソードから。まず金北陣地にて、
『時おり掩蓋の銃眼めがけて一種異なったピシーというような音
(ロケット砲独特の音)を出して飛んで来た。
ふと見ると西山兵長が昼食を天秤棒で担ぎ、砲弾の炸裂する中に狐坂を
ゆっくり登っている。
「食缶を置いて、急いで登れ」
大声で叫ぶが、破裂音で通じない。そのうち気付いたか、立ち止まって
聞こうとする。危険この上ないが、飯運搬の為に炊事場に降りたので、
飯を持たずに陣地に帰れない。その責任感と豪胆さに、見ているものみな
恐れ入った。』
次に、羽黒陣地に死傷者が出たので、弥彦陣地から三名が、応援に
行った。『あの熾烈をきわまる弾雨の中を、羽黒の救援に出て行くとは、
まさに死地に進むようなものだが、わしが行く、いや、わしじゃ。と
言い合って困った』
ここでも郷土広島兵士の責任感と豪胆さは発揮された。

125 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 02:28:41 ID:apZrtB720
「またも負けたか八連隊」てきいたことある?
大阪の8連隊は激弱やってんて。

126 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 23:22:07 ID:dbJcLfI30
>>125
あるけど実際そうとは思わない。真面目に万歳突撃されるより逃げられて潜伏
される方が敵としては嫌だったそうだし

127 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 11:11:30 ID:hyrN+uIb0
シロウマアオウシは、広島人を精強と言い、東国人を馬鹿にしているが、
広島人は、たった3機のB−29を迎撃できず、アメリカに原爆を投下され、原爆の人体実験を受けた。
精強なはずの広島の防空隊は、何をしていたのかね?

広島に原爆を投下したアメリカ軍は、広島に「ABCC」という研究所をつくり、
被爆した広島人の人体実験結果を、収集・分析し、
広島人をモルモット扱いしてた。

アメリカ人にとっては、広島人は、実験用のネズミと同じ価値の存在だったわけだ。

http://www.ask.ne.jp/~hankaku/html/houeiken.html

原爆投下の候補都市には、最初、横浜も、ふくまれていたが、
横浜などの関東周辺の日本戦闘機隊・防空隊は精強で、B29への迎撃が半端じゃなかった。
数機で飛行した場合、撃墜される可能性が高く、
それで横浜は候補から、はずされた。

2発めの原爆の投下目標は、小倉だったが、
小倉の防空隊が、激しく対空砲火を加え、
迎撃戦闘機も確認された為、
原爆搭載機は、小倉への原爆投下を中止した。


広島人が弱っちいから、原爆を投下され、人体実験のモルモットとなったわけだ。仕方がない。

128 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 11:15:14 ID:hyrN+uIb0
鎌倉時代は、西国は、東国の鎌倉幕府に支配されていたし、
江戸時代も、西国は、東国の徳川幕府の支配を受けていた。

鎌倉時代から江戸時代まで、東国武士による、西国の植民地支配で、
西国の民は、東国の奴隷だった。

徳川家康らによって、関西周辺の豊臣恩顧の大名と、その家臣は、ほとんど、つぶされるか、九州・四国に追放され、
関西周辺と西国の一部には、三河武士・関東武士をはじめとする、東国武士が入植し支配した。

※親藩=徳川一門の大名の藩
譜代藩=徳川恩顧の大名の藩
外様藩=関ヶ原の戦い以後、徳川側についた大名の藩

http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

なかでも、山陰・山陽11か国200万石から、周防・長門36万石に追放された長州藩の、徳川家に対する、うらみは、すさまじく、
毎年1月1日に、徳川家に対する復讐の誓いをやっていたと言われる程だった。

明治維新により、ようやく西国は、東国武士の植民地支配から解放されたのである。おめでとう。W

西国は、東国の奴婢である。


東国人より、広島人・西国人の方が精強とは言えないよ。

広島モルモット人は、モルモット根性から抜けられないようだなあ。


これから、シロウマアオウシを、広島モルモット人と呼んでやってください。

129 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 11:18:59 ID:hyrN+uIb0
まー、アメリカ人は、みにくい黄色人種を人間とは見てないようだな。


>名誉白人という称号を下さった、白人様の胸のうち

>米兵の意識調査 1944年プリンストン大学調査
>訓練中の米兵
>日本兵・ドイツ兵を殺すことをどう考えますか。 日本兵 ドイツ兵
>心から殺したい。                  44% 6%
>やむを得ぬ義務だ。                 32% 52%
>義務だが嫌な気持ちだ。               18% 34%
>敵兵でも殺したくない。                4% 6%

>戦闘後の米兵
>捕虜をみた後では、どう考えますか。 日本兵 ドイツ兵
>もっと殺したい。             42% 18%
>別に何とも思わない。           22% 16%
>義務だが嫌な気持ちだ。          20% 54%
>戦ったのは不幸。             16% 12%

>これが、名誉白人と白人との違いの現実ですわね。



それとな、シロウマアオウシは、なまりが、ものすごく、
うっとおしくて、不愉快だ。

標準語で、書き込みできんのか、低知能・イモ田舎人。

130 :EXCULTer's / Esprit de Kitakyushu ◆KN.C37077Y :2006/06/15(木) 11:21:13 ID:dkZooTgX0

「北九州市次期総合計画・素案」に対する市民意見と市の考え方
http://provyake.jog.buttobi.net/usr/bin/perl/cgi-bin/img-box/img20060528093536.jpg

     /\___/\
   / ⌒ 瓜 ⌒ ::: \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | (●), 、(●)、 |   | 西日本17県の中枢都市を目指すことは考えていません
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < 近隣自治体へのチューチュー都市としての連携を一層推進します
   |   ト‐=‐ァ'   .::::|    \____________________
   \  `ニニ´  .:::/  
   /`ー‐--‐‐―´´\

247 名前: すいか 投稿日: 2006/03/07(火) 22:29:13 ID:rR1tnjzZ0
[世界に冠たる北九州発祥の企業]
新日本製鐵
安川電機
若築建設

631 名前: すいか 投稿日: 2006/05/26(金) 23:13:59 ID:AUk3jPTn0
西武頑張れ

632 名前: すいか 投稿日: 2006/05/27(土) 23:38:53 ID:sS0+Ti/X0
西武負けちゃった。
パ・リーグ頑張れ
セ・リーグ氏ね

-----------------------------
オーメン ヲッツ♪”
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1138723500/856-860


131 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 11:23:01 ID:qwBBpprc0
ID:hyrN+uIb0(仙台人)がカキコしなければ良スレなのだが。

132 :EXCULTer's / Esprit de Kitakyushu ◆KN.C37077Y :2006/06/15(木) 11:25:36 ID:dkZooTgX0

「北九州市次期総合計画・素案」に対する市民意見と市の考え方
http://provyake.jog.buttobi.net/usr/bin/perl/cgi-bin/img-box/img20060528093536.jpg

     /\___/\
   / ⌒ 瓜 ⌒ ::: \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | (●), 、(●)、 |   | 西日本17県の中枢都市を目指すことは考えていません
   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < 近隣自治体へのチューチュー都市としての連携を一層推進します
   |   ト‐=‐ァ'   .::::|    \____________________
   \  `ニニ´  .:::/  
   /`ー‐--‐‐―´´\

247 名前: すいか 投稿日: 2006/03/07(火) 22:29:13 ID:rR1tnjzZ0
[世界に冠たる北九州発祥の企業]
新日本製鐵
安川電機
若築建設

631 名前: すいか 投稿日: 2006/05/26(金) 23:13:59 ID:AUk3jPTn0
西武頑張れ

632 名前: すいか 投稿日: 2006/05/27(土) 23:38:53 ID:sS0+Ti/X0
西武負けちゃった。
パ・リーグ頑張れ
セ・リーグ氏ね

-----------------------------
オーメン ヲッツ♪”
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/chiri/1138723500/856-860


133 :205:2006/06/15(木) 23:23:03 ID:K2Q39IFY0
>>127128129
関東人=白人とする、白人崇拝コピー厨の関東馬鹿が来たか。
じゃが原爆投下を面白がって書きあがる神経が解らん。関東人の程度の
低さを表しとる。関東奴隷民根性が抜け切れんと視える。根性が腐り
きっとるわい。
戦国期、越後から蹂躙され奴隷市場で売り飛ばされた関東人が、三河・
尾張系まで含め東国と云う概念か。まあええわい。何れにせよ、古代から
東国の支配者は、概ね東北アジア系渡来系の西日本人であり、東国人は
奴隷民に過ぎんよ。時代が下がると共に東国へも渡来形質が増えるので、
東国は、人種的にも征服されたと云えよう。鎌倉期広島へ入植した
関東武士の渡来系に対する縄文系の比率も明らかでない。
その関東武士の末裔も安芸国人の傘連判状のように、一揆契約の
西日本の武士団となった。隷属社会の東国武士とは違う。
江戸期に広島へ入った愛知県の大名連中も、武断主義を押し付けとらんよ。
愛知系は、他所では酷い支配をしとる。阿波の祖谷の山民狩りや安芸へ
入る以前の浅野氏も紀州で山民狩り等人質の婦女子を含め虐殺しとることは
宮本常一氏も指摘される。安芸が江戸期も封建制の薄い地域であった
ことは、蝦夷スレに書いたはずじゃ。スレと離れた話になったわい。

134 :むべ:2006/06/15(木) 23:38:06 ID:9j3Fmtps0
海軍の松山空は優秀だったらしいな。
B−29のパイロットも松山上空は避けて通ったらしい。

135 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 00:21:36 ID:m2qRMBMi0
>>133
お前のような奴ってお前風にいうと西国奴隷民根性が抜けてない奴だな。
常に東日本と西日本比べて常に西日本を優位にしないと気が済まないのは
ある意味コンプレックスあるのかと思ってしまう。あと広島が郷土的に強い
人間ができやすいってのが理解できね。天下取った事あるわけでもないし、
有名な武将とかいたか?まあ馬鹿にしてるわけではないけどな、広島5Dは
そこそこ強かったらしいし。


つかこいつジジイなのかガキなのかよくわかんね



136 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 00:29:30 ID:9HRKrYcJ0
>>133
捏造もほどほどに。

越後国なんて、長尾氏はじめ関東人の移植地帯だし、
越後武士元祖の城氏からしてそう。
一揆なんて、上州一揆に白旗一揆、平一揆…十四世紀からあるわけだよ。

毛利(相模)、児玉(武蔵)、吉川(駿河)、小早川(相模)、武田(甲斐)、熊谷(武蔵)
安芸の児玉氏は、有道姓児玉党の庶流の庶流にすぎない。

>>127-129
関東ネタで西牛ちゃん煽らないでくれ。出向く俺が疲れる。
やりたいなら日本史板でなw

137 :205:2006/06/16(金) 01:32:17 ID:rtRedIsS0
>>136
何処が捏造なら?越後の長尾氏が関東系であろうと、足軽等下級兵士は
現地越後人じゃ。その越後人に拉致され売り飛ばされた歴史を歪曲
しとるんはあんたの方じゃ。甲斐の武田氏にも関東人は奴隷となったが、
甲斐は甲信越でも東国ですよと言い訳するんか?
一揆と云う、うわべの名称だけで、内容が無いよ。西の一揆形態は横の
合議社会。東の党は同族縦社会と理解する視点が間違いであると云うので
あれば、具体的な反証をすれば良いのに、宮本常一氏の妄想と抽象的表現で
お茶を濁す。毛利も相模の前は関東人か?源義光も近畿人。伊豆・相模も
渡来系形質の影響が北関東より早いので、関東土着民の確率は低い。
武蔵七党も高句麗人の影響は無いんか?
上記の吉川、小早川、熊谷氏等は安芸に本貫を移しておるので、庶流では
無いよ。関東の方が空っぽじゃないか。安芸児玉氏を庶流と蔑視しとる
処は、関東流の本家が分家より各上で隷属すべき者という縦社会の概念
そのものじゃのう。

138 :205:2006/06/16(金) 01:57:32 ID:968GpD1U0
>>135
わしは、東西日本の民族性、社会構成の違いを云うとるんに、
被害者意識で優劣と勝手に解釈しとる。西日本人の現実主義と
東日本の理想主義と思考の違いは、北アジアのリアリスト思考と
東南アジアのファンタジー思考が、列島では人種性と共に、
南北逆転現象として興味深いと思うとるだけじゃ。
天下を取ったら強い?近代の軍隊と違い、兵力の動員力が左右する形態と
同一視しとる。封建制の弱い安芸は天下を望めんし、天下を取る気もない。
有名な武将?人気投票かいの。広島5Dがそこそこ強い?じゃけえ、
広島5Dと比較して武勲が豊富な師団を云えいや。抽象的過ぎて具体的な
ことは云わんのう。現実より空想的解釈しか出来んと視える。

139 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 03:49:03 ID:m2qRMBMi0
>>138
西日本人の現実主義と 東日本の理想主義と思考の違いは、
北アジアのリアリスト思考と 東南アジアのファンタジー思考が、
列島では人種性と共に、南北逆転現象として興味深いと思うとるだけじゃ。

訳わかんねえな。お前なんか変な宗教やってんのか?西日本が現実主義で
東日本が理想主義って毎度ながら一方的決め付け乙。現実より電波的解釈
しかできんと視える。広島師団ね、強いとする根拠が武勲の数ってのには
ちと疑問。武勲が少なくても宇都宮14Dのようにかなり評価の高い師団も
あるし。極端にいうと日本中の師団全てが広島師団と対等であったとしても
武勲の数にバラつきはでるんじゃないか。戦場、作戦、敵の戦力、運によって
戦局は左右されるから





140 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 20:58:01 ID:BltoyXDk0
>>137
売られた庶民を馬鹿にしてるのか?性格悪いのうw
売られた後じゃ関東人じゃなくなるし、島津に蹂躙された九州各地なんて関東より惨いだろうよ。
大坂の役後の大坂人はどうなんだ?

守護代として上野から進出し勢力を拡げたのが越後長尾氏(上野の分家)だが、
その点は無視かい?

今まで何度も言ってる事だけど、おまいさんのいう東国の支配者層ってのも、
郡司クラスの系譜を受け継ぐ伝統的在地勢力などが、王胤貴種の血統を取り込んで成立してる。
母体として在地豪族の系譜、弓馬の技として東国の馬文化がその根底にはあるわけだ。
東国の縦型社会というのも、武力の充満していた『自力救済』の中で形成された面も大きいだろう。
でも、東国が全て縦型社会だと思ってるわけ?
西国には縦型要素がないのか??部落差別は?

>武蔵七党も高句麗人の影響?
何で七党に括るわけ?
高句麗系文化が一番濃厚なのは信州なんだし。関東も影響大きいが、だからナニ?
畿内馬文化の中心である河内の渡来人が、百済など南朝鮮系な件。

>関東の武士が空っぽ?
本家、庶流にその又分流、或いは他勢力の進出。どんどん増え続けるわな。

つ甲斐と関東管領。
信濃はどう見ても東国。

141 :205:2006/06/16(金) 22:23:05 ID:gA3nP0mY0
>>139
変な宗教云うても、わしゃは安芸門徒じゃ。あんたはカルト新興宗教
信者か?あんたの以下の文が現実的解釈か?
http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/sensi-zantei/sensi-tachibana1.html
に、第5師団(広島)は、本来が伝統ある最精鋭の師団である。と
出ておる。経験・実績から最精鋭と評されても可笑しゅうない。
武勲が少なくても評価が高かったんは、このサイトにもガ島で緒戦の戦闘を
した一木支隊(旭川第28聯隊)が精鋭とされたと出ておるが、確かに、
旭川7Dは、辻政信氏も関東軍最精鋭と述べており、訓練・演習でも
優秀で、他の関東軍の古豪師団である仙台2D・弘前8D・久留米12D等
よりも精強とされたんじゃろう。評価内容が師団対抗演習戦で強かったんか
どうかまでは解らん。まあ、関東軍は歴戦の経験も乏しく、演習と実際の
戦闘は違うが、ある程度の精強度は計れるじゃろう。じゃが旭川師団も
封建制の強い北国兵(仙台師団管区の兵も混じっとった。)じゃし、
封建制の強い土地柄の兵らしい弱点もあったろう。旭川師団が関東軍の
エースとされても、国軍のエース広島師団とは、各が違う。
宇都宮14Dのようにかなり評価が高いとは、誰が評価したんか。
その評価は、兵の素質か?演習・訓練で練度が高かったんか?

142 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 22:31:47 ID:redgi7OV0
県民性診断並みに怪しい西日本優位の地域民俗学を数百年後の近代的実務組織である日本軍に
重ね合わせようとしても無駄だよ。
そもそも明治末期の時点で郷土部隊という概念が既に実態として崩れてるから。

せいぜい大きな地域単位でしか物事を語れない。
結局は>>205みたいに西日本と東日本にまで地域を拡大するハメになるw



143 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 23:03:13 ID:BltoyXDk0
>>141牛爺
俺には師団とかさっぱりわからんが、それほどまで強いと言い切るなら
郷土資料以外で証明したらいい。

144 :205:2006/06/16(金) 23:20:25 ID:JellCHMc0
>>140
売られた庶民を馬鹿にしとらんよ。憐れじゃ思う。売られた奴隷は、
他所だけじゃのうて関東内でも流通しょうが。島津も豊後で捕らえた者を
肥後で売り飛ばしたり、朝鮮でもねえ。酷いよ。大阪の陣でも徳川軍の
人間の乱捕りはその通り。貴種の血を取り込んでとは、奥州藤原氏三代の
ミイラが、アイヌ人や現代東北人と違い、人種的に現代京都人に近いが、
文化的に蝦夷であったと云うことか?東国でも、東海に近い南関東は
縦型社会要素がそう強うはないが、全体論として東西社会制度の違いを
云うとる。西日本でも地域差があるのは当然じゃ。東国は部落差別以前の
問題で、宮本常一氏も云われるが、東北地方では、盲者等は殺される。
社会のキャパシテイが受け入れる状態でない。飢饉で食人する状態では。
庶民の大部分が隷属下人であり、方や大地主が存在しとる訳じゃ。
概ね東国は、今の北朝鮮と大差ないよ。
関東には(西日本の含め)馬文化が乏しい、重装騎兵に馬甲を付けん。
軽装騎兵も活用させとらん。百済が南朝鮮の韓人と同一視するのも
可笑しい。南朝鮮は、礼安里の人骨でも、北方系の顔の高い者と、
縄文東国系や東南アジア系のような顔の低い者も存在しとる。
吉川・小早川・熊谷氏は、一族・郎党も連れて安芸に入って来とる。
関東に残った者は、どれ位おるんか?最後は東国という広い概念か。

145 :205:2006/06/16(金) 23:27:15 ID:JellCHMc0
>>142
明治末期の時点で郷土部隊の概念が既に実態として崩れておると言う
根拠は何処から出て来るんか?
>>143
>141に挙げたサイトは郷土資料じゃないど。

146 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 00:53:44 ID:S8Immvzr0
>>144
奥州藤原氏が下野秀郷流藤原氏の件。

>庶民の大部分が隷属下人であり、方や大地主が存在しとる訳じゃ
あのさぁ、戦国末の関東でも、小規模経営の小百姓は多かったんだが。
先進地帯の西国とは違うが、関東でも階層分化は進んでいた。
もちろん地域によるが。
岡山県史は都立図書館で読んだ事あるが、岡山には土豪的百姓が結構いたそうだが。
毛利が何とか残った広島と違って、由緒ある旧家が多そうだけどね。岡山県下は。

武蔵七党系の武士は南北朝以降に没落したケースが多い。西国移住で減ったんじゃない。

モンゴルと比較するならともかく、関東の馬文化と西国を同列に扱われてもなぁ…
東=馬牧、西=牛牧>これ基本。

西国での馬文化は九州が代表的。刀伊の入寇を撃退した鎮西武者。隼人と馬。
その九州でも、東北・関東・信濃・甲斐・駿河にかなわないけども。
片や中国地方は・・・。
【馬文化】岡山、山口>>>>>広島かなw

↑お国自慢板らしく言い過ぎちゃうとこうなる。

147 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 03:10:32 ID:P69vjFrK0
>>141
そのサイトでは第5師団は、本来が伝統ある最精鋭の師団である。の後に

支那事変では徐州会戦、南寧作戦に参加、大東亜戦争ではマレー作戦に参加し
感状を授与された、数少ない自動車化師団の一つであった。

しかし、すでに戦線は本土近海に縮小され、豪北方面に配備されていた第5師団
は、ラバウルの第8方面軍同様すでに戦略的価値を失った「遊兵」でしかなかった
とあるが・・・しかも第5師団第11聯隊を中心に1562名の将兵全員が米軍の
捕虜となった。光輝ある帝国陸軍の歴史において、大隊単位の全員が捕虜となる事件
は前代未聞であった。これが世に言う 『橘丸事件』 である。これって広島師団に
とって屈辱で、最大の汚点じゃないかい?大恥もいいところ、前代未聞だって。pu




148 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 10:20:05 ID:lfQ/Yc990
>>145
郷土部隊という概念が成立しない根拠?自分でもよお〜〜〜く考えてみるんだなw
例えば石原莞爾が軍隊内のある問題にまで気を使って一体何をしたか・・。

それと広島師団が活躍した割りになぜ評判がないのか?
調べれば調べるほど色々わかってきました。
まだ説明しませんが実は最弱だったんじゃないかという疑念が沸いてきました。

149 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 10:27:00 ID:9hvPbzTu0
854 名前: REV / キンタマ中古D50 / 貧困SDモデルヲッツ♪” ◆z0REVEXzQM [ぶつぶつオレンジをもぎとろう♪”] 投稿日: 2006/06/16(金) 08:57:41 ID:bINX5kf20
折尾駅北口ヲッツ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━!!!
││
                   

               /\___/\
              / ⌒ 俺 ⌒ ;\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | (●), 、(●)、 |   | キンタマ中古D50命!!”
        ⊂.    |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < 今日もキンタマ中古レンズで折尾で降りるぞっ♪”
       ,r----、__|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \____________________
      /′       \  `ニニ´  .:::/
      (   ,/¬--v   \____/⌒\     
     /⌒ (    ]  |丶 ̄ ̄  /丿  丿      ─
    (_  _丿    ,ノ--v_\ 糞  ノ   ノ       ─
       ̄      ノ    リ--─ー^   八      
            〔          _,ノ′ヽ       ギャハハ!!!! バ〜〜〜カ!!!!!
          ,ノ'' ー--ー┘ ̄ ̄ ̄\  │     
          /    /  ̄\/\/ \  |    
         ノ   /]     |\    |\|       \\
         |  /  .|    |  )   ノ    
         |/′   |    .|  |---く       
               |    |  \  ]         
   //        |    |  └-┘     
              |     |        
              |     |        
              \    |         
              ノ ̄ ̄ ̄\               
              \___丿
______________________________


150 :205:2006/06/17(土) 22:23:21 ID:0mAWCSKF0
>>146
岡山と違い、広島の旧家は東国系が多い。武蔵七党のことじゃのうて、
熊谷氏のように本貫を安芸に移した者のこと。児玉庶子三流(三兄弟)が
賀茂郡竹仁に地頭として入植しても、本貫ごと安芸へ移住した集団よりも、
勢力が少なく国人領主では無く国衆侍の連合となった。児玉氏系は、
早くから毛利氏の家臣となり、安芸時代よりも出世し、明治期の軍人、
児玉源太郎氏を出した。安芸は概ね分家衆が残って、前スレで広島231
聯隊、第二中隊の戦闘を書いたが、華福山を守っておられた阿曽沼少尉は、
おそらく栃木県から広島市安芸区に所領を得た秀郷流の庶流阿曽沼氏系で
あろう。
関東の馬文化は、武蔵の石田牧・小川牧・由比牧等、西関東の高麗群〜
狛江の高句麗人の移住した地域に多く、影響を受けたと思うが、
高句麗も、広開土王(好太王)陵碑文に、渡海して倭軍を撃破したとある
よう、騎馬より船の役割が強い。朝鮮の黄海側では穀物を陸路より海路で
運んだことも考慮すべし。高句麗の牛車文化も関東へ伝わってない。
東国の騎文化は、東北アジアの遊牧民的騎馬文化よりも、東南アジア系
農耕民の労働力に馬を使う文化、馬耕・荷駄を想定した方が良いと思うが。

151 :205:2006/06/17(土) 23:09:27 ID:YIItf4it0
>>146
西日本の馬文化は、河内の馬飼い集団以外は乏しい。壬申の乱の時、
騎馬の奇襲を提案した渡来系田辺氏も、近江朝軍に却下された。
近江も百済系が多いと思うが、同じ百済系の多い河内の騎馬戦術は
受け入れられん。関東の高句麗系でも馬文化がセットでないので、
一部の者しか騎馬文化を持っておらんかったろう。
河内の騎馬文化が、大阪104師団の騎兵聯隊、異例の武勲である
年二回の感状授与を、歴史的要因とするべきか。まあ大阪師団は、騎兵に
限らず、工兵にも云える器用さがある。
【馬文化】河内・摂津>蝦夷>東国諸国>隼人・肥後・豊後>他の西日本。
中国地方では、【馬文化】瀬戸内島諸部>中国地方内陸部。
県別に云えば、あんたの云うように、平野の少ない広島が、騎馬の運用も
出来ず一番劣る。補足として、出雲勢力も騎牛で北陸を平定しとるか?
http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/nihonbunka01.htm
に、列島社会の東西文化の違いが出ておる。リベラルな田村氏とわしの
考えは、細部で多少違うが、大雑把に云えば同意出来る。

152 :205:2006/06/17(土) 23:56:10 ID:PiN9id1t0
>>147148
広島5Dが、戦闘で負けた訳でもあるまいしのう。他師団の大恥と
云えば、徐州会戦ではどうか。
http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/kindai/kindai-sina3html
宇都宮14Dは、どうか?ほいで、ここには出てないが、仙台13Dに
至っては無血入城じゃ。広島5Dや姫路10Dは、「タライの中の水を
手で押してもグルグル回る敵の陣立てかな」と敵の人海戦術の中、
『日支両軍で激戦といえるものは、上述の台児荘付近の1ヶ月にわたる
戦闘がその主体であり、その他は「徐州は進む」の歌どおり、機動と行軍の
連続であった。』とあるよう広島・姫路両師団が、敵の攻撃を食い止める為
死闘を繰り返す中、北上軍の仙台13Dは、機動行軍と歩くだけで、闘いも
せず無血入城とは、役得じゃのう。まあ仙台13Dは、冬期作戦で前線に
出してみたら、敵に散々打ち負かされ、広島39Dが救援した。
石原莞爾氏のどの書籍かはっきり云えい。広島師団の評判がない?
あんたの云う評判とは何か?何を調べたんか?抽象的な文章を繰り返し、
具体的な考察も無く、まだ説明出来んのが結論とはのう。

153 :205:2006/06/18(日) 00:02:07 ID:PiN9id1t0
>>152
また間違えたか。
http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/kindai/kindai-sina3.html

154 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 00:21:50 ID:BUe40ZHC0
>>150牛@
狩猟と実戦で鍛えた弓馬術&組討に優れた武蔵武士の児玉氏が
安芸国に移住、子孫は海の瀬戸内で精強な水軍を持つに至る。
=西舟東馬。

>牧
将門ゆかりの下総も高句麗系?
阿久原牧は?秩父牧は?
石田牧が高句麗系?

信濃にも牛車文化なんてないじゃん。
貴族の牛車って平安からじゃないのか?よく知らないが。
九州、中国あたりから質の良い牛が入って来たんだろう。

信州経由などで高句麗系の騎馬文化が流入して来ても、彼らは実戦的な集団ではないだろう。
河内の馬飼集団も、さほど軍事的な集団とは言えないだろう。
壬申の乱(672年)なら、美濃・伊勢など東国兵に『甲斐の勇者』。

関東の馬文化は、蝦夷との接触地帯だった事が大きく影響してる。
9世紀段階では、蝦夷の弓射騎兵が最も優れた技量を誇っていた。


>>151牛A
古墳時代後期の信濃・甲斐や関東地方は、河内を凌駕してるだろう。

大同3(808)年、摂津河内郡畝野牧が耕地化されてる。
この時期は更に、馬供給地としての東国に依存してるわけだ。

155 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 00:49:02 ID:BUe40ZHC0
牛ちゃんよ、まぁあれだ。
>>146の岡山広島部分は、言い過ぎの面があるからw

でも以前とは考えが変わったみたいね。
○口せんせよりまともだなw

156 :205:2006/06/18(日) 01:31:03 ID:XqhIlJHB0
>>154
狩猟文化は、東北日本型の熊を指標とする文化。西南日本型の焼畑と狩猟を
複合的に営み、猪を指標にする文化。中部・近畿型は、山地農耕や狩猟と
共に、林業を営む文化。縄文人の食生活パターンの内陸民でC3植物及び
C4植物で85%以上となっておるので、縄文内陸民は採集民であり、
狩猟中心とはいえんよ。秩父は関東西部じゃないか。高句麗の牛車文化が
関東へ流入しておらんと云うたんじゃ。実戦的とは何か。奴隷兵のことか?
他板にも書いたが、渡来系の河内の馬飼い集団が、天皇の騎馬警護隊と
なったこと、壬申の乱で河内の田辺氏が夜間奇襲で成功し、いたずらに
時期を失してはならん進言したが、却下されたこと。辺境の奴隷兵、
イングランド人がケルト人を使い、後にはグルカ人。オスマン・トルコが、
自国民より征服した東欧の少年を集めてイェニチェリ歩兵を活用し、
マムルーク朝も軍人奴隷が主流で、世界的に辺境奴隷兵を活用するのは
普遍的なこと。朝廷も東国奴隷民を前線にしたり、防人として活用した。
何れも忠誠心を勇猛としておるので、実際の強弱とは別の話。
蝦夷と闘うたんは現地奴隷兵の東国人が多かったろう。
馬の供給地を東国に依存しても、河内摂津等の楠葉・鳥飼・垂水御牧で
放牧した。東国では農耕穀物を馬の飼料とし、畿内では、野生の水草、
若葉の「まこも」をも飼料としておることも興味深い。放牧的と云えるのは
畿内の方じゃ。

157 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:02:08 ID:BUe40ZHC0
>>156
平安期の東西、浄穢(じょうえ)思想の差だ。
畿内では殺生が忌み嫌われた。部落差別の東西差にも影響あるだろうし。
秩父のどこが高句麗なんだ?

信濃の騎兵、甲斐の勇者>河内馬飼だろ。馬牧の規模が違うだろうし。
当時の資料は無いがなw

東国兵が奴隷兵?それじゃ律令の軍団は皆奴隷兵かよw
全国で実施されてるんだが。
例えば、俘囚は傭兵だろう。福田豊彦氏が言うように。

>河内摂津等の楠葉・鳥飼・垂水御牧
それ、近都牧じゃんw
東国から貢上された馬を、一時的に放して置くだけの小規模馬牧だ。
貢上といっても、まともに送られなくなってくぐらいだしw

東国の馬牧=自然放牧。


ガーナネドベドみよっと♪

158 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:16:01 ID:gZdQWwFJ0
>>152
南京掃討戦では名古屋と仙台の師団が最強とされていたんだって。
どちらも弱いといわれたり最強といわれたり忙しいね
ttp://ww1.m78.com/map/nankingbattle.html

それにペリリュー島での宇都宮師団の奮闘や、レイテ島での第一師団の奮闘は
実際戦った敵のアメリカ軍に称賛されている。両方負けはしたが、最初から勝ち目の無い戦い。
負けという結果だけで弱いとはいえん。

それとよく広島と仙台の戦績比べているがもし広島師団がガダルカナルで戦っていたら
どうなっていたと思う?あくまで予想だから、空想的解釈はできんって言って逃げんなよ。
俺は広島師団でも全滅していたと思うがな。軍上層部や参謀の無能さが酷すぎたから。



159 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:19:17 ID:0VzuAvZN0
>>152
仙台師団は大事だったから温存されたとも解釈できるよ。


160 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 03:21:14 ID:gZdQWwFJ0
広島牛くんに聞きたいんだが、広島師団の強い理由に郷土的要素を挙げていたよな?
それで、自分を批判する奴を東日本敵奴隷根性が抜けてない奴だと罵っていたが
(東日本人だけと思っている時点で失笑)

過去〜現在において広島人は他県の人間より能力が優れていると思っているんですか?
それとも戦争当時の広島人に能力のある人間が多かったと言ってるんですか?
東日本は今も奴隷的気質が抜けてないと思ってるんですか?




答えろや

161 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 12:25:47 ID:qVxhf9Yl0
かっては東西問わず9割方が自分で手一杯の自給自足生活を送ってたのに
奴隷もクソもありゃしないんだよ。
脳内にある差別主義的地域民俗学を持って軍の傾向を論じようとするタブーを
犯した205氏は非難されてしかるべきでは?
ここで地域の優劣を論じてる連中と変わらないよ?

162 :205:2006/06/19(月) 21:54:38 ID:hSUtN72l0
>>157
畿内だけが殺生を忌み嫌ろうたんか、尾張国群司百姓等解は?
秩父も関東山麓地域で高句麗の影響が無かったと云う根拠は?
律令軍団も兵士の逃亡、浮浪人化が多発する。現地で狩り集めた兵も
多かったろう。しかも傭兵とは、元来辺境奴隷民から構成したことは、
マムルークの例や、16世紀後半〜17世紀初頭の東南アジアの日本人
傭兵も奴隷として売り飛ばされた者じゃろう。
東国が自然放牧?遊牧民じゃあるまいし。厩舎で飼うとらんのか?
『万葉集』の東歌でも麦を飼料にしてないか。畑作を基盤とした馬飼育
じゃし。まあ、全文畿内・西国蔑視の東国史観的解釈であろう。

163 :205:2006/06/19(月) 22:23:22 ID:hSUtN72l0
>>158
南京掃討戦で?しかもそのサイトは、軍版でベッキーと云われとる、
別宮某氏のサイトじゃないか。ベッキー(翁)と軍師と信者の集いで、
あんたも信者さんか?ほいで、名古屋3Dと仙台13Dが最強とされ
たんは、大陸打通(湘桂)作戦の主力となった時のことじゃ。
時代が全然違うよ。この作戦で最も武勲を立てたんは、衡陽を攻略した
近畿兵団じゃろう。仙台13Dはエースに見合うだけの活躍は、・・・
まあ残念なこと。
敗者の健闘を誉めるんは、普遍的な事。それに甘えてはねえ。
広島231聯隊の宜昌防御も常識では勝ち目が無かった訳で。じゃが、
最初から負けると思うた時点で勝負は負けじゃ。子ベッキーちゃんの
実際戦闘しとらんのに、空想的解釈するんは妄想故、どうでもええ。

164 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:06:40 ID:waBdePVn0
>>162西牛

馬牧の分布を見ても、駿河以東が馬の産地。
ここから考えると、東国でも尾張は含まれてないな。狩猟騎兵だらけの坂東で例は?

秩父に高句麗の影響があったという証拠は?和銅とか言うつもり?

日本の律令軍団制は唐の府兵制を真似たものだったが、中央集権的な面も持つ唐と較べて
日本は地方の軍事力がほぼ負担してたわけだ。
もともと、畿内王権に軍事的側面が薄いし。
まっ、それだから大陸的じゃない封建制も生まれたわけだが。

>東国が自然放牧?遊牧民じゃあるまいし。厩舎で飼うとらんのか?
広範な馬牧で自然のまま放牧した野生の野馬なんだが。
厩を設けたとしてもそれは別の場所だ。

畿内の近都牧は地方で生産された馬、牛が送られてくるだけの場所だが
馬に関しては、「きちんと送ってくれば。。」の話だがw

165 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:11:20 ID:wtpv0+tt0
まあまあ広島師団だって日中戦争で平型関の戦いで敗北したんだから、あまり
偉そうな事はいわないの。それと中国軍に勝ったことを自慢しても、相手弱くて
日本の百戦百勝だったんだから。米軍相手の戦績はどうだったんですか?
開戦当初ではなく末期の戦いが知りたいんです。


166 :205:2006/06/19(月) 23:27:24 ID:2+h4EQxc0
>>160
東日本に係わらず民族性は抜けきれんよ。隣の朝鮮民族も、
明軍を裏切って清軍についたように、日本の敗戦時も同様な行動を
繰り返す。個人的に信頼出来る韓国人がおっても、国家、民族単位では
信用出来ん。日本も秀吉の朝鮮の役で補給に苦しみ、先の大戦でも行動
パターンは、変わらん。これから後の時代も追い込まれると自暴自棄
(広島人は別、中国地方人は概ね潔さよりも、しぶとさが持ち味)と
なろう。大雑把に民族性は変わらん。他者から蹂躙され、負け癖が
ついとる民族や地域別に考察するとねえ。もちろん民族に優劣はないよ。
歴史の経験や民俗・長年の社会構成の要素がそうさせる。
>>161
また、差別じゃ被害者意識でものを云う。何でタブーじゃ、前提条件を
付けるんか?前提条件を付けて、人の意見を抹殺するんは、東国共産主義
思想か。地域の優劣?わしゃは地域の特性を云うたんじゃが。
妄想的空想的なファンタジーな才能を持つ東北人は詩人に向くんじゃ
ないか。啄木みたいに。安藤昌益の思想は理想主義であり現実的ではないと
思うんじゃけどね。

167 :205:2006/06/20(火) 00:03:34 ID:2+h4EQxc0
>>164
やれやれ、また同じ言を繰り返すんは関東人の特徴じゃのう。
狩猟騎兵という概念を勝手につける。内陸縄文人は採集民じゃ云うたのに。
高句麗は、信濃〜西関東ラインじゃろうに。中国でも辺境兵・異民族を兵
に多様しとる。封建制と云うのは、共産主義的解釈であるが、大陸に無い?
西アジアのイクター制はどうなるんか?
世界と比較して、ゆうたらええのに、未だに関東鎖国史観じゃ。
日本と世界は別々に分かれとるんか。
野生の馬?囲いの中で飼うとるのに可笑しなことを云う。農作物を馬が食う
のに、牧柵せんといけんじゃろ。
>>165
平型関の事は以前にも書いたのに同じ言を繰り返す関東人は、やっぱり
異民族じゃわい。平型関で、待ち伏せで苦戦し、輜重部隊が全滅したが、
戦闘で負けとらん。平型関自体突破しとる。それ以上に忻口鎮の戦闘の
方が苦戦した。中国側は平型関に限らず、上海・徐州・南寧戦を勝利したと
宣伝しとるが、上海戦を除いては、全て広島5Dがらみじゃ。逆に云うと
如何に前線で激闘したかが解ろう。

168 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 00:19:10 ID:MYT2TT300
>>167うし
はぁ?また大陸かよw
元が採集民だとか関係なし。馬が入ってきたのだって4世紀末〜5世紀だ。
生活習俗は変化するだろう。
富裕層(武士クラス)が馬を活かした狩猟を日常行なう。
この狩猟文化が、東国に色濃かったという事だ。西国なら九州。

河川や沼、半島や島状の土地。柵を設ける手間が省ける土地が馬(牛)牧になるだろう。

農作物?西日本人らしい発言w


それと、牛ちゃんよ。
苦し紛れの妄言吐いてないで素直に諦めるなら、ここから消えて上げるんだけどな?
どうするよw

169 :205:2006/06/20(火) 01:11:21 ID:Art0u7it0
>>168
また、誤魔化す。今度は富裕層と階級の問題か。
讃岐国の源大夫の狩猟・殺生の例はどうなるんか?
関東史観の西国蔑視を繰り返す。関東は農耕せんかったとでも?
関東人が狩猟民の影響が強いんか?ほいじゃあ食い物を残すな。
骨までしゃぶれ。貧乏くさいじゃ云わず、貝汁の貝も粗末にせず食え。
狩りや釣りに行っても捕った動物や魚は、捕れんかった人や仲間以外にも
平等に分けるんで。それが殺生した者の筋じゃ。
ほいで、何時も最後は虚勢を張るのう。

170 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:39:05 ID:7WB9cdtz0
>>167
平型関自体突破したといっても、中国軍ほとんどは逃げながら戦っていた
わけで。待ち伏せして相手に大打撃与えてまた逃げる。犠牲者とか比べても広島
負け戦だと思うけどな。大体戦闘は日本軍の圧勝だったけど、戦争は膠着して
ドロ沼化していたから日本が中国に勝ったとはいえんよ




171 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 01:58:18 ID:7WB9cdtz0
>>169
>関東史観の西国蔑視を繰り返す。

鏡を見て御覧なさい。西日本史観の東国蔑視を繰り返していたのは
どなたでしょう。あ、奴隷民の被害者意識ですか?失礼しました。





172 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 20:45:05 ID:P/sF/SXl0
>>163
>広島231聯隊の宜昌防御も常識では勝ち目が無かった訳で。じゃが、
最初から負けると思うた時点で勝負は負けじゃ。

なぜ常識では勝ち目が無かった広島師団が活躍したのか考えたことあるのかな?
実は宜昌作戦の広島師団ってとある疑惑が持ち上がってるのだが・・。





173 :205:2006/06/21(水) 23:06:44 ID:+bGwvHHL0
>>170
平型関で、中国軍が逃げながら戦う?待ち伏せしたのは正解じゃ。
第5師団の犠牲者数を提示してないが、犠牲者数の比較はどの資料からか?
戦争が膠着して泥沼化して日本軍が中国軍に勝ったとは云えんのは、
確かにそうであろう。
>>171
あいにく、西日本は東国と違い隷属縦社会でないので残念じゃのう。
>>172
昭和十九年の宜昌防御戦と昭和十五年の宜昌作戦を関連させとるが、
宜昌作戦の広島師団の疑惑とは?具体的に云え。

174 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 18:27:22 ID:DOf2AP/80
>205
ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

\               U         /
  \             U        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  −−− ‐   ノ           |
          /            ノ        −−−−
         /           ∠_
  −−   |    f\      ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ__ノー─-- 、_   )    − _
.        |  |            /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)




175 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 18:45:37 ID:c+VRJR/iO
広島師団を語るなら橘丸事件だけで充分

176 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 18:29:18 ID:J2/ea/GN0
205(笑)

177 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 23:25:55 ID:40ZQBYzc0
>>169
またそれかい。
説話の中での源大夫を嫌う思想が、殺生を忌み嫌った都人のものじゃないか。
ケガレ思想と結びついて、中世の京都が被差別身分の発祥地だろうし。

農耕か狩猟かで、きっちり別ける必要もないだろうに。
日頃から肥えた馬を養って、朝夕の狩猟&戦場で役立たせるには財力がいる。
だから在地領主(武士)クラスだろ。

>骨までしゃぶれ。
ハイハイ(w


ところで、広島師団てのは本当に最強なのか?
江上波夫スレたいへんだねっ

178 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 23:59:29 ID:40ZQBYzc0
収拾つかんな、あのスレ。
うしガンバw

179 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 00:27:57 ID:jzSS13rm0
牛ちゃん隷属縦社会てどんなのー?

東日本に住んでいるけどわかんなーい

180 :205:2006/06/25(日) 02:29:28 ID:IMRK7ixi0
>>177178179
殺生を嫌うたのは、畿内のみじゃのうて、>162の尾張の例も云うたん
じゃ。被差別身分化も網野善彦氏の云われる15世紀かは断定出来んが、
彼らがそれ以前は、隷属農民と違い自由民であったろう。
在地領主が土着民と言い切れん。人種的に奥州藤原氏が北方渡来系で
京都人に近かったように。広島師団が戦歴武勲から最強と称されても
可笑しいか?まあ北支戦線は、平型関、それ以上に忻口鎮は苦労した。
なにしろ辻政信氏の戦争じゃったし。辻氏の企画でマレー戦も含め
危機一髪じゃった。日本史板騎馬民族スレは、タイヘンじゃのうて
南方厨の無知は爆笑の連続で面白いよ。
ほいで、質問じゃが、関東では縦社会の影響で現在でも、お中元や
お歳暮でも、横の義理関係じゃのうて、上司に贈るんが多いんか?
上司に隷属しとる親方子型制度か?

181 :ただの通りすがり:2006/06/25(日) 03:01:57 ID:J1weEAxa0
奥州藤原の出自については他説ある。
「北方渡来系で京都人にちかかった」とは言い切れない。
むしろ、蝦夷の影響のほうが濃かったのではないかと推測される。
このことは、藤原清衡の父経清は安倍頼時の女婿であり、そして頼時の
祖父は蝦夷の酋長であったことをもってしても明らかであるといえよう。
あとは適当に調べてくれ・・・なんせ千年も前のことだから真実など解らない。

182 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 03:54:11 ID:ke82LiAy0
>>180
殺生を忌み嫌う『浄穢思想』が、畿内中心に西国に濃厚だったという事。
だけど都周辺の武士も殺生を行うし、尾張武士だって同様。
0か100かという問題ではない。
坂東の世界で、殺生は非難される対象ではない。この点、西国とは違う。
坂東武士は日頃から朝夕狩猟を行い、恒常化する戦場で武技を発達させていった。
畿内では嫌われる行為だがな。
縦型社会にもなるわな。

>奥州藤原氏が北方渡来系で京都人に近かったように。
奥州藤原氏は関東下野発祥。そこから都に進出して鎮守府将軍も輩出してる。
藤原兼光(足利,小山,平泉藤原祖)も鎮守府将軍。
坂東、都、それに>>181がいうように俘囚勢力とも関わりがあった。
で、京都人が北方渡来系?牛に乗ってきたの?w牛も倭にいないがな。

御歳暮ねぇ…昔の話じゃないのか?上司に隷属ってw
タテヨコタテヨコタテヨコタテヨコこだわりすぎでしょ。現代と当てはめて意味あるの?
農村とかでも、希薄になってそうなんだが。
西日本のヨコ型社会=農耕的要素の強さ…とも言えるんじゃないか。

183 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 10:50:05 ID:jzSS13rm0
205は団塊世代?考えがそれっぽい。上司に隷属って・・・ahahaha



184 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 11:16:35 ID:nb7fFHku0
205って馬鹿ですか?

185 :☆壹岐の華☆引付頭人 ◆EmwOgT22Z. :2006/06/25(日) 16:34:47 ID:l1ZQggXF0
俺からしてみると、郷土の英雄と言えば、昭和の第二次世界大戦
とかの頃ではなくて、元寇の頃だな。

186 :205:2006/06/25(日) 17:42:05 ID:eJbnHZJY0
>>181182
また、土着を強調する東国鎖国史観か。奥州藤原氏のそれは、
http://www.pref.iwate.jp/~hp0909/koto/koremade/jinrui/jinrui.htm
人類学的に、京都人とした方が妥当であろう。
『平家物語』斉藤実盛話を、妄信するとは脳天気じゃのう。まあ、西国人
よりも東国人は残酷じゃ。乞食や修行者を捕らえ射ち殺す。横社会は、
漁撈、狩猟、牧畜民的で縦社会は農耕民的と云えよう。東西日本でも、
沿岸部の漁民地帯の方が同地域の農耕地帯よりも階級性が少ない。
西日本は横社会は海人文化の影響。東日本の方が社会組織的には農耕民的、
長子相続等、朝鮮と共通項も多い。宗族制の発達から東国の方が(中華)
文明的とも云えよう。

187 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 20:13:10 ID:ke82LiAy0
>>186うし
奥州藤原氏の系譜まで捏造したいの。下野⇒都⇒平泉なのに。
最近の学者せんせにも大勢いるんだけどな>『平家物語』斉藤実盛話を参考。

都の武者も残忍な所業。スケール小さいだろうけど。
後鳥羽院はリンチ好き。虐めと差別は、都人の専売特許だもんねw

西国のどこが狩猟、牧畜民的なの?
牛を農業に使うのが好きだから?牛で狩猟できたら凄いねw

舟戦は得意だけど、馬乗るの下手>瀬戸内の武士

188 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 20:24:44 ID:cwhOUG9T0
205wwwwwwwwwwwwwwww

189 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 21:14:26 ID:jzSS13rm0
>>185
そこでも広島の武士が一番活躍したと言いそうだな奴はww

190 :ただの通りすがり:2006/06/25(日) 21:59:32 ID:ZJ9IXdTE0
なんだい、通りすがりでなんとなく書き込んだ
私まで東国鎖国史観ですか・・・正直悲しい。
人類学的にみてもはっきりしてないでしょう。
あくまでも推測の或を出ないのですから。
あなたは物事を決め付けすぎるきらいがあるようだ。

191 :205:2006/06/25(日) 23:44:02 ID:mfsGarWu0
>>187
人類学的考察も挙げたのに、まだ事実を認識せず、都合の悪い情報を
遮断し自分の妄想史観の殻に閉じこもる。系譜の捏造と逆切れする神経は
とうてい理解出来ん。学者という権威を利用してもしょうがない。
概ね多くの学者は専門分野以外は幼児に等しい知識しか持ち合わせず、
研究室で如何に自分の視野を狭くするかに熱心じゃし。関東人は何で
学者の権威で物を云うんか。学者が偉いと思う隷属思考か?
斉藤実盛は、本当に富士川合戦に参加したと思うんか?
無い話をあったように捏造する癖も関東流か?
『男衾三郎絵詞』の館門前の行為はどうか?犬追物の犬の変わりに
乞食・修行者を殺す行為が勇敢か?
西日本の村の代表を選挙で決めるのは、民主的で遊牧民のクリルタイの
代表者を選挙で決めるのと類似性もあるが、東日本農耕民は村の代表者は
世襲制をとるのと違いがあろう。
>>190
推測、物事を決め付けすぎ、人類学的に違う要素があるとされるんなら、
違うデータを挙げれば良いでしょう。現時点で奥州藤原氏は人種的に
東国人より京都人と判断すべき結論であると思いますけど。

192 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 23:49:10 ID:QKYbsj9F0
西日本が横社会?

関西を中心とした西日本の方が
「差別意識」が強いカンジがするけどな。

193 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:20:07 ID:6euJ1mLu0
>>191うし
奥州藤原のミイラだって俘囚の血が混じる基衡、秀衡は縄文的なごつい体なんだろ。
10世紀、坂東出身の軍事貴族が東北に進出してる。混血も進んだろう。
米に頼る畿内人の食生活。豊かだからでもあるけど。
全体的に関東は水田稲作に不向きな土地柄。平安期じゃなおさら。
下野から都に進出、弓馬での狩猟から離れ、体も華奢になるかもな。中央の血も入るし。

病のため魚を食す。あさましき羞ずべきふるまい>藤原定家
理想的な都の貴族の思想なんだが、魚でさえ忌む。どこが狩猟的?

実盛の発言を参考にしてる>中世史の専門家だけど?w
考古学で幅広い考察をする大坂出身の森浩一氏も、坂東と馬を強調してるが?

王権の氏姓制度なんて縦型社会だろうに。。。
西国は富裕層の階層分化が早く進んだ。その点も考慮だろ。

194 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:49:05 ID:YRQWJ/k/0
>>192
部落、在日、えた、ひにん、西のイメージあるよな

205なんて差別意識の塊だし、こういう奴多いのか西日本には

195 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:55:08 ID:6euJ1mLu0
男衾三郎で表現されるような荒れた坂東武士を生み出した原因が都にはないのか。
つか、坂東人の武力をこきつかって自力救済(無警察)状態に仕立て上げたのは
京都の貴族様だからねw

ところで広島師団は最強という証拠は?
東北が最強という話はどう?悪名高い九州も強いそうだが。
知識の無い俺には、何の事だか解らない話だけど。

じゃあまたねー

196 :205:2006/06/26(月) 01:14:12 ID:TEKOEaSI0
>>193
縄文系のごつい体とは何か?縄文系は歯が弥生系と比べ小さい。
肉食に向いてないとまで断言出来ん。奥州藤原氏において「基衛は
咀嚼器官の退化が進んだ結果、現代的特徴に近いこと、秀衛は、下顎骨は
頑丈だが歯の健康状態は悪かったようである。」と埴原氏は記される。
あんたの云う縄文系のごつい体とは、どのデータから判断したんか?
水田耕作が西日本で全体的に普及しておったか。雑穀は西日本のアワと
東日本のヒエではないんか?
後世の藤原定家か?ほいじゃあ東北の安藤昌益の菜食思想は?
専門家に隷属しとるんか。まあそれは別として、森氏は、東国の馬文化を
高句麗系の影響が強いとされたはずじゃ。王権の氏姓制度と云うより、
西国は独立性を持ち、東国は王権の権威を重視したと云うことじゃろ。

197 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 01:32:34 ID:6euJ1mLu0
>>196うし
基衡、秀衡は猪首だとよ。秀衡は胸の厚いガッチリ型。
蝦夷の骨格は上半身が発達>おまいさんが嫌いな広島大の下向井氏『日本の歴史07』
安藤昌益って…時代違うし。江戸時代に弓馬狩猟はしませんw

例の江上スレの鳥居説を継承してるが、森説は初期(流入期)の騎馬文化だろ。
王権の権威から独立性持てたの。初耳だなw

ベッカムも糞つまらんことを。寝るぽ。

198 :205:2006/06/26(月) 01:35:28 ID:TEKOEaSI0
>>195
何で都のせいにするんの。辺境奴隷兵を使うのは、支配集団において
世界的に普遍的なことじゃし。
逆に広島師団より例えば東北の師団が同じ戦闘で活躍したと云う根拠は
あるんか?鈍重の東北が最強の訳あるまいに。東北兵が強さを発揮した
戦闘例は見つかったか?九州が悪名高かったんは反論出来んけど、
強弱は兎も角、九州兵は勇猛じゃったとは云える。
久留米や鹿児島の聯隊歌にあるよう命知らずの猛攻じゃし。
玉砕の念や散り際の潔さで、広島兵士の必勝の念とまた違う個性があった。
東北兵は、忠誠心と純朴さが長所かのう。

199 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 01:42:43 ID:OXx2aJQX0
自衛隊の軍用列車を走らせるべき。

200 :205:2006/06/26(月) 02:00:21 ID:TEKOEaSI0
>>197
縄文人の骨格も、沿岸部の上半身発達と内陸部の下半身発達と環境により、
違いがあったんじゃが。森氏の説は、東国は高句麗系の高原や山麓を
利用した牧で、河内の百済系馬飼育は川原や湿地を利用した牧。
初期と云うより重層的であろう。扶余や百済系の平地を利用した形態が、
満洲の馬文化に近いと思える。王権の権威も、筑紫の盤井の乱等、西国は
バラバラで東日本奴隷兵の王権の権威に服従する忠誠心を利用したとは
云えるけどね。西国が君姓が多く東国が直姓が多い違いもあろう。

201 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 13:33:51 ID:YRQWJ/k/0
>>198
だったら何で東北か九州の師団が日本最強と称されたんだろ?

東北は仙台師団の奇襲成功で、九州は久留米師団の勇猛さからかな

202 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 20:35:26 ID:mchxKncU0
関東・東北・九州はそれなりに評判はある。
ただいずれにせよ広島師団の評判なんぞあまりない訳です。
戦果があったはずなのになぜ評判がないのか・・。
これにはやはり訳があって調べ上げると色々わかってしました。


203 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 23:00:06 ID:JwntMI0i0
もしかして華僑を虐殺したとかそんな話?

204 :205:2006/06/28(水) 00:49:01 ID:O9d18rIy0
>>201
東北、九州の兵団は、それぞれ勇猛、忠誠素朴と云う日本人好みと云う
面で人気が高かった訳で戦歴、実績とは関係ない。
>>202
関東兵団の評判とは何か?聞いたこともない。前スレの268、894でも
広島第5師団浜田第21聯隊兵士と宇都宮51師団兵士とは明らかに違う。
896でも書いたが「およそ長途の行軍において体力を消耗し尽した
部隊とは想像だに出来ず」
「貴隊の行動こそ将に大隊長以下全員を以て之を立証したるものにして
我が師団の範とするに足りる」浜田聯隊について中野英光、宇都宮
51D長は、「君等の部隊は実に羨ましい。」と。
また、宇都宮51D高崎115聯隊(黒岩隊)の敵に対する苦戦に、
浜田21聯隊の沖中尉は、黒岩隊の戦闘指揮を指導し敵の猛攻を殲滅した。
島根県浜田の歴戦の部隊と実戦に乏しい北関東部隊と違いがあるが、兵士の
レベルが違うよ。関東師団のそれなりの評判とは、誰が云うたんか?
>>203
華僑粛清の問題も、前スレ813、816に書いとるよ。

205 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 23:45:07 ID:5tNKY4v80
>>198>>200うし
世界と日本の軍事制度が違う。律令に国衙軍制と畿内王権は地方頼り。
兵士が奴隷と言うなら、日本中奴隷だらけになるぞw

森説は高句麗から信濃へ馬を伝えた集団が、関東へ及んだと言ってるんじゃないのか。
それは五世紀前後、つまり初期だ。
畿内は馬の産地じゃないし、東国と較べるのは無理。
『西船東馬』とは森氏の言葉。

摂津、河内など畿内は農業の優等地。相模など関東は、水田耕作に向かない。
盤井じゃ辺境すぎる。九州嫌いなくせにw

結局、広島師団が最強という証拠もないようだね、、

206 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 00:17:02 ID:adVR9liM0
地域ナショナリズムに陥っている人に何言っても無駄

うしがもし東日本産なら平気で西を貶めるし、広島最強なんてきっといわない
要するに自分と関係の深いもの、身近なものだけ褒め称え自分も凄いんだと、
優れているんだと無理矢理思い込ませ現実を直視しない人種。




207 :205:2006/07/01(土) 00:23:43 ID:muV8dU9s0
仙台13Dの激闘も挙げとこう。
http://www.kokusaipress.info/tomiyama1.htm
の、大別山系へ展開する日本軍【一等兵の武勇伝】に、仙台13D会津若松
65聯隊(白虎聯隊)の激闘、外島一等兵の活躍。
極限状態は、人格や常識を超えた行為もしばしば生起すること、
弱兵とされた一兵士が膠着状態の日支両軍の勝敗を決する要因をも作った。
ちなみに、両角会津若松65聯隊長は、後に広島39Dの歩兵団長。
宜昌で苦戦した仙台13Dと警備交代。両角歩兵団長は、
「広島の部隊を連れていて戦争に負ける奴があるか。」と云われた。
武漢は、どの部隊も激闘しており、前スレにも書いた27Dの激闘、
他に姫路10Dと名古屋3Dの競争や、熊本6Dと弟の台湾旅団波田支隊の
苦闘、活躍等様々な戦闘が出ておる。
まさに、敵が苦しいときは、味方も苦しい。と云える戦闘例であろう。

208 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 01:26:07 ID:JJ0TmJWM0
名古屋もなかなかだぞ
672年の壬申の乱では尾張兵二万人貢献しておる 
おっとスレ違いか




209 :廣島・もみじ民:2006/07/01(土) 02:30:31 ID:XPPLPEn40
>>205206
205を獲るなや。名前変えるよ。
まだ、世界と日本が違うと云う独善思想に洗脳されとるんか。
こがいな独善思想が、先の大戦で我が国を・・・前にもあんたにゆうたか。
森氏の説は、『対談 古代文化の謎をめぐって』社会思想社。P101
参考。東国が西国より馬文化があるんなら、馬の毛色の種類、馬の年齢別
呼び名が豊富でないとおかしい。モンゴル人のように細かく区分されとる
んか?馬文化も世界と比較せず、妄想を繰り返す。相模は漁民系じゃし、
渡来系が三浦半島等早くから進出しとった場所じゃないか。
西日本でも米を主食に出来る時代はかなり後世になるど。
九州嫌いじゃ、人を定義付けすな。広島師団が強かったんは、戦歴、実績で
明らかなことで、関東奴隷民弱兵とは違う。地域ナショナリズムに陥っと
るんは、東国人の方じゃ。人種的にも、文化的にも西国人に征服された
劣等感が非現実的閉鎖的土着優先的独善思考を生み、ファンタジーな妄想を
夢見とる。わし自身凄いと云うた事はないど。わりゃ勝手に作んなや。
また、途中寝てしもうたわい。

210 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 03:20:55 ID:TCIg2JT10
>>209廣島・もみじ民w
>世界と日本が違うと云う独善思想に洗脳されとるんか。
独善思想もなにも事実だし。
律令軍制、国衙軍制どちらも中央集権的じゃない。見かけで騙されてるだけ。
苦しくなるとモンゴルと比較する癖があるね。

【駅馬価格】
陸奥467束、常陸・下野417束、信濃・出羽400束、近江250束、他の畿内200束

三浦半島行った事ある?鎌倉、逗子、横須賀とか両側海に挟まれてるけど
勾配のキツイ丘陵地でもある。
佐原義連など、こういう場所で馬で狩猟を行い、又魚も食ったり。
横浜の本牧も、馬牧の牧だろう。

別に西国人に征服されてねーし、ゆるやかな文化の受容だろ。極めて通説。

東北の兵隊⇒粘り強く守備に強い。最強部類。仙台師団とか。
↑もみじ流だと間違ってるの?

211 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 09:52:57 ID:adVR9liM0
>>209
人種的にも、文化的にも西国人に征服された
劣等感が非現実的閉鎖的土着優先的独善思考を生み、ファンタジーな妄想を
夢見とる。わりゃ勝手に作んなや

お前こそ勝手に決めんなw大昔はどうだったか知らんけど、今劣等感持っている
奴どこにいるよ?つか本とか読んだだけでその時代完全に熟知した言い方やめろw

こがいな独善思想が、先の大戦で我が国を・・・

お前がいればなんとかなったのかwww



212 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 13:05:36 ID:1yg7BoQ00
>>207
そもそも宜昌では仙台師団が苦戦しようがしまいが広島師団とは交代するシナリオに
なっていました。

213 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 13:11:49 ID:bJE2jjM40
>>203
宜昌での広島師団の件・・・205とやらが発言してる内容と実態が異なる
ことが調べたら明らかになってしまった。そのうちここでも出ると思うw

それと広島師団は全然強くないよ。
弱かったので激戦が予想されるメインの戦闘に出してもらえなケースばかりだから。
仙台師団の方が全然優秀で上
205とやらは野球で言えば代打の押し出しのフォアボールで点に貢献したような打者と一緒である
広島師団をやたら持ち上げている。


214 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 14:29:37 ID:adVR9liM0
読みにくいけど師団戦記
ttp://www13.plala.or.jp/gunreibu/shidansenkitop.html




215 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 15:02:00 ID:TCIg2JT10
古豪かぁ、なるほど。
広島第五師団は広島商レベルってことね・・・。

216 :廣島・もみじ民:2006/07/01(土) 22:16:09 ID:HmFXvM7g0
>>210
関東史観のどこか事実なんか?モンゴルと比較するのは、馬文化流入複合
文化要素を考察するのは当然のことじゃ。三浦半島にも行った事があるが、
何か。モンゴルや華北のような乾燥地帯じゃない。それが馬文化の
根拠か?関東の官牧も後世廃れたのも、馬文化が元来乏しかった
故であろう。武蔵国檜前(ひのくま)牧も、渡来系東漢氏の系統じゃ
ろうし。畿内の馬文化の影響を否定してもしょうがない。
北条氏や三浦氏は、漁撈民的要素が強かったろうね。
古墳期以降、東国でも、渡来型人骨が増えるのに文化受容か。通説じゃ
定説じゃ権威を利用してもしょうがない。関東史観者の意見じゃし。
また、東北兵が守備に強かった戦闘の実例を挙げず妄想する。実例を云わ
にゃあ。東北兵には逆に守備に弱かった例はあっても、成功実績がない。

217 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 22:21:35 ID:jtPhJRnk0
>>216
防御戦の意味を最初から勉強してから出直しな。

218 :廣島・もみじ民:2006/07/01(土) 22:47:37 ID:HmFXvM7g0
>>211212213
ヒステリックな反応に、いちいち答えてもしょうがないが、
宜昌の広島師団の件で、わしの言と内容が違うとは、どの部分か?
あい変わらず、抽象的に罵倒するだけで、具体的な内容が無く、同じ言を
繰り返し、そのうちここでも出ると言を濁す。風が悪い思わんのかのう。
ほいで、広島師団について根拠のない罵倒、負け惜しみの連続じゃ。
そういうところが、かって関東人の奴隷主であった越後人に対する劣等感
じゃろう。仙台師団は越後兵も多いし。関東人が仙台師団を強いと評価する
のも、歴史的な奴隷根性から来とるんじゃろうね。

219 :廣島・もみじ民:2006/07/01(土) 22:58:46 ID:HmFXvM7g0
>>211212213
ヒステリックな反応に、いちいち答えてもしょうがないが、
宜昌の広島師団の件で、わしの言と内容が違うとは、どの部分か?
あい変わらず、抽象的に罵倒するだけで、具体的な内容が無く、同じ言を
繰り返し、そのうちここでも出ると言を濁す。風が悪い思わんのかのう。
ほいで、広島師団について根拠のない罵倒、負け惜しみの連続じゃ。
そういうところが、かって関東人の奴隷主であった越後人に対する劣等感
じゃろう。仙台師団は越後兵も多いし。関東人が仙台師団を強いと評価する
のも、歴史的な奴隷根性から来とるんじゃろうね。

220 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/01(土) 23:40:47 ID:adVR9liM0
>>218
>広島師団について根拠のない罵倒、
お前のせい

>負け惜しみの連続じゃ
勝手に思ってろ

>かって関東人の奴隷主であった越後人に対する劣等感
じゃろう。
だ〜か〜ら〜そんな昔のこと劣等感持っている奴いねえよw
大体それが本当かどうかも怪しいし、日本の長い歴史の中で
ずっと越後が関東より優位だったわけじゃないだろ!

日本はアメリカに戦争負けたけど、もみじくんはアメリカ人に対して
いちいちコンプレックスでも持つんですか?

韓国人では日中韓の歴史を家族に例えて、中国が親、韓国が兄、日本が弟
という人もいるそうですが、それ聞いてハア?とか思わない?

あんたの関東人がコンプレックス云々も同レベル







221 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 00:03:46 ID:gjt5qun50
>もみじうし
今日のおまいさんがヒステリックな反応だね。
そんな電波飛ばしすぎじゃ、いつにも増して誰も信じねーしw

>>216
>関東の官牧も後世廃れた
馬鹿すぎ。牧は存在してる。
在地豪族に占拠されて、都に馬を送らなくなっただけ。

>武蔵国檜前牧も、渡来系東漢氏の系統じゃろうし。
檜前舎人部の伴造氏族だぞ。東漢氏関係ないし。何言ってるんだかw

>北条氏や三浦氏は、漁撈民的要素が強かったろうね。
遡れば、人間は猿の要素が強かっただろうね。

>通説じゃ定説じゃ権威を利用してもしょうがない。関東史観者の意見じゃし。
それだから自由な妄想が展開できるんだねw
近畿の学者の意見でもあるが?

222 :廣島・もみじ民:2006/07/02(日) 00:16:42 ID:5zUDDHZn0
>>219
は、ダブってしもうたわい。すまんことじゃ。
検索したら、嫌韓厨、嫌日厨の集うNAVER掲示板ミニタリーに、
東北兵と九州南部兵を根拠もなくマンセーするスレが出てきた。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pmilitary&nid=21114
に、東北と南九州は強く、大阪と東京は弱いと根拠なく罵倒した題名から、
東北マンセー連の、百姓出身は身体能力が高いじゃの妄想を述べとる。
中盤に土門周平氏の『陸軍大将・今村均』の引用から、広島師団兵隊の
素質や、広島師団兵士の武勲を述べた人が出て、最後は、大阪第8聯隊の
武勲まで挙げられ、東北兵マンセーは実例も挙げられず沈没しておるが、
このスレに来ておる人で、あちらに書いた方おるんかのう。
今村氏の言は、広島師団について「こんな比類のない戦歴を」以下が
抜けておるが、広島兵士の知的能力、粘り強さ、闘志を、戦後、広島を
訪れた今村均将軍も述べておられる。東北の兵隊が知的能力に劣るのは
しょうがない。戦闘に使う知能が、脳足りんじゃし。
今村氏は自身の郷里の愛情から昔東北兵が強かったと
されるが、遡り戦国時代においても、広島安芸兵より劣っておった
じゃろうね。

223 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 00:20:06 ID:FlfgyUoa0
要するに異民族の東夷は馬鹿っていうこと

224 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 00:42:14 ID:+JRncXwE0
いや東北がどう考えても上だろ 関東にも負けないと思う
俺の中では西は九州の一部ぐらいしか強い印象はない
やはり東の方が戦闘民族だと思う
口先だけじゃ生きてけない世界だよ


225 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 00:56:34 ID:WXMmSWxY0
>>222
遡り戦国時代においても、広島安芸兵より劣っておった
じゃろうね。

この根拠は?

今村という人が広島師団を評価するのは素直に受け止めて
東北の兵隊を強いといったのを、郷里の愛情からとか決して
認めようとしないの卑怯じゃね?

それなら郷土資料もアテにならないな


226 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 01:09:39 ID:gjt5qun50
>>216もみじうし
空気の乾燥した上野国の丘陵地は馬牧経営に適してる。
西国の水田耕作に牛は欠かせなかったろう。
畿内の馬については、馬牧を潰してるぐらいだからたかが知れてるわな。
【駅馬価格】
陸奥467束、常陸・下野417束、信濃・出羽400束、近江250束、他の畿内200束

そもそも越後武士が関東人の末裔多し。おまいさんは無視し続けるが。
ダブル主家殺しの長尾為景は、武蔵・上野武士に負けて越中まで逃げてるが。


大伴家持は、
「あづまのこは いでむかひ かへりみせずて いさみたる たけき軍卒」
と、東国(坂東)人の勇猛さを称えてるな。


広島師団=広島商で理解していいのかな?

227 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 01:17:06 ID:WXMmSWxY0
>>224
個人的には広島は暴走族やヤクザのイメージが強い。
そして何より広島弁が恐い。なんつーかヤクザ語に聞こえてしまう。

東北が関東より上は無いと思う。戊辰戦争でもボロ負けだし、でも九州
が強いと思うのには同意。つか俺の中では日本一屈強な人が多いイメージがある



228 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 01:43:19 ID:+JRncXwE0
関東 東北 九州は強い

229 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 09:29:42 ID:vykpM/lJ0
旧205こと広島もみじ民

やはりこいつは差別史観の持ち主でしたね。
関東を奴隷民といったり東北を脳足りんと言ったり暴言にも余りありますなあ。
普通に考えてDQN臭の強い広島の方がはるかに頭が悪いイメージがあるんだが。
広島は歴史の表舞台にほとんど登場せず部隊の評判すらないのにね。
広島がいつもスタメンをはれなかった物悲しさから来る嫉妬ですか?

→野球で言えば代打、そして自ら玉に当たりに行ったデッドボールで押し出しで点に貢献したような打者
と一緒である広島師団





230 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 11:02:43 ID:WXMmSWxY0
又、出身地により部隊の個性が表れ、北海道の兵は特に精強だったという。
次いで東北や九州地方


当たり前だが、人物評価は人によって違う。1つの資料を読ん
だだけでは、その人物の裏の部分は分からない。特に自著伝は話
半分に読んだ方が良い。何故なら自分に都合の悪い話は、書かな
いのが普通だから。

 「私が〜を指示した結果、一万人の兵が死んだ」
 ……なんて絶対に書かない。

弁舌ばかり得意で、将兵を無駄死にさせた人物が、恥知らずにも自己正当化
の戦記を残したりしている。

・・・笑。おい怪しいぞ郷土資料w自分の部隊の自画自賛、大いに有り得るなw
そしてもみじうし、そういう人物の戦記を信じきっているお前が知能足らずの
脳足りんwそれと>>214はスルーかい?


ttp://kyoto.cool.ne.jp/nagato/icon_PW.html




231 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 22:22:54 ID:qk0Pl7CZ0
あづまをのこは いでむかひ かへりみせずて いさみたる たけき軍卒
額に箭(矢)は立つとも 背に箭(矢)は立てじ



>うし
近畿は批判しないのがおまいさんだが、これはどういう事?
数少ないネタを提供してみる。

「安部隊の者はあとまわし」(ラングーン兵站病院にて)
安部隊=京都第五十三師団

232 :廣島・もみじ民:2006/07/03(月) 00:04:57 ID:pWEzFYsU0
>>225
戦国時代においても、横社会の安芸兵と辺境奴隷兵とは違う云うこと
じゃが、そがいなことより、ほいじゃが、なんよう。わしを「卑怯」たあ、
どういうことなら。
「卑怯」云う言葉をマスコミやTVで安易に使うとるが、広島人いや
日本人にとって、こがん屈辱的な言葉はないど。人様に「卑怯」と
云われたら、生きとる意味がのうなる。わしゃあ、他人に目前で「卑怯者」
と云われたら、社会的制裁を受けても命を賭けるよ。
わしに喧嘩売る言はゆうな。わしが、人を馬鹿じゃ罵倒言葉を吐くんと
違う。日本人の尊厳として、絶対云うちゃあいけん言葉がある。他人に
「卑怯」云う言葉を使うたら、親や先祖の顔に泥を塗ることになる。
「卑怯」云われたら、命を賭す人間もえっとおる。
そこらを考えてくれんか。こっちも冷静に書こう思うたら時間を要するよ。

233 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 00:27:14 ID:ir3esciV0
>もみじうし
奴隷民ならいいのか?
辺境奴隷兵>事実に反する捏造。

一人で相手するのも大変でしょうw血圧に気をつけて、ゆっくり書きなされ。

234 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 00:44:26 ID:wD4mymps0
何か言ったか卑怯モンw
他地域を貶めた発言するお前は良くて、自分は貶めた発言受けたくありませんてかw
卑怯モンの鏡だなwwお前の発言で憤慨している人どれくらいいると思ってるんだ?
俺だって目前で奴隷民、脳タリン言われたらお前と同じ行動取るかもな

まず、自分がなぜ多くの人に批判されるかよく考えろ。つかお前は人に馬鹿という
ほど賢い人間ではない。自分でバカと気づいてない真性バカ、そしてそれを指摘
されても直そうとしない救いようの無いバカ。

まあボロクソ言わせてもらったけどさ、貶められる原因は自分にもあるって
事よーく考えてくれ。人を見下したりするとそれは自分に返ってくる。
この期に及んで、まだ無反省ぶりの相手を一方的に悪としたレスしてきたら
本物の卑怯者だぞ。

それとさ、人によって感じ方は違うんだから卑怯者より奴隷民、脳たりん
といわれた方が屈辱的に感じる人もいることを覚えとけよ

235 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 01:41:27 ID:wD4mymps0
人に認めてもらう為にはまず相手を認めなきゃな。うし君や広島師団が
このスレで散々罵倒されるのは嫉妬でもコンプレックスでもなくてそれが
全くなってないから。広島師団には同情するが・・・

うしちゃんは「北風と太陽」て知ってる?君は典型的北風だよね
この話の北風は君をモデルにしたのって思ったよ
ttp://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10035/tales/world/sun/sun01.html

236 :廣島・もみじ民:2006/07/03(月) 01:46:11 ID:pWEzFYsU0
何なら、わしと会うてみるか。われが、お前と同じ行動がとれるん
云うんなら。まあ、わしの前じゃあ、つまらんかばちたれさせんよ。
ほいで、多くの人にわしが批判されると、他人様を巻き込む時点で、
一人で立ち向かう根性のない弱虫で勝負に負けとるじゃないか。
奴隷根性は、捨て難いと見える。糞ビッタレが虚勢を張んなやのう。
人と闘う能力がないけえ、「卑怯」云う言葉を甘う見とるんじゃろう。
善悪の問題にすり替え、辺境地域が奴隷民じゃったことを隠蔽したいんか。
大伴家持も、東国奴隷兵を徴発者であった訳じゃし。

237 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:12:31 ID:wD4mymps0
お前が周りを敵にまわしているだけだろw
いつ俺が他人様巻き込んだよ?自分の言いたい事言っただけだ。
卑怯者だと思ったから卑怯者だと言っただけだ。
自分で生きる価値ないと思ったら勝手にしろやw

会うってどこで会うんだ?俺は広島遠いから行きたくねえよw
地元宮城だ。来たけりゃ勝手にこい

238 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:17:19 ID:uUS0Wz5O0
奴隷という言葉がよくないんじゃないの?
足に鉄球つけてるようなイメージがあるし(笑)
辺境言うても、そこに住んでる人にとってはそうでもないと思ってるだろうから。
いや、都びとから見たらそりゃ辺境でしょうけど、貴方が広島に対して誇りがあるように
辺境民にもそれなりの誇りがあるでしょう。奴隷ではなくて大和朝廷従属民とすれば
まだ語感も和らぐのではないかと。私は「卑怯」よりも「脳タリン」「鈍重」のほうが
堪えますけどね・・・日中戦争で死んだ親戚の爺さんが「脳タリン」呼ばわりされるのは
不憫でなりません。

239 :廣島・もみじ民:2006/07/03(月) 02:27:17 ID:GSA2f1jO0
さてと、だいぶ気分もおちついたところで、
>>226
群馬県がステップ気候でもあるまいに。関東の馬飼育の伝統が現在に受け
継がれて無いのは、馬文化に乏しい(全国的に)と云うことじゃ。
何れにしても、関東人は越後兵に売買されたことは否定出来まい。
奴隷兵を称えるのは、世界的に普遍なこと。真に受けてもしょうがない。
一点を取りに行く野球、精神野球は、広島師団の進取、必勝の精神と
共通項なんかも知れん。同じ広島人がやることは。野球人といえば、
広島5Dに入隊した、阪神の藤村富美男氏のエピソードがあった。
http://hanshin-tigers104.com/93A191BA957894FC926A/w83478373835C815B8368
に、様々なエピソードが出ておる。広島5Dが勇猛な師団とするのは、
中国軍から恐れられたゆえであろう。まあ、勇猛なイメージは、九州、
四国、中国地方の兵で、東北等の雪国兵は勇猛と云い難く特質が違う。
大阪師団の弁護をしとくが、中国軍も大阪や東京の兵は弱いと思い、
自信を持って攻勢に出た部分はある。じゃが大阪師団の兵の活躍も
視られる戦闘もあり、実績も乏しく無く、一概に言い切れん。



240 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:35:09 ID:wD4mymps0
血圧高め、腰痛、コンプレックス、重度のストレス持ち、卑怯というと怒る
じーさん長生きしたけりゃもう来ない方いいんでない?


241 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:38:27 ID:6qCYFHOD0
全てにおいてそれはまじありえねー

242 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:43:03 ID:6qCYFHOD0
西国マンセーには疲れた

243 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:59:03 ID:wD4mymps0
だれかさんの所属するナントカ門
活動内容

ワシらって凄いよねー
じゃよねー

強い武士いっぱいたじゃよねー
じゃよねー

日本一の部隊あったんじゃよねー
じゃよねー

やっぱわしらってすごいじゃよねー
じゃよねー


〜終了〜





244 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 07:52:54 ID:wD4mymps0
上の文が訳分からない人へ

ヒント:>>140から読んでいけばすぐわかります

245 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 21:37:42 ID:afhNuTMw0
代打の押し出しフォアボールで一点って広島師団にぴったりな表現ですね。

246 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 21:50:47 ID:EaoJ7PiF0
>>232
>>236
ほお〜、そこまで覚悟があるならここで君の素性でも明かしたらどう?
もちろん君の自由意思だけど。
自らの研究する勝手な差別史観に基づいて友軍を貶めてまで自らの好きな存在を
持ち上げようとした卑怯な奴がどんな人間なのか興味があるねえ〜。

247 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 23:16:08 ID:Bufg8+/S0
>>239もみじうし
乾燥した気候の群馬と馬牧>森浩一氏(同志社大学)

農耕馬としてたが、近世〜近代にも馬との関わりは深かったが?
西日本は農耕牛。否定しようの無い事実。

下総の幕府の馬牧は明治に耕地化されてる。
 白井市
ttp://city.shiroi.chiba.jp/html/tanjo-kiseki-index.html#a-02


>一点を取りに行く野球、精神野球
古っw
関西(岡山)、宇部商(山口)に劣るわけだ。

やっぱり近畿、大坂の師団は擁護するんだね。

248 :廣島・もみじ民:2006/07/04(火) 01:21:38 ID:7z3VDxx+0
>>246
人の素性以前に、あんたは、Sageで云うとるだけじゃないか。
あんた自身の覚悟はどうか。覚悟があるんなら、人様にわしが悪いと云い、
自らの正当性を他人に強調したい後半の文は不要じゃ。結局他人に頼る。
宮城県は、弱虫が多い県じゃのう。なるほど、仙台師団が弱かった
わけじゃ。日本人として「卑怯」と云う言葉の重さも知らん。まあ、
大和民族じゃないんでしょうがない。ドンゴリの血は争えん。
奴隷民の弱さを、おどれ自身が表現したいようじゃ。
>>247
あんた自身が、本気で群馬が乾燥地帯に属すと考えとるんか?
農耕馬では、馬文化が乏しいと思わんか。牧畜形態になってこその馬文化。
『今昔物語』巻三十一でも安倍頼義が、胡国(沿海州?北海道?)で
騎馬の一群に出合った話から、東北にも騎馬文化の比重が少なかったと
視るべきであろう。沿海州やオホーツク文化人も騎馬より、海洋、船文化の
比重が強い。湿潤地帯で馬文化は乏しいと云えよう。

249 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 01:34:45 ID:xj3c8ARQ0
じゃあ来いよ宮城県に
先に会おうかっつったのはだれだ?

250 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 01:37:16 ID:FUX3shyH0
農耕馬=関東武士が概ね帰農した近世以降の話なんだが?
上州名物からっ風。
弓馬の戦闘はイリョウの生習・・・
西舟東馬。
水田率高し。摂津、河内、近江。牛は欠かせぬ。

安倍隊(京都)は弱過ぎて、病院からウザがられたという。

251 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 01:50:02 ID:xj3c8ARQ0
ところでさー仙台師団が弱かったってどんな根拠?
調べてみると強かったんじゃないかと思うわけだが。これは贔屓ではなく
正直な感想。あと、ドンゴリはたしかに恥ずかしいが戊辰戦争史とか読んだら
なかなかおもしろかったな

252 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 02:26:29 ID:xj3c8ARQ0
>>232
絶対云うちゃあいけん言葉がある。他人に
「卑怯」云う言葉を使うたら、親や先祖の顔に泥を塗ることになる。

ここで疑問。卑怯と言われているのはあんたであって親や先祖を指して
るわけではない。親や先祖の顔に泥を塗っているのは卑怯と指摘される人格
を持つ自分自身ではないのか?

もみじうしの場合は先祖に対し直接奴隷民なんて侮辱するからな。
まあ卑怯者で人間的に下の下なのはもうわかっているけどな

253 :廣島・もみじ民:2006/07/04(火) 02:32:55 ID:I47w5g9h0
>>249
つまらん、またSageとるじゃないか。宮城県の何処か云えいや。
弱虫さんよ。
>>250
農耕馬が、近世以降と云う根拠は?西船東馬と云うても、中国の南船北馬と
違うよ。華北は乾燥地帯で、牧畜も兼ねておる訳で。日本の春夏は稲作で、
秋期は麦作を兼ねる形態と同一視してもしょうがない。
安兵団(京都53D)が、ビルマで敵の猛攻に抵抗せず、久留米師団が、
敵の猛攻に反撃し後退しながら敵に打撃を与えたことか?
不合理な戦闘、無益な犠牲を出さんと云う特質が近畿兵団にあった訳で、
その近畿兵団も、衡陽攻略で武勲を立て、感状を貰っておるではないか。
じゃが、芷江作戦では、古参兵の入院と云う出動拒否で、参加した兵隊は
馬鹿にされた。負けると思う作戦参加を拒否しただけで、弱兵と断定
出来ん。合理主義が強い訳じゃ。ほいで東京師団の方はどうか。
関東軍チャハル軍として、2MBは張家口攻略で死傷者が三分の一に
達する苦戦をしとる。地政学的には北方遊牧民が通った、しかも背後から
中国軍を攻撃する有利な条件じゃなかったか。チャハル長城戦を正面で
激闘した広島5Dとは違う。まあ、同じ関東軍の仙台2D15MBは、
忻口鎮でも前線で闘わず、激闘せず、中国軍に勝ったと自慢しとる
ぐらいじゃし、それと較べると東京師団の方がましか。
関東兵団は、東京101Dも含め、中国軍から弱兵として、かなり馬鹿に
されたようじゃが。

254 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 03:47:05 ID:iUdlXVpe0
最強兵団ベスト3は
熊本、弘前、旭川でケテーイ。

255 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 09:57:34 ID:xj3c8ARQ0
>>253
仙台駅まで来れば迎えに行きますよ^^
あんたが口だけ人間でない事信じているよw

廣島・卑怯民どんな顔なのか興味あるな



256 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 20:10:00 ID:MniE0C3A0
>>248
下げ上げなんぞ関係ないだろ?それに俺じゃなくてオマエの事を聞いてるんだよ。
オマエが卑怯者じゃないならここでもちろんここで素性くらい明かせるだろうなあって事だよ。
ま、どうせオマエは口だけで何も出来ない奴と一緒
やはり広島の人間ってそういう人間多いのか?君みたいなね。

257 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 20:15:18 ID:kYnrfINL0
>>248
ほお〜、とうとう差別史観に毒された腐った性根を完全に暴露しましたね。
卑怯者とはあんたみたいな広島人を指す言葉ですよ。



258 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:16:21 ID:1MsmBw5o0
>>253しゃもじうし
>農耕馬が、近世以降と云う根拠は?
そんな事言ってないけど??近世の村落レベル、軍事用途が無くなった段階の話。
>日本の春夏は稲作
相模なんて田んぼ自体が少ない。
>中国の南船北馬と違うよ。
日本の東西を比較してるのに、何で中国が関係するの?言い訳に苦しいからかい?
それこそ、『卑怯』なやり方だろうにw


・数少ないネタ提供。
【またも負けたか八連隊(大阪)、それでは勲章九連隊(京都)】
日露戦争で、出征の度に惨敗した事から、関西の兵隊を揶揄したものだそうだね。

東京も弱いと言われてたが、
【第一師団、フィリピンのレイテ島にて】
日本の最強部隊ではないか>米軍

259 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:50:46 ID:xj3c8ARQ0
>>258
きっと敗者を称えるのは当然だと返されます
宇都宮14師団のときもそうでした

260 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 23:09:28 ID:iUdlXVpe0
>>258
>東京も弱いと言われてたが、
>第一師団、フィリピンのレイテ島にて】
大戦初期からフィリピンに常駐していたからだろ。
どちらかと言えば、お留守番部隊。

強い師団と言えば、屯田兵の伝統を持つ旭川の第7師団、
奉天会戦を戦い抜いた熊本の第6師団、ガダルカナル・ビルマと戦った
仙台の第2師団は精強だろう。


261 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 00:17:31 ID:SfLlhL+t0
>>255256257
自ら名乗らず、人の素性を出さして、わしゃあ出さんじゃ話にならん。
「宮城・ドンゴリ県民」とでも名乗ったらどうかいのう。
奴隷根性にはあきれるわい。
>>258
相模の水田、稲毛・小田中・井田等の郷は稲作と関係深い。
他国の例を出すと、自分の無知をごまかし、他人に転化し「訳に苦しい」
じゃ云う。何で東日本の人間は、無知を指摘すると虚勢を張って、
罵倒するんか?ほんま関東・東北人は憐れな生き物じゃわい。
後半は、ネタにもならんよ。日露戦争で出兵の度と云うのも可笑しいが、
奉天一番乗りを果たした大阪兵団が惨敗した事とはどの戦闘例か?
実例を挙げえや。
>>260
旭川師団は、武勲に乏しいよ。奉天会戦で熊本師団は第4軍でそれほど
活躍しとるか?むしろ熊本6Dは遼陽で多くの犠牲を出しながら激闘、
敢闘しとるんじゃないか。仙台2Dも、旭川と大差なく武勲に乏しい。
精強とは、ほど遠い。

262 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 00:46:40 ID:LJevw51E0
でも微妙に 東北>広島のような・・・

263 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 00:52:53 ID:nxren2nr0
>>262
戦闘実例や両地域兵団の戦歴、共に闘った戦闘から比較すれば
解ること。東北鈍重低脳兵団と比較されてもねえ。

264 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 01:16:27 ID:NpVCY2St0
戦争小説みたいな資料を根拠にされてもねぇ


265 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 01:27:27 ID:nxren2nr0
>>264
その通りで、東北兵団マンセーは、司馬遼太郎氏の坂の上の雲あたりを、
論拠としとるぐらいじゃろう。司馬氏の東北兵は奴隷兵に等しい言は
都合よう除いてのう。

266 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 01:46:18 ID:NpVCY2St0
で、あなたはどんな小説を読んでいるの?

267 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 02:00:32 ID:0vhv9clP0
>>266
どんな小説云うても、歴史物から推理物等、種類は様々じゃし一概に
云えん。大抵は、作家の意見を、そりゃ違う、馬鹿な妄想たれなじゃ、
かばちたれながら読んどるよ。

268 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 02:20:41 ID:rEiJsCPo0
>>261
日露戦争が基準かよ。
仙台は瀋陽会戦の夜襲で有名だろう。
師団級の夜襲の成功例として戦史でも大きく取り上げられている。
それを>仙台2Dも、旭川と大差なく武勲に乏しい。
というあたりが、平和主義教育に偏重した広島県民のレヴェルを表している。

269 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 02:58:52 ID:NpVCY2St0
余計なお世話かもしれないけど、人によって物事の捉え方、
考え方や感じ方は違う。間違っている、馬鹿だ!と決めつけるのではなく
こういう考えもあるんだなとか、視点を変えてみるとたしかに納得できるな
とか、人の意見を理解しようとする姿勢も大事だと思うよ。

でもまあ、自分の考え、信念貫いているあんたは正直凄いよ
問題発言多くて仕方ないがあれだけの批判、罵倒されても一歩も引かない姿勢は
とてつもない意思の強さを感じる。自分はバカにされている東北人だが、なんだか
感心してしまった

270 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 03:36:02 ID:yRtuqan/O
その広島を思う心
ぜひ終戦記念日に平和公園で演説していただきたい

271 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 20:52:21 ID:7qy9EJKl0
>>261うし
>相模の水田、稲毛・小田中・井田等の郷は稲作と関係深い。
もしかして稲毛庄(現川崎市)の事か?相模じゃないしw
国全体で田より畑が多い。つまり、農業生産性が低い事を言ってるんだがな。
武蔵国でも同様だが。

>他国の例を出すと、自分の無知をごまかし
広島と近畿に都合よく解釈するusi妄想を棚に上げてるのは誰かな?
日本の古代・中世の軍事制度は、中国大陸と違うのにな。日本は地方に力があった。

後半のは、持ってる本『県民性』(祖父江孝男著)に出てる話。
詳しい事は知らない。
久留米18、熊本6、仙台13、弘前21、旭川7、金沢など評判が高かったそうだ。

272 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 22:58:49 ID:f6vy3U4Y0
>>268
仙台2Dの夜襲について、わしが日下公人氏の引用じゃが>85に
書いたんを読んだんか。命令違反であったが仙台2D兵が、たまたま
撃ち返したらうまくいった、と云うことじゃろう。
更に日下氏は[真面目に夜襲をやらなかった兵隊の少なくなかったらしい。
だから、生き残った兵隊は、「あの時はひどいものだった。もうあんなこと
は二度とやるものではない」と、公刊戦史とは別の話を語って聞かせる
ことになる。これが裏水脈というか、地下水脈の情報だ。
夜襲というのはせいぜい100人くらいで行うものだが、それを万単位の
師団全体で行ったというのは確かに偉大なことだが、細部までが発表どうり
ではないのである。しかし、時代が下るとそんなことを話す人もなく
なって、ただ『陸軍公刊戦史』だけが残る。そうして建前の話が真実として
受け止められていく。日露戦争の教訓は、結局そういうことになった。]
とされる。平和主義教育?が何で関係あるんかのう。仙台人の今村均将軍も
広島師団を「比類ない戦歴」と評価されとるじゃないか。

273 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 23:31:18 ID:f6vy3U4Y0
>>269
様々な視点から事物を解釈し、多面的に考察する方が誤りが少ないと思う
ことは同感であるが、戦闘実例も挙げず強いと自慰する人が多いんで、
指摘せざるえんよ。全ての東北人を馬鹿にしたことは無いよ。
今村将軍のように、立派な方もおられた訳で。しかもわしは、兵士の質は、
社会的歴史的要因が強いと云うとるんで、封建制の強い風土の東北兵の
「命令を出したら解除を忘れぬこと」という特徴と、広島部隊の、細かい
命令、指示をまたず戦闘行動出来る能力との違い。それを今村均氏は
「広島の兵隊は気がきいていてズルくさい」とされる。東北の兵や、
日本の辺境地帯の兵は気がきかず、敵兵との戦闘駆け引きも巧みでない、
戦闘における知力に乏しいと思えると考えられるが。
東北辺境兵のような命令通りに解釈する兵を有能とするか、
広島のように、封建制の薄い独立心を持った兵を有能とするか、
指揮官の見解でも様々であろう。少なくとも各兵士が小単位に孤立する
防御戦では、封建制隷属制が強い辺境兵より、広島師団のように、
各個人が判断力を持った兵士から構成される方が良いと思う。

274 :廣島・もみじ民:2006/07/05(水) 23:57:55 ID:f6vy3U4Y0
>>271
農業生産性が低い?ほんまか?どういう根拠からか?平安期の
気候温暖化で関東は人口増加傾向にあったんじゃないか。相模野台地は
畑作が多かったろうが、関東低地では、弥生期から稲作をしとった。
軍事制度は各地域より時代に似てないか。中国でも唐代より宋代の方が、
各豪族から兵士を構成するんは、日本の鎌倉幕府の封建制と類似する。
西洋や西アジアの領主地方土地支配制度の封建制と地域の個性よりも、
時代による社会制度の変容要素が大きい。西洋だけに類似性を求める
あたりが、西洋崇拝の関東奴隷根性が見え見えじゃ。
中公の祖父江氏の出鱈目『県民性』が根拠か?県民性もピントがズレとる。
ほいでねえ、弘前(金沢)21Dは、編成時に弘前であったが、補充兵は
金沢師管区で金沢師団と云うた方がええよ。詳しい事は知らんようじゃ。

275 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 07:14:36 ID:HE6LwLeJ0
>>274もみじうし
『武蔵国郡村誌』でも読むんだな。

276 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 19:34:29 ID:0UiNxbFo0
>>261
おい、口だけの広島の卑怯者、そして臆病者

さんざん挑発しといて結局自分は逃げるんだな?

ま、別にいいぞ、オマエの自由意志だからw
 

277 :廣島・もみじ民:2006/07/06(木) 22:54:32 ID:Ei/ykPGX0
>>276
また、自ら口だけのドンゴリ振りを発揮させ、宮城県人は、
お前ら大和人と違うて、卑怯と言う言葉を屈辱的な言葉と思わん、
ヘタレ県民じゃと自慢したいようじゃ。
Sageで五里逃げとることも自慢したいらしい。
自分を大きゅう見せたい虚勢は、東日本人らしく、面白いが。

278 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 23:00:33 ID:qrCeFng50
>>277
口だけのオマエごときに言われたところで何とも思わないだろう。
卑怯者で臆病者だし超楽勝

279 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 23:14:36 ID:PEEdlA2Q0
広島て(笑)

280 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 23:19:31 ID:KHMRzg3P0
190 :暗 黒 麺 ◆MVHZL7fMt2 :2006/02/13(月) 00:33:30 ID:JUM70rr10
こんばんわっぱめし

暗黒麺の『トーホグ妄℃学園〜たぶん企画倒れ〜』第四回

≪ドン五里≫・・・以下コピペ

12日夜、酒井吉之丞(玄蕃)は仙台藩本営に今後の進撃について打ち合わせに訪ねたが、
物頭柴田中務が横柄な態度にて、角間川攻めは仙台藩が先鋒となって打ち破りたいので
了承願いたいといわれると、戦争は弱いがプライドは高く、また盟主でもあり大軍でもある
ので酒井玄蕃は承諾、しかし部下にはいつでも出撃できるよう準備をするように指示したと
され、仙台藩の戦いぶりを信頼していないことが伺われます。

 翌13日早朝、先陣の仙台藩兵が進撃を開始、銃砲声が響きわたるが間もなくすると本道
の仙台藩兵が敗走してくる。まさにドンゴリ状態で前夜の意気込みとは裏腹で庄内兵が仙台
兵を引き止めるとも、耳にも入れず、道を塞げば田んぼの畦道などに回り込みさらに逃げ
去る有様、流石の酒井玄蕃も怒りは隠せず、配下に戦況の物見にやると柴田中務は負傷、
辛うじて上遠野伊豆隊のみが庄内藩兵の援護にて踏みとどまっている状態、救援に赴いた
二番大隊の部隊長は当初、後詰の任にて仙台藩兵のお手並み拝見とばかり早めの昼食を
摂っていたが、間もなく仙台兵が大挙して続々と引き上げてくる。「何故引き上げるのか」と問
いに仙台兵は「弾薬が尽きた」とか、「昼飯が来ない」など言い訳をしながら撤退と伝えられ、直ぐ
撤退する仙台兵に構わず追走する秋田兵へ向かって横合いから銃撃を加える。


281 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 23:55:51 ID:KHMRzg3P0
東北の馬鹿代表といえばこの人です。

300 :暗 黒 麺 ◆MVHZL7fMt2 :2006/03/03(金) 00:03:48 ID:EJODtX2r0 ?
こんばんわかめざけ

暗黒麺の『トーホグ妄℃学園〜たぶん企画倒れ〜』第六回

『あいづっこ宣言』
http://2ch-dc.mine.nu/src/1141311138547.jpg

会津藩校日新館(だっけか?)の什の掟と言えば、会津士魂を顕した
有名なものであるが、今もその教えは会津に生きている。
街中のいたる所でこの看板をみかけた。


282 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 00:21:28 ID:XFIe7zKl0
>>281
続きが気になるww
いったい何回ぐらいまであるんだろう?

しかし、暗黒麺てどこの馬のホネだよwwww

283 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 00:35:00 ID:H4csKXEt0
広島のもみじとやらに差別ネタで応酬してない時点で偉いね。関東・東北人
その気になればいくらでも言えるのに。

284 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 01:11:43 ID:VPxZngXm0
>>277
同じ日本に住んでいるんだから、多少の県民性の違いはあれど広島と宮城の人々
の優劣の違いなんてないだろ。


285 :廣島・もみじ民:2006/07/07(金) 01:38:57 ID:flRXKDQl0
>>278
超楽勝とは面白い。ろくに人と争うたこともないんじゃろう。われ自身が
口だけでない姿勢を見せりゃ、ええのにのう。Sageで逃げとるんは、
どっちかいのう。
>284
優劣の違いはないが、卑怯と云う言葉に重きを置かんところを見ると
県民性の違いは甚だしく、お互いに異民族とした方が良い。と思う。

286 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 01:54:20 ID:F5XlheIw0
>>285
ホラホラ、上げてやったぞ、広島の臆病者
上げ下げがどうかしたのか?このガキオヤジ。

人に偉そうに説教しといて自分は模範すら示せないオマエの「卑怯者」ぶりには頭が下がるね〜。

287 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 02:15:43 ID:VPxZngXm0
>>285
もみじ氏も奴隷人などと人を侮辱した発言あるから人の事どうこう言えんよ
自分で思うのは自由だが、自分の思い=広島人の総意とは思わないように。

それと、あんたは普段からこうなのか?だとしたら、周りとはいつも衝突
ばかりで避けられたりしないか?それともネットの中だけかな・・・



288 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 04:11:05 ID:vN6CeERh0
だってあんましリアルな事言っちゃうと広島氏はすごいへこんじゃって
立ち直れなくなる程繊細だから、そっとしといてやろう

289 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 20:10:10 ID:hlRORInE0
卑怯者の宝庫広島人

290 :廣島・もみじ民:2006/07/07(金) 22:17:52 ID:zF1IbH/z0
>>281
>今もその教えが会津に生きている。のであれば良いが、会津武士は、
西南戦争を復讐心で闘っておらんかったか。ひで、東日本、特に東北では、
村の親方級を除いた一般人に「躾」は要求されず、(まあ東北では
会津盆地や庄内盆地等は、食い口を減らす為8、9歳から12、3迄の
子供が関東平野へ売られ、最上っ子を売り歩くのは最上婆と呼ばれた
そうな。子供達を逃げんように珠数つなぎにして牛を追うように。)
東北庶民が道徳に希薄であるのは、>286〜289の下らん罵倒を
見れば理解出来る。「躾」を受けてないんじゃろうし。
特に>286は上げても自ら名乗っとらんし、卑怯と云う言葉に重みを
感じとらん。
>287のわしが周りと衝突?最低の不義理をせん限り広島では、
暮らして行けれるよ。わしみたいな者は、東日本じゃ、浮くんじゃろう。
西日本は対人関係で「義理」「恥」が重要じゃ。
「恥」も欠けると広島では、「風が悪い」と云われる。
「義理」「恥」や「もったいない」と云う、価値観も西日本的庶民も
含め持つ価値観で、東日本では、社会上層部の一部か、わずかな人達しか
持っとらん価値観と云うべきか。西日本の価値観で云うてきたが、
奴隷民同然の、専制地帯、異民族の東日本人に同じ日本国人として解る
じゃろう。と接して来たんは、わしの愚かなところじゃ。と反省するよ。

291 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 23:55:24 ID:VPxZngXm0
あんたが一般的な西日本人?本当にこんなんばかりなの?
たしかに東日本人とはかけはなれているな。

292 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 23:56:31 ID:ckQ/mzZF0
>>290
いや、オマエみたいな人間を見て罵倒するのはもはや正しいと思うよw


293 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:00:00 ID:szP2rFky0
ID

294 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:05:28 ID:4e1m0N610
苦し紛れに勝手に西日本VS東日本にしようとするあたりも卑怯者らしい。

そして不幸だった歴史の一面を差別的価値観に基づいて揶揄する
ところは>>290の腐った性悪な人間性が露骨に出ていますね。


295 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:09:05 ID:szP2rFky0
hlRORIn消えた。
広島人はヒロポン中毒。

296 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:09:15 ID:74TFW+PK0
>>290
掲示板で正々堂々と名乗れ云々言うならば
まずはオマエの素性を自ら明かしたほうがいいのでは?

297 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:12:22 ID:74TFW+PK0
>>290
西日本ではどうか知らんが君みたいな奴は東日本では隔離されると思う。

298 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:14:44 ID:Bstf9one0
関東、東北よりもみじの地方の方が部落とか多くて差別や奴隷民という
言葉がピッタリなイメージあるが?
そんな劣悪な環境にいたせいで、差別精神溢れる奴になってしまったんだろう。
それか、自分が差別される側の人間で恨みつらみを東の人間にぶつけることで
自我を保っているのかい

>>290
オマエこそどういう躾受けた?選民思想か?

299 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:20:20 ID:oJAAkVYS0
どうやら西日本まで巻き込んで救援を呼ぼうって腹も臆病者らしいね。
残念だけど広島はおろか西日本まで罵倒しようとは思わない。
やろうと思えばいくらでも出来るけどやらない。まともな連中に申し訳無いし。

東北って日本では犯罪が少ない平和な地域の部類だろう。
躾は厳しい地域だと思うけどね。

300 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 00:51:00 ID:QCSMCRQE0
内容を一通り読ませてもらった仙台市民だが、戦時中の兵力云々の前に
人として言っていい事と悪いことの区別がつかない人間の意見・主張に関して
理解しようとは思わない。自分の書き込みを読み返して恥ずかしくならないか?
ま、ここはお国自慢板だけどな(笑)

301 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:00:22 ID:eYG5CnyX0
そうだよな。お国板にこんなスレを建てた時点でこうなる運命かもね。
まあ広島もみじ民みたいに親の躾がなってないような人間にだけはなりたくないね。
こちらは広島や西日本の差別ネタはいくらでもあるのに使ってない。
やはり言って良い事と悪い事の区別がつかない低道徳な西と対照的な東の風土との違い
なんて反論すれば広島もみじ民と同類になるのでこれも言わない。
そもそも地域差別という概念が東にはほとんどないんだよね。



302 :廣島・もみじ民:2006/07/08(土) 01:01:16 ID:F03X1N860
>>291
異民族なので、仕方ない。
>>298
東日本は、民衆の大部分が従属下人であり、民衆は奴隷に等しいんじゃが。
被差別民以前の問題で、飢饉で社会的弱者を間引きした社会に西日本を
批判されてもねえ。自地域の民衆を救済せえ。山形、庄内の本間家や
秋田の平野家は莫大な財産を持っておったろう。方や食人し飢えた民衆が
おった訳じゃし。
>>299
>やろうと思えば云う虚勢はどうでもええわい。
「躾」が厳しい地域であると思うんじゃったら実例を挙げいや。
人を臆病者と罵倒する者に、どがいな「躾」があったんかいのう。
北朝鮮が犯罪の少ない平和な地域の部類だろうとするんと大差ない。
専制的東日本を、民主的西日本と同列に語るなや。

303 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:08:29 ID:eYG5CnyX0
>>302
それと貧乏だった頃の悲惨な記録を東北だけに押し付けるのも卑怯者の戦法ですね。
西日本にも間引きどころか赤ちゃんを堀に捨てていた記録が結構ありますね。
しかも比較的豊かだった大阪あたりのもあるようです。



304 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:13:44 ID:+DMv7kkh0
しかも秋田や庄内って酷い飢饉とは無縁の地域じゃなかった?
東北まで拡大して語るからこうなる。

305 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:30:20 ID:nfZTnMeo0
口だけで義理だの人情だの恥だの言って粋がってカッコつけてるだけの
ロクでなしよりは遥かにマシだろうね。

これが典型的西日本人か知らんが東日本では罵倒され
後ろ指さされるような人間に間違いはないよ。

306 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 01:41:59 ID:Bstf9one0
>>302
今の時代のこと話したつもりだったんだけど。
部落問題て今でも深刻なんだろもみじさんよ?俺の住んでいるとこじゃ考え
られないよ。もみじさんのレス拝見させてもらったけど、上司にお歳暮=上司に
隷属には笑わせてもらったわ

>「躾」が厳しい地域であると思うんじゃったら実例を挙げいや
そんな事いうんなら

>東北庶民が道徳に希薄であるのは286〜289の下らん罵倒を
見れば理解出来る。「躾」を受けてないんじゃろうし。
オマエも「実例」挙げてみろや



307 :廣島・もみじ民:2006/07/08(土) 02:06:51 ID:F03X1N860
>>303
西日本にも間引きが多かった地域はあるよ。じゃが安芸は浄土真宗の影響か
間引きはようせん。
>>304
秋田は、佐竹氏時代、大飢饉9年、飢饉21年、大凶作4回、凶作32回、
洪水被害40年以下略として被害は多い。秋田の横手では、労働力に
山地の者が多く、山地人を山内者と呼んで軽蔑しとったんじゃないんか。
すぐに隠蔽、捏造したいのも、旧石器捏造と同じ東北人の習性?
東北人の立場に立った、古書を事実の如きとする電波系のサイトであるが、
奴隷根性云々や、被害者意識の内容もあって面白かったんじゃが、
http://www2.odn.ne.jp/~caj52560/nebuta.htm
で、奴隷性は東日本のことじゃと思うが、最後は東北出身指導者に
期待されとるようじゃ。

308 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 04:34:03 ID:yIxdio2T0
東日本=OB型
西日本=AC型

309 :日音 黒 麦面 ◆MVHZL7fMt2 :2006/07/08(土) 04:44:50 ID:rAzKwhQ50 ?
僕ちんのシリーズものが、勝手に貼られてる・・・。

揚げ足とるのは嫌だが、庄内は盆地じゃない。
いつの間にか、ネガチブキャンペーンスレになっとるのう。

310 :日音 黒 麦面 ◆MVHZL7fMt2 :2006/07/08(土) 05:51:48 ID:rAzKwhQ50 ?
ついでだから・・・

天保飢饉の節、庄内藩は、領内から一人の餓死者も出さず(ホントかなあw)
逆に、秋田、最上等、他藩からの避難民に対し、お救い米を供出したらしい。
これで、藩の米蔵は殆んど空になったそうな。

最後に、本間様は「一応」庄内藩士です。(四、五百石取りだったか・・な)

311 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 12:15:06 ID:Bstf9one0
>>307
奴隷性は東日本のことじゃと思うが、

日本人全体がというふうにもとれた。
アメリカ人はそう見なしていたんだろ




312 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 12:58:58 ID:rwVsxLPf0
>>307
その秋田の飢饉、東北以外で起きたものと大差ないじゃないの。
いい加減にしろこの捏造野朗

313 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 16:57:50 ID:9A4fznY60
臆病者・卑怯者・恣意的捏造



広島もみじ民こと旧・205は三冠王ですな

314 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 19:57:33 ID:aHuWy/SW0
>>302うし
>東日本は、民衆の大部分が従属下人であり、民衆は奴隷に等しいんじゃが。

出鱈目。古い学説だろうw
ついでに…酒田の本間家ってのは、酒田において新興勢力の部類。

315 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 20:26:26 ID:/Yaz9Uzv0
広島の奴、不幸な歴史をダシにした挙句、嘘までつくなんて最低の卑怯者ですね。
見損なった。

でも特に関東や東北の人、差別ネタを使った報復に広島の差別ネタを使ってはいかんぞ。



316 :廣島・もみじ民:2006/07/09(日) 00:48:30 ID:6TH9bhPx0
>>309310
わしの間違えで、庄内盆地じゃのて新庄盆地と訂正しとくよ。
子供奴隷を殊数つなぎにして売り歩く最上婆のこと。
本間家が、家格を貰うたことじゃのうて、地主層であったことじゃ。
>>311
そう読み取れるかどうかは、あなたの自由じゃが、大雑把に東西日本は
社会制度に違いがあったと云うことです。
>>314
ほいじゃあ、新しい学説とは何か?東国隷属小作民と西国契約小作民とは
違うよ。しかも間引きを当然の如くやった東国社会は理解出来んけどね。
http://www.tatsuru.com/jibutsu/html/text.15.html
の最後の文に、安芸広島門徒が「間引き」をせず、人口が増え、海外移民が
多かった事が出ておるが、江戸期から広島は人口過剰で、技術で出稼ぎに
出た。美作や近畿地方まで移住した安芸の木挽や、安芸島諸部の漁師は、
網いれ網すき技術に巧みで、秋〜春北九州で捕鯨を行い、捕鯨業者の船を
借りて故郷に戻る。クジラの肉で栄養が足りるので、支給される米四合から
イモやムギを買って食べた。節約した稼ぎで米一俵が島の生活の晴れの日に
特別に食べられる。江戸期に安芸沿岸部で米がいつも食えるほど裕福でない
が、安芸山間部の人達は、山村で食えんようになると沿岸部に移ったので、
山間部より裕福じゃった。契約による出稼ぎと東国に多い隷属労働との違い
はあろう。

317 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 01:20:36 ID:XIK7RsHj0
>>316広商うし
(古い学説⇒近世初期は多数の隷属農民)
近世初期でも、小規模ながら自立した小農民が基本。
西国ほどじゃないが、階層分化も進んでいたという事だ。
伝統的な土豪勢力が近世を通じて君臨してたケースもあるが(例えば秩父,多摩とか)、

近世、村落内勢力の浮き沈みは激しい。横浜市域,さいたま市域とか。
単純に隷属小作民とか言える問題じゃない。
寛文頃とかには、隷属的な百姓もそれぞれ自立してるわけだし。

関東の山村にだって養蚕がある。石高以上に裕福な百姓たち。
横浜発展と上州富裕農民(養蚕)。

関東の小百姓⇒大都市江戸に出稼ぎ。
西相模限定なら小田原出て武家奉公とか。

酒田の本間家は、徐々に土地を集積して肥大化していった家。

318 :廣島・もみじ民:2006/07/09(日) 02:17:50 ID:6TH9bhPx0
>>317
あのねえ、わしゃあ、広商出身じゃないんじゃけど。
東国で最も階級分化が進んだんは、南関東沿岸部じゃろうね。
元和・寛永年間の紀州沿岸漁民(和泉漁民も含め)の安房や上総に
移住。更に以前、戦国時代北条早雲が、紀州の乱波を呼びよせたことから、
南関東は西国の影響も強い。(南関東沿岸部は弥生期から渡来人が移住した
地じゃし。)関東は、無宿者も出て、都市に流入したわけじゃし、裕福とは
云えまい。江戸という経済基盤があったんで、東北ほど悲惨でなかった
ろう。養蚕ねえ。安芸広島じゃあ、養蚕は敬遠されたし。
http://www.aki.or.jp/houmi/houmi0407.htm
にも、可愛そ過ぎるんで、養蚕をせんかったことが出とる。

319 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 02:47:59 ID:XIK7RsHj0
>>318しゃもじうし
なんか広商の古臭いイメージと重なったからさ。弱いと言ってるわけじゃないぞw
つ大阪桐蔭の中田。


度々出してくる「紀州の乱波」のネタ元は『北条五代記』でしょ。
それなら、北条旧臣の爺さん朝倉犬也の馬術に、徳川秀康&秀康家臣が驚いたという話もあるな。

乱波ごときで西国の影響と言われてもねw
北条(伊勢)氏の影響はあるだろうが、元々北関東は伝統的氏族が多く生き残ってる。

漁村はまた、身分格差が付き易いだろう。網元、網屋。
海洋技術に関しては、西船東馬だから仕方ない。

西国でも香川なんて貧農(小作人)が多かったんだろ。
薩摩と琉球の関係とか無視?
ことさら東国悲惨を強調されてもね・・・。

320 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 18:31:55 ID:Kdg8sQk60
広島のもんよ もうやめとけ
言えば言う程哀れに見えてくる
我々はお前らみたいに差別的な言動は発したくないんだよ
言いたいけど言わないでおいてやってるだけ すごい格好悪いから

321 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 18:35:41 ID:SZaTyvjv0
 広島市教委は今年から、広島に原爆が投下された8月6日を市立の全小中学校を対象とする「平和登校日」とすることを決めた。

 被爆60年の節目が過ぎ、風化が叫ばれるなか、原爆忌に児童・生徒が学校で被爆体験を聞き、平和学習の発表会を行うことで、
ヒロシマの思いを継承、核廃絶の大切さを学ぶ。

 市内の多くの学校ではこれまでも7月から9月にかけて校内での平和集会や慰霊祭などを行ってきたが、原爆忌が夏休み中のため、
登校させる学校は少なかった。

 市教委は、平和記念公園で開かれる平和記念式典など慰霊行事が集中する原爆忌に一緒に平和を考えることが、子どもたちの
意識向上につながると判断した。

 各校で準備を進めており、卒業生の被爆者から直接、体験談を聞いたり、証言を基にした音楽劇を上演したりするほか、原爆投下の
午前8時15分に黙とうする学校もある。今年は日曜日で地域行事と重なるため、全206校のうち約半数で前後の日にずらすという。

 長崎市教委は1971年度から8月9日を「全校登校日」にしている。

 広島市教委は「厳かな雰囲気に包まれる原爆忌に学ぶ意義は大きい。被爆者の思いを引き継いでもらい、風化に歯止めをかけたい」と
している。
    
(2006年7月9日7時1分 読売新聞)
8月6日は平和登校日、被爆風化させぬと広島の小中校 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060709i102.htm

322 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 18:47:37 ID:vAu2Y9VI0
広島は関西の田舎劣化コピーだから性悪の上に陰険だからなあ。スレ見てもあきらかに手加減されてるだろ。

323 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 21:28:32 ID:YoXIP/U90
廣島・もみじ民

原爆パワー(笑)

324 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 16:59:18 ID:YW0UyBKQ0
気候に恵まれない地域の貧しい事に伴う社会性を非難してどうするの。
西国でも一般的に行われていた間引きや人身売買を東北だけに押し付けられても
困るね。ほんと卑怯者らしい戦法ですなあ。

日本で間引きをやってなかったとされるのは富山と広島の特殊な地域
広島は浄土真宗の影響で間引きをしなかったとあるがこれも俗説の類でしょうなあ。
あったとしても表向きと違ってそんな理由じゃなくおそらく労働力でしょう。
そして広島でも間引きをやっている所ではやっている。

西国優先史観の捏造に騙されないようにしましょう。




325 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 18:06:22 ID:YW0UyBKQ0
ちなみに間引きをされてなかったとされるのは安芸門徒地域ね。
当然のように余った人間は皮肉な事にもみじ民風にいうと奴隷労働力となった訳だ。
明治期になると海外にまで難民を輸出するハメになった訳

そう考えると広島は誉められた社会ではなさそうですなあ〜。



326 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 18:16:37 ID:YW0UyBKQ0
間引きの記録は大阪・土佐・岡山・そして九州にも普通にある。
九州では五分の2を間引き、土佐では一男二女を限度とする風習があったとされている。
人口の多かった西国こそ関東・東北以上の間引き社会、奴隷労働社会だったのが実態でしょう。
気候が経済に直結していた東北は社会性を非難される筋合いがないのは尚更ですな。

まあ日本中が貧乏だったのにそれをネタに特定地域を非難する広島もみじ人の人間性が窺い知れる。
非常に性格が醜い



327 :廣島・もみじ民:2006/07/10(月) 22:55:02 ID:d6NjKpCO0
>>319
紀州乱波の遊撃戦法が戦術に拙劣な関東で有効じゃったと云うこと。
漁村が身分差が付き易い?東日本の漁村イメージで西日本を語るなや。
http://www.h3.dion.ne.jp/~kamuro/sub15.htm
の、五.漁民と島外出漁を支えた社会で、周防の沖家室漁民の例として、
「漁業が築いた平等で身分差の少ない自由闊達な社会の安定度、熟成度の
高さ、また進取性を伺えることができるのである。」とあるが、
同じ周防大島出身の宮本常一氏も、「東日本だと間引きが多いが、
西日本は比較的少なくて、しかも海岸部では生まれた子はほとんど育てた
のじゃないか。」「もっとも西日本でも、津山のあたりではずいぶん
間引いたとか、いろいろありますが。」「対馬ではあれだけ末子相続が
ありながら、生まれた子どもを穴に埋めるのだが、それをイモボナに埋める
と言う」と述べておられる。薩摩は、浄土真宗を弾圧し、「隠れ念仏」に
ならんと生きていけん。薩摩は儒教国家じゃった事も考慮すべし。

328 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 23:37:36 ID:H0mOqaVO0
訂正
北条旧臣の爺さん朝倉犬也の馬術に、徳川秀康&秀康家臣が驚いたという話

北条旧臣の爺さん朝倉犬也の馬術に、徳川秀康が驚いたという話

>>327うし
だって網元だった家は裕福じゃん。
戦術に稚拙なのはおまいさんの地元とか。

329 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 23:42:27 ID:H0mOqaVO0
『北条五代記』

秀忠卿仰せけるは、関東侍は馬上にて達者を働く由聞き及びぬ。さぞ強き馬を好みつらんと。
朝倉犬也承りて、関東の侍あながち強き馬を好まず。ただ自力にかないたる馬を
もっぱらに乗り候。
(略)
それ馬に乗りて遠路を行くは足を休めんため、軍中にて乗るは馬上にて弓・槍を用に立てんため
なるが故に、むかし関東にて戦場をいまだ踏まざる若き者は、広き野原へあまた伴い出でて、
敵味方と人数を分ち、旗をさし弓・槍・長刀おのれおのれが得手の道具を持ちて馬に乗り、
馬を試みんため鉄砲を鳴らし、矢叫びの声をあげて喚き叫ぶ時に、
勇んで進む馬あり、おくれて退り、驚きて横へきるる馬あり。
山へ乗上げ、岨の崖道を乗り、堀を飛ばせ、自由に働くようにと鍛錬いたし、先陣にぬきんで
駆引き達者にふるまい、勝利に得んことを専らにたしなみ候。
(略)
秀康卿聞こし召し、犬也も若き頃はさぞ馬鍛錬しつらん。昔の面影をそと学んで見せよかし
との仰せなり。
犬也承りて、愚老七十に及び馬上の振舞かない難く候。しかれども貴命辞し申すに
かえって恐れあり。御遊興にそといにしえを学んで御目んかけ候べしと、
(略)
馬も心あるにや後ろをしたい来るを、また打乗って一散に走らせ、槍を自由に使って
駆回るを秀忠卿御覧にあって目を驚ろかし、御感斜めならず。
犬也、お召しにてあるぞと呼びければ、馬を静め近く乗りよせ飛んで下り御前に候す。
(略)

330 :廣島・もみじ民:2006/07/11(火) 01:04:24 ID:vjLEI0LE0
>>328329
漁業形態で、漁民も農民的な価値観、支配秩序を体現してきた農民漁業
(組織的共同漁撈)と海への志向性の強い海民漁業(個人連体的共同漁撈)
とは違うよ。
瀬戸内の水軍の戦法では、地形・潮流・船の配置等、様々な要素を
総合的に判断せんと戦闘出来ん。戦術に稚拙なんは東国じゃ。
日本甲冑武具歴史研究会会長の笠間良彦氏も、「西のほうと東国で、
戦術に大きな差がついている。もうあれ以上進めた(信玄軍)としても
駄目だったでしょう。」とされる。秀吉も武田の軍法を田舎者の
合戦の仕方と評す(川角三郎左衛門)その秀吉も朝鮮征伐では、
朝鮮が、穀物を海路で運ぶ地域であることを無視し陸路を進むとは。
しかも、現地の海賊を仲間に加えんとは。これらを考えると前の時代の
倭寇より頭が悪いわい。所詮内陸思考の人じゃったんじゃろう。
兵力の動員には、優れておったけど。
騎兵の役割は、軽装騎兵の迂回、奇襲、斥候。重装騎兵は装甲車的
役割じゃ。>おのれが得意の武器を持ちて馬に乗り。これじゃあ騎兵の
組織運用が出来とらん訳じゃ。

331 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 22:15:36 ID:6lUEPMbZ0
>>330うし
次々に話題変えての罵倒。毎度おなじみ。┐(´д`)┌ヤレヤレ
じゃあ、漁村には身分階層がなかったと?瀬戸内にも網元(主)がいたが?
あくまで水軍の戦術だろ。瀬戸内は水軍の本場だからな。

マニアックな武具研究家の笠間良彦氏か〜。
あの人、西国武者の屁タレぶりをこれでもかと書き連ねてたなw
東国武士の西遷で、本物の弓馬術を安芸人に広めてやったわけだが。

西と東。鉄砲戦術には差があった。関東は遅れてたし、鉄砲流通の面でも不利。
小前田衆の足軽の半数が騎乗してる位だし、騎乗の割合は甲斐・越後より高い。

それでまた大陸と比較するわけか。
去勢してない暴れ馬じゃ仕方あるまい。

332 :廣島・もみじ民:2006/07/13(木) 00:53:28 ID:U6YAeiWf0
>>331
話題を変えとらんよ。漁業形態についても明解な答えを出さず、東日本の
独善的解釈にこだわっとる。瀬戸内水軍は、夜明けに出撃し、
かぎを敵船にかけて敵船に乗り込む等の小船で戦闘する技術、敵との
駆け引き戦術には、優れておったが、船自体を戦闘に活用する巨艦主義に
欠けておった。アジア大陸の水軍には対抗出来んし、別に誉めるべきこと
でない。
東国武士の本物の弓馬術とは、騎馬の運用法も知らん拙劣な戦闘のことか。
騎馬兵の役割は退却して敵の兵站を伸ばしきった処で包囲殲滅戦に
持ち込むことじゃろう。その実例を挙げて云えいいや。鉄砲戦術だけじゃ
のうて、遊撃戦や防御戦の技術も乏しかったんじゃろう。
馬文化と云う限り、東アジア、中央ユーラシアと比較せんと話にならんよ。
西国の西行に学んだ騎馬技術を、東国人が誇ってもしょうがない。
あんたの云う実戦も名乗りを挙げるローカルな私闘じゃし。戦術云々もない
のう。暴れ馬を制御出来んと騎兵の運用が出来んが、去勢以前に、
重装騎兵で、馬甲を着けんかったら、重装騎兵の役割もあったもんじゃ
ない。騎兵は最終決着を付ける戦闘でもないしのう。
どうも明治以降の関東兵団が、健脚に乏しい事を騎馬のせいにしとるのう。

333 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 00:55:03 ID:T9g6V8H60
最強は中日本じゃい!!

334 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 20:37:09 ID:9xqn7rPx0
>>332うし
とりあえず今日勝ったようだし、ちょっと古巣(野球総合)に戻るね。

まだ懲りずに西行とか言ってると、自コピペ貼っちゃうよw
重装騎兵=鈍重な坂上田村麻呂の桂甲とかな。

>騎馬兵の役割は退却して敵の兵站を伸ばしきった処で包囲殲滅戦に持ち込むことじゃろう。
時代によって違うだろ。三戦板のアンチ武田の馬鹿じゃあるまいしw

335 :廣島・もみじ民:2006/07/14(金) 00:20:49 ID:6PC5i7H90
>>334
どうせ、西行が儀礼的弓馬技術で、関東は実戦的弓馬技術と繰り返すん
じゃろう。
ほいで、鎧を付けた重装騎兵の役割は、軽装騎兵を守り、移動出来る
防御壁となる。馬甲をつけんと話にならん。武器は遠距離では長弓で、
突撃時には、長い鉾(矛・槍)を使用する。敵兵を錯乱させ、
機動力を持つ短弓の軽装騎兵と連係して使い分ける。
騎馬兵の役割が、時代によってどう変化したんか述べとらん。
騎馬戦闘は集団戦法に外ならん。西洋がフン・アヴァール・カヴァール
・モンゴル等、古代〜中世にかけて時代を問わず基本的に軽装騎兵の
同様な戦法で負けとる。まあ、西洋は基本的に農耕民で、海賊的要素を
含む地域であり、騎馬戦闘の活用が拙劣であったとも云えるんじゃが。

336 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 11:23:34 ID:BlogDO/D0
本に書いてある史料の羅列ばかりで、甚だつまらん。

337 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:41:10 ID:3yzszsvd0
『北条五代記』

(徳川)秀康卿仰せけるは、関東侍は馬上にて達者を働く由聞き及びぬ。さぞ強き馬を好みつらんと。
朝倉犬也(北条旧臣能登守景隆,相州浦郷=現横須賀)承りて、関東の侍あながち強き馬を好まず。
ただ自力にかないたる馬をもっぱらに乗り候。
(略)
それ馬に乗りて遠路を行くは足を休めんため、軍中にて乗るは馬上にて弓・槍を用に立てんため
なるが故に、むかし関東にて戦場をいまだ踏まざる若き者は、広き野原へあまた伴い出でて、
敵味方と人数を分ち、旗をさし弓・槍・長刀おのれおのれが得手の道具を持ちて馬に乗り、
馬を試みんため鉄砲を鳴らし、矢叫びの声をあげて喚き叫ぶ時に、
勇んで進む馬あり、おくれて退り、驚きて横へきるる馬あり。
山へ乗上げ、岨の崖道を乗り、堀を飛ばせ、自由に働くようにと鍛錬いたし、先陣にぬきんで
駆引き達者にふるまい、勝利に得んことを専らにたしなみ候。
(略)
秀康卿聞こし召し、犬也も若き頃はさぞ馬鍛錬しつらん。昔の面影をそと学んで見せよかし
との仰せなり。
犬也承りて、愚老七十に及び馬上の振舞かない難く候。しかれども貴命辞し申すに
かえって恐れあり。御遊興にそといにしえを学んで御目にかけ候べしと、
(略)
馬も心あるにや後ろをしたい来るを、また打乗って一散に走らせ、槍を自由に使って
駆回るを秀忠卿御覧にあって目を驚ろかし、御感斜めならず。
犬也、お召しにてあるぞと呼びければ、馬を静め近く乗りよせ飛んで下り御前に候す。
(略)

338 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:59:08 ID:3yzszsvd0
ずれっちまったw
今日は糞雨。うしじゃあね。

339 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:19:46 ID:nH8ijMOW0
>>335うし
雨雨雨雨・・・という事でレス返し。

>西行が儀礼的弓馬技術で、関東は実戦的弓馬技術
だってそうだし。それと西行のは弓馬じゃなくて流鏑馬の弓ね。コピペ貼ろうかw
都の流鏑馬は東北・関東・信濃の技術を取り入れ、それを礼容化させたものだろう。
特に信濃の影響があるかもしれない。一応、信濃からは細々と馬も送られてたし。

大鎧は馬上弓射用に出来てる鎧。
鎌倉以前(主に元寇以前)の日本の騎兵は弓射騎兵だよ。その時代の鉾は歩兵ね。

源為朝は弓の名人だが九州育ちのため、東国武士のように馬上での扱い馴れてなかった
とは、『吾妻鏡』大庭景能(相模武士)の有名な話。
『北条五代記』の「朝倉犬也弓馬に達者の条」にも引用されてる。

>>332
広島の漁村にも身分階層はあった。事実だし。
大規模な漁業を展開すれば、それだけ大きな舟や網が必要だろ。
それを持つ階層は当然、村役人クラスの富裕層になるんじゃないか?

340 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 21:36:34 ID:nH8ijMOW0
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1038476094/
この殺人鬼の村にも、集落の高台に財産家がいるじゃん。中国地方だけど?

津山30人殺し事件
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/tuyama.htm


こらへてつかぁさいオソロシス。。。

341 :廣島・もみじ民:2006/07/20(木) 00:51:08 ID:5uVevuRp0
>>339
また、同じ言の繰り返しかいのう。関東の実戦とは、豪族同士の私闘の事
じゃし、都の流鏑馬が東国の技術を取り入れた部分について、
かもしれない。じゃのうて具体的に云えいや。関東武士も「京都に馴れ
たる輩」にならんと弓馬技術は磨くことは出来んど。
大鎧が騎射の軽装備騎兵とどう関連するんか。重量から機動性を奪われ
機能せんよ。重装騎兵で騎乗の長弓、鉾戦とするには、馬甲も付けてと
らんけえ、馬を射抜かれたらどうしょうもない。大庭景能の騎乗では
短弓が良いと云うのは、アメリカ原住民が馬を利用するようになって、
長弓から短弓に移行したのと関連出来よう。長弓は、パルティアや鮮卑が
重装騎兵に活用したように、軽装弓馬戦のものでない。
広島の漁村の身分階層についても具体的な言がない。安芸のような島々が
重なりあって狭い漁場を求めて争うた地域における大規模な漁業とは何か?
>>340
>327で「もっとも西日本でも、津山のあたりではずいぶん間引いた
とか」と宮本常一氏の言を引用すると、早速反応して揚げ足をとるわい。
中国地方のなかでは、封建的な津山でも食人、拉致、人身売買の東北の
悲惨さと較べるたら、まだましじゃに。

342 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 05:19:52 ID:c7jDufgm0
廣島・もみじ民

コイツ何歳なの?

343 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:08:06 ID:rO8y0F2u0
>>341もみうし
また妄想。
m9(^Д^)プギャー
京都と関わらないと、正式な武士身分として認められないから。それだけの事。
九世紀段階最強の蝦夷騎兵は、京都なんて行ってねーしな。

漁村のは詳しく知らないが、『日本の近世8』P240〜を読んでみ。

344 :廣島・もみじ民:2006/07/21(金) 00:53:14 ID:tbLmb6CU0
>>343
鎌倉武士が、京都出仕者の優先された事や、平家の侍を介して都の卓越した
武芸を吸収せんといけんかった関東武士の騎乗技術の拙劣さを自慢したい
ようじゃのう。蝦夷騎兵が優れとるんなら蝦夷から学べば良いものを。
渡来系の東漢系坂上氏に降伏した蝦夷が最強?北海道の靺鞨系
オホーツク文化人と比較もしとらん。蝦夷も俘奴として都に奴隷として
売られたのに、京都に行っとらん?
『日本の近世8』の出版社や、その項の執筆者は誰かいの?
わしゃは、読んどらんよ。

345 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:19:03 ID:fmxfo/yA0
論破されて史板でもダンマリしてたのに、又妄想を繰り返すのかよ。
何が都の卓越した武芸だよ。流鏑馬しかないじゃんw
例えば『日本の歴史09』読め。

仕方ないな、コピペだ。

346 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 01:27:11 ID:fmxfo/yA0
【流鏑馬】
馬を真っすぐ走らせ、動かぬ的を射る。軽装。
動きとしては単純。当てれば良し、強弓も要求されない。
平坦な馬場だから足場も安心、天候もOK。
敵から反撃されない。
貴族や僧の娯楽も兼ねる。様式美が要求される。

・五味氏が述べる【東国武士団】
季節を問わず、昼夜の区別なく、悪所にも馬を踏み入れて合戦を行い
その日常は高度に訓練された戦士の生活であり、反面、西国の海戦には弱い。


『源平合戦と平家物語』上横手雅敬著(京都大)2001年

・平家物語の作者はネット裏で観戦している。どちらか一方をひいきにするのではなく、
源平の両方に公平な態度で書いていて、パッションがない。
・(歴史叙述の一形式である平家物語)確かにそこには史実が記されている。
しかし史実を記したといっても、平家物語は単なる記録ではなく、紛れもなく文学性を持っている。

・生まれながらに平家の御曹司として育った清盛は、保元・平治の乱を除けば、生涯を通じて
合戦らしい合戦を経験しなかった。
為朝は「清盛などがヘロヘロ矢」とあざ笑っているが(『保元物語』)、確かに一騎打ちでもすれば
坂東育ちの義朝にはかなわないだろう。
・合戦という事になれば、平氏は源氏に勝ち目はない。
平氏の率いる西国武士は、僧兵や山賊・海賊を相手にしてきた天朝の番犬であるのに対し、
源氏の基盤である東国では、合戦自体が目的であり日常茶飯事である。

347 :廣島・もみじ民:2006/07/21(金) 01:53:06 ID:tbLmb6CU0
>>345346
わしが誰に論破されたんか?論破されたんは、あんたじゃろう。
わしだけじゃのうて、東国独善史観を披露して山野野衾氏にもやられとった
じゃないか。ほいで、早速東国的独善鎖国史観を披露される。
上横手氏らの思い込みを発表しても、具体性に欠けとるけえ、意味がない。
関東の合戦とは、私闘のことじゃないか。何処が合戦なんか。
まあ如何に『平家物語』の実際に富士川で戦闘しとらん斉藤実盛の言が
戦闘に弱い後世の東国人を妄想に駆り立てたことか。

348 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 03:20:40 ID:wF+mjnJw0
つか何でコイツこんなに東に敵対心持つの?西の人間て東に対抗意識持つ
とは聞くけどコイツは異常。ハッキリいって気持ち悪い

349 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 04:49:36 ID:G0gaREL90
ヒント

西 A型が多い(気になる)
東 B型が多い(どうでもいい) らしい

350 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 20:27:53 ID:1QT3a3SM0
>>347
山野氏とここと何の関係があるっての?同じ広島人だから助けて貰いたいの?
m9(^Д^)バカジャネーノ

山野氏にやられたって何?そんな覚えないし、おまいさんと関係ねーし、
もみじ牛と述べてる内容が全然違う。
>>346の前半部は山野氏に対するレスでもあったが、結局反論来ないままスレ落ちたしな。

東国独善史観?
もみじうし広島独善史観じゃ、中世武士論研究者のほとんどがそうなるわなw
京大の上横手氏が東国史観になるのか?極めて公平な態度なんだが。

351 :廣島・もみじ民:2006/07/22(土) 00:11:07 ID:tVOkpnB40
>>350
山野野衾氏とは、会うたことが無いし、わしが、助けを求めた事も無いん
じゃに、こがいな文を書くところ、毎度論破されとる、あんた自身に
人に助けて貰いたい心があるんじゃないんか?記憶に御座いませんやら、
わしに関係無いやら、言い訳し結局レス落ちして助かったと云いたいんか?
>346の前半部の馬を真っすぐに走らせるのも、容易なことか?
かなりの訓練が必要じゃと思うが。まあ日本全体に云えるが、馬の口取りや
馬柄杓を使うた騎乗技術に拙劣な集団じゃ。東国武士の佐奈田与一が、馬の
暴走を制御出来ず敵側に単独突入し討ち取られたのも、東国に騎乗技術に
乏しかったことを表わしておるではないか。
わしが、広島独善史観とはねえ、中世武士研究者と学者の権威をあてに
したいん?多面的考察から自論を述べておらん専門学者を崇拝する
ところが、関東奴隷根性ではないんかのう。推測を極めて公平な態度とし、
具体的戦闘例は無しか。東国人は現実性に乏しくも空想力に豊かじゃのう。

352 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 00:44:32 ID:R+2MH1oi0
>>351
自分からわけわからん関係ないこと言い出して、何を好き勝手な事言ってんだか。
そりゃ違うわ。つか、どうでもいい。

うしが来やすいように、史板にコピペ貼って煽っといてやろうか。
それならここに来なくて済むし。

353 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 11:05:09 ID:m//00FBF0
>>351
自分は研究者になれないのに何言ってるんだコイツ
研究者に異論あるなら、自分の史観発表してみればいいのに。
もみじの記したした日本史読んでみたいよ

354 :廣島・もみじ民:2006/07/23(日) 00:26:34 ID:iq8HlTAN0
>>352353
史板に貼って煽る云うとるが、どこのスレなら?
研究者とは、日本史学者のことか?概ね視野の狭い、自分の専門以の
事物を知らん専門馬鹿が多いんじゃないか。研究室にこもって、学界の
閉鎖社会で世間を知らんもんが堂々と歴史を語りよる訳じゃ。
軍司令部の作戦室の、机上の作戦を弄び、前線を知らぬ参謀と似とるよ。
民族学者は、フィールドワークするので、現地民の生活や外と比較する
ことを知っておるだけ、真っ当な人の比率は高いんじゃなかろうか。
史観と云うんは、記録(文献)、考古学の出土品、民族学的考察、
地理的要素と様々なデータから総合的に構築するもんじゃないか。
その方が、事物の誤差も少なかろうに。わしの日本史の思惟方法は、
日本列島内の要素だけで考察する鎖国史観と違い、東洋史、世界史から、
列島内の地域文化領域まで、時代的、文化的同質性共通項や異質性を
考察したもんじゃ。じゃが、わしゃあ、馬鹿たれじゃけえ知識が無さ
過ぎることは反省する。じゃが視野の狭い専門馬鹿学者よりはましかのう。

355 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 00:47:05 ID:lHP8MeLV0
>>354うし
むかついたから言ってみただけで、何もしてないから。
探す必要も無いよ。

356 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 00:59:36 ID:6vizm7XW0
>>354
いやいや、そこまで調べるのは凄いよ。なかなか出来ん

357 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 19:20:06 ID:6mVIQCnd0
白馬青牛(笑)

戦国日本最強の国
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1152023682/

358 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 19:22:07 ID:6mVIQCnd0
戦国日本最強の国
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1152023682

359 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 22:31:05 ID:XQMcRRKT0
>>358
バカにされてるな(笑)

バカだから仕方ないけど

360 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/26(水) 22:48:01 ID:cszGSpBg0
白馬青牛(笑)

361 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 17:16:10 ID:EgM2zXhx0
まだ広島バカがいるんだねw

お前は広島県民の敵だよ。早く他県に行けアフォ。

362 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 22:41:42 ID:CcKadRF80
久しゅう来ちょらんかったんやけど、ここはなんも変わっちょらんようで安心したわw

363 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 02:58:30 ID:fGFS07EC0
初めて来たんやけど、ここはスレタイと話題が全然違うようでよう分からんわw

広島人がここでも人気モンゆうことだけは分かった

364 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 18:06:44 ID:aVyL/XlI0
広島人って・・・

365 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 20:38:01 ID:adtNS0xQ0
623 :大阪の軍隊は弱かった :2006/07/18(火) 21:27:50
大阪の軍隊は弱かった。って話が出てたけど…

それは事実なんだけど、前になんかテレビでやってた話によると
大阪は基本的に御上に従うのが苦手で、軍隊でさえもまるっきり統率力がなかった。
現実的な大阪人は戦争の勝敗よりも、自分達の家族の明日のゴハンこそが最大の関心事だった。

だそうだ。



629 :一番弱いのは奈良 :2006/07/19(水) 20:43:13
8連隊は大阪
9連隊は京都滋賀
10連隊は兵庫
もっとも一番弱いのは奈良だったらしいが

366 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 21:16:26 ID:6Zb568Ev0
当時の大阪人は弱いと思われていた方が得だと思って
あえて否定しなかったとか

367 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 19:07:20 ID:YlID0abw0
最近、うしちゃん見かけないな。
なんかさびしいw

368 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 18:43:09 ID:vlgNPXiK0
ほしゅ^^

369 :廣島・もみじ民:2006/08/17(木) 14:53:20 ID:WnIxqPR00
>>365
また、大阪師団を「おとぼけ師団」と貶す東北人か?

370 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 15:24:26 ID:YHoPgaqa0
>>369
また、大阪師団を貶すのは東北人だと決めつける広島人か?

今度戦争が起きたら、広島人だけの部隊で戦ってな。
無能な東北人は銃後で頑張るから。

371 :廣島・もみじ民:2006/08/19(土) 23:31:26 ID:UroGbCGZ0
>>370
大阪師団を貶すのは、大阪師団を「おとぼけ師団」とされた元仙台13Dの
関幸輔氏のように東北人が多いんじゃないか。
東北師団が大阪師団を貶すほどの武勲が豊富であれば良かったん
じゃろうが、そういう根拠も乏しいんじゃないか。じゃが、無能な
東北人とは云いきれん。前線の実戦における兵の強弱は別として東北人の
忠誠心は、軍から高く評価されとるんじゃないか。東北人が前線より
銃後の後方におる方が良いのは同意する。ほいで広島人の他県人に対する
感情を差別と捉えとるんかのう。
http://www.kt.rim.or.jp/~n-inoue/book/umiwo/umi-12.htm
の、ハワイ移民における 『同県意識と宗教所属』に、「出身地との
つながりは、優越感と差別意識に結びつくことがあった。広島県人に
あらずんば人にあらず、というような表現は優越感に関係する。
実際、結婚まで、広島県人は広島県人という意識をもった人も、
比較的最近までいたという。このような優越感に反発して、広島県人の
所属する浄土真宗には所属しないという他県人も出てきたのである。」
とされるが、広島人が同じ西日本人でも、岡山は宇喜田氏等秀吉に尻を
振る中国者の意識のない人達で、愛媛県の東部〜香川県に対しても
古老には軽蔑意識もある。愛媛西部は四国東部よりも真っ当な人が多いと
云う評価があるが、それらを差別心と誤解され混同されても困る。
地域の習慣や思惟方法にも違いがあり、逆に広島人が他県人と違うと云う
郷土意識が、戦闘における広島部隊の輝かしい武勲を重ねたと云える
訳じゃし。

372 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 08:15:59 ID:X+uBd5350
牛ちゃんの岡山嫌いは認識してたが、愛媛四国も嫌いだったのか。

373 :90:2006/08/20(日) 12:24:41 ID:6LFoO9zX0
まぁ、なんじゃ。またも負けたか第8連隊の俗謡についてはこういう説もある。

 【回答】
 旧陸軍歩兵第八聯隊は“負け戦を経験していない”精強な部隊であり、
またも負けたか8連隊の俗謡はまったく根拠がない.

 明治維新後、それまで藩が独自に持っていた軍隊は日本国の軍隊として再編成され、
師団の前身である「鎮台」が置かれるようになりました。大阪に鎮台が置かれたのは明治4年8月。
俗謡にうたわれた歩兵第8聯隊(以降、8連隊と表記)は、明治7年5月14日に編成を完結しています。
 当時、大阪鎮台以外の鎮台には士族出身者が多く定着していましたが、大阪鎮台には士族出身者は少なく、
町人・百姓出身者が大半を占めていました。

 創設間もない明治7年には「佐賀 の乱」に出動.
 明治10年に起こった西南戦争には、8連隊も動員されました。九州の各地を転戦し、
明治天皇から「勇戦劇闘ご嘉賞」の勅語を賜るほどの戦果を挙げています。
 ちなみにこれは全日本陸軍の歴史上空前絶後の快挙であって、
後年、軍司令官クラスが各部隊にしばしば授与した感状より遥かに価値の高いものです。

 にも関わらず、どうもこの頃あたりか ら「またも負けたか8連隊」の俗謡が、民間から伝わり始めていました。
連隊の将校をはじめ下士官・兵達は、俗謡の悪宣伝を消すために猛訓練に明け暮れたことが連隊史にも残っており、
その後第二次大戦の終戦に至るまでの戦歴をみても、部隊として戦闘に敗れたという記録はついに発見できないのです。

 唯一、負け戦とこじつけることのできる戦闘があったとすれば、後にも先にも西南戦争以外には見当たらないといわれています。
薩摩隼人が白刃をかざして斬り込んでくるのを目の当たりにしては、商人や町人出身の兵隊がたじろぐのは、むしろ当然ではないでしょうか。
当時九州・小倉に駐屯していた歩兵第14連隊、すなわち乃木希典が率いる部隊でさえ軍旗を奪われているほどなのです。
ことさら大阪の兵隊だけが「弱い」と非難される筋合いはないでしょう。
 結局「またも負けたか8連隊」の俗謡が発生した時期は、西南戦争の頃であっただろうと推測されるだけで、決め手となる確証は得られていません。

(おきらく軍事研究会)


374 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 17:36:51 ID:X+uBd5350
ネットの謎 なぜ広島人は方言で書き込むのか。

375 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 21:14:56 ID:tQfBYx220
兵の質は田舎なほどよしとすべし
http://yasai.2ch.net/army/kako/983/983759154.html

4 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2001/03/05(月) 12:35
またも負けたか大阪師団!

5 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2001/03/05(月) 12:41
>>4
臆病さゆえに、なかなか玉砕しないから有難いという参謀もいた。
大戦末期のお話しね。

376 :廣島・もみじ民:2006/08/21(月) 00:02:03 ID:VwU58Goh0
>>372
岡山嫌いじゃのうて、歴史的にもそうじゃが、習俗においても日蓮宗の
影響の強い岡山と異質性があり、愛媛県については、西部より東部に対し、
違和感を覚えると云うこと。
>>374
わしが方言で書いとるだけで、他の人達は知らんよ。

377 :廣島・もみじ民:2006/08/21(月) 00:27:36 ID:YOzs9LY20
>>375
武勲や戦歴から比較せず、辺境隷属奴隷兵ほど強いとはねえ、笑わす。
しかも具体的戦闘実例を挙げた者はおらん。妄言を繰り返す癖があると
見える。わしゃは、またしばらく不在となるけえ、えっと(沢山)
書かんが、東北対大阪の兵団合戦は、続くんかのう。封建制、
隷属性の強い、命令のみしか動けんで、臆病ゆえに思考停止の自暴自棄に
陥る鈍重東北兵より、兵隊の器用さや柔軟的思考、知力を持つ大阪兵に
一票入れとこうかのう。

378 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 07:48:41 ID:U85q6rcw0
再入院ですか。

379 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 02:10:45 ID:DGQQVsKq0
>>377
各師団の武勲や戦歴を詳しく掲載しているサイト教えて欲しいな。
自分でも探したりするんだが大抵、東北や九州が最強だったみたいなの
ばっかでな・・・。特にあんたが弱いとする東北が最強みたいに書かれてる
のが良くある。逆に広島師団はない。でも、あんたが嘘つきだと決め付けるのも
悪いから、広島師団最強!と納得できるような資料が見たい

380 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 10:46:53 ID:rVnBhXFh0
>>377
お前、性根から腐った奴だな。
辺境?言っちゃ悪いが、山陰を抱える中国地方の人間に言われたくないんだけど?
東北のGDPは約33兆9190億円で、中国のGDPは約28兆7518億円。
イメージだけでほざかないで、身の程をわきまえろや。
隷属?奴隷?誰が隷属して、誰が奴隷になったって?

>封建制、隷属性の強い、命令のみしか動けんで、
>臆病ゆえに思考停止の自暴自棄に陥る鈍重東北兵より

まずは実例を示してみろよ。
つか、お前は命令を聞かない軍隊がいい軍隊だとでも思っているのか?
広島の師団が強いか弱いかを語る気はないが、
本当に強かったら、なんで評判にならなかったのやら。

381 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 17:15:53 ID:TtSOVbFm0
270 名前: 名無し三等兵
広島第五師団の越智春海元陸軍大尉が「マレー戦記」で書いていたが
日中戦争当時から太平洋戦争にかけての当人の見聞として、大阪の部隊と
組むと必ず苦戦させられるのでどこの部隊も大阪の部隊と組むのは嫌がって
いたというな。
まぁ本人は大阪でも工兵部隊は頑張ってくれてマレー戦ではお世話になったと
フォローしてるが。
だいたい当時の人の感想はそういうのが多いんじゃない?
少なくとも大阪の部隊が勇猛果敢な精鋭で、他の部隊から頼りにされていた
というような話は聞いた事が無いし。

382 :廣島・もみじ民:2006/08/26(土) 01:54:54 ID:K7VSU+QI0
長文で書き込めんかったんで、最初から短くやり直す。
>>379
サイトで調べるより、公刊史や戦記を自分の足で調べられよ。
サイトで、東北の特に弘前師団が最強とするものは、最強といわれた
じゃの、最強をうたわれたじゃの他兵団と比較せず、自画自賛振りには
あきれる。また風評と武勲を立てた実績とは違うよ。弘前師団などは、
武勲に乏しく、黒溝台でも広島5Dの活躍無くして黒溝台攻略も無いのに。
広島5Dが、南支に在りながら、ノモンハンのおり、途中停戦となったが、
急遽満洲に派遣されたことからも、関東軍の精強とされた師団と違い、
戦闘力とそれを裏付ける武勲があったこと。関東軍で闘えるんなら、
南支にあった広島5Dに頼ることもあるまい。

383 :廣島・もみじ民:2006/08/26(土) 02:09:28 ID:K7VSU+QI0
>>380
戦前の農地改革以前の東北はどうなんか?イメージ以前に東北の名子制度に
ついてどう考えておるんか?あんたは、いっつも具体的に書かん。
仙台13Dの失態については、前スレにも書いとる。防御戦が、
細かい命令指示を待たず戦闘出来る能力が勝敗を左右することや、
軍隊の戦闘単位が小隊から分隊となり、下士官や古参兵の能力の比重が
重くなったことも。あんたの云う師団評判とは実例のない妄想のことか。
自慰が好きじゃのう。

384 :廣島・もみじ民:2006/08/26(土) 02:36:52 ID:K7VSU+QI0
>>381
マレー作戦当時、少尉であった広島5Dの越智春海氏が大阪の工兵部隊を
誉められたことや、中国戦線で、広島39D〜熊本58Dの森金千秋氏が、
衡陽攻略で軍感状を授与された大阪兵団を好評価されてのと違い、
元熊本58Dの川崎春彦氏は大阪の部隊は弱く、九州兵団が強かったと
される。最近光文社で文庫本にもなったか。川崎氏の著書は、
近畿兵団が活躍し、熊本兵団が多大な犠牲を払った衡陽攻略は都合が悪い
せいか書いておられん。そういえば、前スレで引用した伊藤桂一氏も、
広島70Dの戦闘は書かれても、広島39Dの戦闘は書いておられん。
まあ伊藤桂一氏は、東北兵団のファンなので、広島39Dの戦闘を書くと
仙台13Dの失態や、防御戦に弱かったことが明らかになるしね。
近畿地方の兵団が他部隊から信用されてなかったことは、その通りで
風評評価も低かったが、実際に大阪師団と共に戦闘した方の言と違う。

385 :堀江参謀:2006/08/28(月) 01:21:54 ID:iOAYOv7g0
歴代の第五師団長の名前を見ると、陸軍の綺羅星がズラッと並んでるよね。
昭和に入ってからだけでも寺内寿一、小磯国昭、板垣征四郎、今村均とか、
これだけ見ても、やっぱ第五師団って国軍の中でも特別な存在だったのがわかる。
戦局苛烈なる戦地に送られなかったのは、師団玉砕が国軍全体へ与える影響が大
きいとの判断によるものだと思う。(つまり出し惜しみ)
最後は病院船で移送中に終戦を向かえ、大半が生き残った強運な師団だよね。

386 :廣島・もみじ民:2006/08/28(月) 22:56:42 ID:KsBEMq/U0
>>385
師団単位では、出し惜しみと云えるが、ポートモスビレーで飢餓で
戦闘員を多く失った福山第41聯隊や、今村均司令官の命で
宇都宮第51Dに配属となった浜田第21聯隊の第3大隊も
ラエ・サラモラで苦労しておるので強運なとも云えんと思う。

387 : ◆pUs7fv/W/g :2006/09/09(土) 01:49:13 ID:JyAmG1HD0
>うし
とりあえず日本史板

388 :廣島・もみじ民:2006/09/10(日) 00:43:21 ID:yYxXWppo0
>>387
越後「蛇」に喰われ、奴隷化された歴史を持つ「蛙」君。
関東騎馬下手ロデオ君か。日本人は、騎馬も水軍の駄目と、
水野氏の言に同意すると結論を書いたのに。
やれやれ、また同じ主張ををせいか?たいぎ(大儀)なのう。

389 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 01:00:35 ID:sJdWbILi0
アメリカが戦争強過ぎるだけ

広島?強いの?
九州>東北>>>広島だろ

390 : ◆pUs7fv/W/g :2006/09/10(日) 22:26:27 ID:6K0ZxbHU0
>>388usi
妄想こらへてつかあさい
水野氏は西国の騎兵が一番ダメと言ってる。
こちらへ↓

坂東武者は本当に残忍だった?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1138247458/59-61

391 :廣島・もみじ民:2006/09/10(日) 23:35:19 ID:keZaYuB60
>>389
アメリカ軍の物量が圧倒しとった訳で、アメリカ兵が強いと云う訳では
ないが。広島師団より、九州や東北が強い云うんじゃったら、共に闘うた
戦闘実例から云ええばええのに。まあ実際広島師団と共に戦闘した
部隊で広島の部隊以上に実績を挙げた部隊はあったか?
マレー作戦でも、広島5Dが第25軍のエースで、九州の久留米18Dは、
脇役じゃが、しかも中央突破の広島5Dの作戦に協力もせず、
コタバル攻略の後、メルシン攻略で広島5Dに泣きつき、兵力の半数以上を
失っておった佐伯支隊がおとり役を引き受け、豪州8Dの注意をひく間、
久留米18Dの木庭(大村)聯隊が背面を襲いメルシンへ突入した。
久留米18Dは、広島5Dに前線をまかせ、また休息しよった。
南寧でも、熊本師団の兵員で構成された台湾旅団より前線で闘うておるし、
九州師団が広島師団より前線で闘うた戦闘が何処にあるんか。
何度も例に挙げた、仙台13D等、前線で弱かった鈍重な東北兵は、
比較以前に問題外じゃろう。また実例も無く、幼稚な妄言か。

392 :廣島・もみじ民:2006/09/11(月) 00:14:59 ID:bR+fwbpA0
>>390
水野祐氏は、日本古来の戦闘で、壬申の乱の河内の渡来系田辺氏
(東国ではない)の騎馬隊による奇襲作戦を、唯一の騎馬作戦と
されとるよ。奇襲攻撃もろくに出来ん、馬に乗らされとる
関東ロデオ武者は、北ユーラシアの牧畜民と比較出来ん。
騎馬に拙劣なんは当然な事。ほいで水野氏は、水軍、海軍も
明治期以外は、勝ったことも無く、白村江、朝鮮の役等
から日本の組織された水軍は弱いとされる。
その通りで、戦国期〜江戸初期も東シナ海の制海権は、
明かポルトガルであり、日本人は奴隷やそれから派生する
傭兵となり、東南アジアへ売り飛ばされたと云えよう。
水野氏はご自身の戦争体験からも、日本人は騎馬や海軍も伝統的に
弱いとされるが、日本が自慢出来ることは、地域差もあるが歩兵
だけじゃろう。それゆえ、このスレが貴重なんじゃ。

393 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 00:23:28 ID:USVhbzgY0
>>392 水野氏は気付かなかったんだな。

将門の少数従類騎兵、
同じく良兼の80騎(夜討)、
維茂の騎兵5,60騎。

>あづまをのこは いでむかひ かへりみせずて いさみたる たけき軍卒
坂東歩兵
>額に箭(矢)は立つとも 背に箭(矢)は立てじ
坂東歩兵
>防人
坂東歩兵


水野氏のネオ騎馬民族説って電波だろ。
ネオ騎馬民族説から見ると、河内馬飼でも持ち上げとけってとこか。

394 :廣島・もみじ民:2006/09/14(木) 01:42:10 ID:jQ/w8CXr0
>>393
また、『かかる』と云う言葉ばかり知って、『逃る』ということを知らん、
そがん融通のきかんことじゃあのう。戦闘下手な坂東兵自慢か。
自分の妄想から外れると電波扱いじゃしのう。
河内の馬飼の騎馬戦術の運用である奇襲を知っとっても、坂東者は、
前進あるのみじゃ。騎兵の運用も出来んし、歩兵戦闘としても
通用せんのう。

395 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 07:35:36 ID:iAnueUA00
>>394
相変わらずあほな事をw
将門より100倍弱い平良兼ですら、少数騎兵の奇襲。坂東の伝統。
日本国内で馬生産が本格化される以前、超重装の桂甲騎兵の河内馬飼w
ここは広島自慢スレだろ。こっち来いよ↓

坂東武者は本当に残忍だった?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1138247458/59-61

396 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 06:24:18 ID:PUitA5HZ0
むべも呆れてすっかり来なくなったなw

397 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 01:07:26 ID:/k153mb40
津軽美人、秋田美人、庄内美人、新潟美人について
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1145350216/l71
廣島・もみじ民だね

171 :阿岐國人:2006/08/18(金) 01:14:53
>>169
殿山泰司氏は、『日本女地図』光文社昭和44年で「広島は美人系らしい。
バーやキャバレーの女も、芸者も、町を行く女たちも、家の中にいる
オカミサン族も、たしかに美人が多い。」とP173に出とるんで、
あなただけの意見ではないと思いますよ。主観的に東北や東国の女性
(ごめんなさい)と、較べると顔立ちに品があると思います。
殿山氏は、P22に、「津軽美人はアソコが粗マンでウンコ臭い」とされ、
秋田美人については、P27のコーカソイド説、P29に「アソコの
ANAが小さい、挿入後の感じは、かならずしも良好でない。」庄内は、
P36に「庄内の女は、美人系である。男にもよくつくしてくれる。
アソコは良好とはいえない。」新潟は、P99「アソコの中で溺死した
という男がいる。男の失神とは珍しい。オレの友だちをフヌケにして
くれて、越後のヒトよありがとう」P100でも新潟は美人系でシマリは
最高。とされる。下ネタについて書いておられるが、殿山氏の経験と
誤差のある人はおるんじゃないか。個人の経験により様々じゃし。
また殿山氏の時代は東北や越後の日本海側が美人地帯とされた頃じゃが、
明治期の人達は北国の地域を美人地帯と思うてもおらんかったろう。
美人とは時代による主観的な者じゃと思うけどね。広島人のわしから
視ると越後や東北女性はのっぺりした顔なのに、眼が大きい人や出目ぎみ
の人等もおり、アンバランスで美人というよりも異国的エキゾチックな
魅力はあるよ。東南アジア系の寒冷地風土適応型と云うべきか。
関東女性も江南〜東南アジアっぽいね。

398 :廣島・もみじ民:2006/09/26(火) 00:51:13 ID:J/8GdxpZ0
>>397
日本史板でも、わしの名を騙り書いとるが、このスレの話題と関連が
乏しいよ。下ネタ要素が強いし。

399 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 15:11:10 ID:xxf61o0+0
ただの変態下ネタジジイだったかw

400 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 17:38:36 ID:Cg1PlKwm0
>>399
世界史上最弱の軍隊を語る
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1141994478/344-

401 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 16:24:54 ID:qok0BUbW0
東北人にイジメられたことあんのかねw
えらい敵対心だが

402 :廣島・もみじ民:2006/10/09(月) 00:51:34 ID:fWhTaOnU0
>>401
東北娘には、イジメられたんかのう。じゃけど、東北人に敵対心を
持ったことは無いよ。東北人のファンタジー思考に妄想すな云うとる
だけじゃ。わしゃは、東北だけ云うとる訳でもあるまい。
関東ロデオ蛙君の>>395の日本史板でも、関東鎖国史観に
苦言を云うたし、九州のことも、>>400の世界史板や戦国板で云うとるが、
敵対心からじゃないよ。東北蝦夷だけじゃのうて、関東武士の残酷さや
九州人の戦国期や日華事変等の蛮行を賞賛するつもりは無い。
彼らに「兵の道」つまり「武士道」を期待出来んでおるだけじゃし、
地域の歴史上の経験や伝統から、これからも、おそらく同様の行為を
するじゃろう。それら、辺境農奴民の行為が日本人の誇りに直結せんと
云うたまでじゃ。特定の地域を貶める結果になろうと、しょうがないよ。
隠蔽する方が、日本人の恥になるし。

403 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 02:06:01 ID:CSRLESgG0
人間というのは、よほどな人でないかぎり、自分の村や生国(こんにちでいえば
母校や贔屓球団もこれに入る)に、自己愛の拡大されたものとしての愛をもっている。

社会が広域化するにつれて、この土俗的感情は、軽度の場合はユーモアになる。
しかし重度の場合は血なまぐさくて、みぐるしい。ついでながら、単なるナショナリズムは
愛国という高度の倫理とは別のものである。

404 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 12:22:43 ID:5oyI4my/0
>>402
要するに自分とこが一番だと思っているだけでしょ?
それは別にいいんだけどさ、他地域の人がそう思うのは許せないって聞こえんのよ
例えば広島師団最強と思うのはアンタの勝手よ。でも東北や九州の人が自分たちの先祖
が最強だったと思うのは自由でしょ?実績だの何だの云ってるが開戦当初の勝利自慢して
負け戦続いてる頃の関東兵団の玉砕とかバカにしてても広島の師団が関東の師団より優れている
とは思わないな。別に広島師団を愚弄しているわけではないぞ。しかし辺境濃度民兵とか云ってる
がそっちこそあまり変わらない程度の癖に何云ってんだかとは思う。
あと特定の地域貶してもしょうがないという奴に日本人の誇り云々等語る資格ないんじゃ?
あったとしても他地域貶して優越感に浸るだけのちっぽけな誇りだろうね




405 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 17:04:17 ID:c/NUNhDN0
158
広島の女性はクールなんかじゃない。物を知らないだけ。
さっぱりしているんじゃなくて、不躾で乱暴なだけ。
話し合いをする、と言う考えは無く自己中心的。
不倫はやって当然って言うし。
広島の女性と結婚するなら人生捨てるつもりでどうぞ。

191
前に県民性のテレビ番組やってたけど、広島って案外特徴ねーなぁ。
まぁ、独自の美味いもんも無いし、サッカーも野球も弱いし、
インフラも貧弱だし、
原爆落とされたくらい?自慢できるのって。
でも好きだけどね。地元だから。

406 :廣島・もみじ民:2006/10/10(火) 00:43:31 ID:Bf6HRLZF0
>>404
実績を考慮せず妄想するんは自由でしょうが、最強を名乗るんなら、
実績は、必要でしょう。わしは、関東兵団を馬鹿にしとらんし、
宇都宮第14師団の兵士の健闘を讃えておりますよ。過去のわしの
書いたもんから調べりゃええでしょう。じゃが、米軍相手に水際作戦で戦闘
主導権を取り、紙一重まで行ったが結局負けは負けじゃと云うたまでです。
日本の地域は、風土、民俗、社会組織においても東西は異民族じゃと
云うただけですよ。実例も無く、他地域を貶めておるのは、近畿兵団を
貶す、東北や九州の人達でしょう。その人達は、日本人の誇りを語る資格は
無いんですか?綺麗ごとを云うても、地域兵団は、他地域の兵との優劣や、
同じ戦闘では競争心を持つもので、それをあたかも無かったかのように、
無視することが適切じゃと思いませんよ。

407 :廣島・もみじ民:2006/10/10(火) 01:27:07 ID:Bf6HRLZF0
>>405
ほう、不倫は当然なんかのう。広島は浄土真宗の影響から、
そういう方面に厳しい倫理観がかってはあったけどね。
今不倫をやっとる者がどの程度おるか知らんが、わしゃは、独身女性
じゃったらええが、人の嫁さんは御免じゃ。
もっとも、戦前の中国や朝鮮じゃ人妻と肉体関係は出来やすかったそう
じゃが、処女は駄目じゃそうなね。関係したら恨みを買うよ。素人の
未婚なら、街に出とる女給を相手にすると、処女である可能性は低い
らしい。そういう相手なら関係を持っても良いんじゃろう。
ロシア人は貞操観念に乏しいことはシベリア抑留者が語っておられる。
それと、セレベス島の白人婦女子を収容したカンピリ抑留所の記録では、
人妻や娘は性欲に悶え、15歳の少年が三人の女性に輪姦されたり、
兎も角、狂うたように性欲を求めるんで大変じゃったらしいね。
美味しいもん無い?食い物の味を知らんのは、東日本の方じゃろうね。
まあ、出された食い物は供養の為喰うけど。また、人様が誠意や愛情を
持って料理してくださった物は、海外や東日本へ行っても粗末にせず
喰うようにしとるよ。

408 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 02:57:30 ID:tUZyNlmv0
>>406
近畿兵団を貶す東北人や九州人はいるだろうけど、全てがそうだといわんばかりの
云い方はやめて欲しいね。たしかに実績は必要、しかし強い相手に負けた人と弱い相手に
勝った人とでどっちが強いかといわれてもわからないよ。広島師団は強敵も撃破しているし
凄いと思っているけど、ガダルカナル等の悲惨な激戦地で戦っていたら・・・
まああくまで予想だけど。あと日本人の誇り云々は、東西で異民族だろうが同じ日本人に変わり
がないのに貶すというのは誇りを傷つける行為であって日本人の誇りを傷つけている人が日本人の
誇りとか語っているのに違和感を感じたわけです。広島人の誇りと云うんなら違和感なかったけど。
地域毎に競争心持つのは分かるけど、一方が貶すと必ず貶しあいになってしまうんだよな〜
お互い認め合いながら競い合っていきたいものだね

409 :廣島・もみじ民:2006/10/11(水) 01:49:06 ID:ESPN+XwZ0
>>408
全てがそうじゃと云うとらんよ。そう云う例が多い云うとるんじゃ。
世界史板でも書いたが、ガ島でも仙台第2師団じゃのうて、
名古屋第38師団じゃったら結果が同じとは云いきれんし、激戦は
どの戦闘も紙一重じゃし、これは戦国板の地政学スレにも書いたが、
ガ島の日本軍も健闘したものの神経が繊細で夜襲突撃という手段となった
んじゃろう。米軍の精神的タフさが、日本軍より上回っておった。
米軍に限らずアングロ・サクソンは、英軍もしぶといね。
マレー・シンガポール戦で、勇猛なインド・グルカ兵は緒戦で勝負
付けがついたら、闘志がにぶっとるのに、英軍は後半になるほど、
強く闘志抜群になる。ジョン・ブルは精神的にタフじゃ。
英国は階級社会であるが、民主国の強さで、封建的隷属国家の兵と違う。
日本人は、国家、政治圏における概念じゃろう。他地域の欠点を指摘
することが誇りを傷つけるとは思えんよ。ほいで、広島人の誇りは、
日本人の誇りになる訳じゃし。わしは、他地域の欠点だけ指摘しとる
訳で無く、誉めとるところもあると思うよ。

410 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 00:44:19 ID:aSWW6T3y0
広島人の誇りは、日本人の埃

411 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 00:22:03 ID:d8FP/Mgm0
食い物の味を知らんのは、東日本の方じゃろうね。
食い物の味を知らんのは、東日本の方じゃろうね。
食い物の味を知らんのは、東日本の方じゃろうね。

恥知らずめが・・・先祖に詫びて来い。


412 :廣島・もみじ民:2006/10/13(金) 01:48:50 ID:Dr3DdJe70
>>411
東日本でウドンを食うても、シルが黒うてのう。麺は、武蔵野や
上州のウドンは美味しかったが、シル(東国ではツユか)は
美味しゅうない。
ほいで、鮨ネタにシャコを使うとるが、シャコは茹でたまま、
身をむきながら、シャコの身汁を、すする方が余程うまい。
水分のないようなシャコはまずいよ。何で鮨ネタにするんかいのう。
一々云うたらきりがないが、食文化に貧しい所じゃわい。
わしの先祖に関東系が多かろうと、素直な感想じゃし、詫びる問題
じゃない。

413 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 01:50:15 ID:ZWwu8dpE0
廣島・もみじ民さんはひょっとして山野氏では?

414 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 21:34:51 ID:+e5HlKNO0
>>412
食文化が貧しいんではなくて、食文化が違うだけ。
あなた一人の味覚で決めつけないでくれ。
まずいと思うのは勝手、しかし食文化に貧しいなんて何様なのかと



415 :廣島・もみじ民:2006/10/14(土) 00:17:40 ID:Trs+O0oK0
>>413
わしは、山野氏じゃないよ。
>>414
確かに食文化が違うね。わし一人の味覚じゃのうて、わしの連れも関東の
食い物はまずい云うとるし。関東は、汁に昆布やイリコでダシを取らん
じゃろ。関東人はマグロでも食うて旨い云うレベルじゃないんか。
軍事板のベッキー、スレでも、東国ベッキーさんは、そがいなもんが、
ご馳走かと爆笑したよ。関東人の食文化に貧しい味覚音痴の責任を
負わせられても困る。

416 :廣島・もみじ民:2006/10/14(土) 00:32:49 ID:Trs+O0oK0
上記のベッキーさんのそれは、
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1152890541/
の、60や65あたりを読んで爆笑したよ。
あんたは、B宮(ベッキー)氏信者?

417 :小石川@冷し中華:2006/10/14(土) 01:26:26 ID:q0ideXog0
>>415
>汁に昆布やイリコでダシ
昆布出汁はとるけど・・・
逆に鰹出汁は昔、瀬戸内で取れないから流通してなかっただけ、マグロも同じ。
>関東人はマグロ
今でも廣島にはマトモなマグロが一般まで流通してないし(高価なのは関西止まり)、
需要がないので廣島までなかなかマトモなマグロが行かないのが実情でしょ。

418 :414:2006/10/14(土) 01:44:47 ID:mA5cUIGy0
>>415
ベッキー?知らない人なんてどうでもいいです。
味覚音痴でなくて味覚も違うだけ。

>>416
この翁って人は関東優遇史観者?今まであんたのことアンチ東日本史観者だと
思っていたけど、アンチ翁だったの?いや、別に全く構わないんだが


419 :廣島・もみじ民:2006/10/14(土) 01:49:46 ID:Trs+O0oK0
>>417
関東でもマグロはズケが最初で、刺身は普及せんかったでしょう。
マグロは、江戸期、下魚であったんじゃないんですか?
マトモなマグロ云うもんがあるんですか?トロやカマも繊細な味じゃ
ないし、広島以外の何処で食うても美味しいとは思いませんね。
マグロ食うくらいなら、ヘカ(牛肉)食うほうを選びますよ。

420 :廣島・もみじ民:2006/10/14(土) 02:01:15 ID:Trs+O0oK0
>>418
わしゃは、アンチ東国、アンチ縄文文明、アンチ江南派、じゃけど。
ベッキー(翁)さんにもアンチじゃのう。

421 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 02:20:35 ID:wBGRhii50
>>413
山野氏の文章には品格がありますが、このお方にはソレがありません。
一緒にするのは失礼でしょう。山野氏は学者ですが、この人は只のにちゃんねらーです。
>>403の指摘の通り、この人の土俗的感情は度を越えていて、実に見苦しい。


422 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 02:26:38 ID:mA5cUIGy0
>>419
郷土愛は素晴らしいけど、もったいない気もするな。関東の食べ物だということで
変に意識してしまって美味しいものまで不味く感じてしまっていると思う。

>>420
正直にどうも。逆にすっきりした

423 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 02:59:49 ID:NbwASLA+0
【速報】
自衛隊・東富士演習場に“イボイノシシ”現る
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1149518021/l50

424 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 03:29:14 ID:FRVmCeSj0
広島人はどこの板やスレでも田舎電波ゆんゆんだなw

ピカの毒で3代に渡って前頭葉破壊されるってのは事実らしいね

425 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 04:00:40 ID:tEe7Vyv40
>>424
うせろ外道。

しかしお国板は山野さんのいたころが一番良かったなあ、煽りも遊び心があって面白かったし。
今は憎しみをぶつけるっていうか、なんか醜い。
山野さんこの板まだ見てるのかなあ?文章みてたらかなり博識のある人に感じたけど、単なるおっちゃんかもしれんがw

426 :廣島・もみじ民:2006/10/14(土) 23:55:33 ID:37yIVVlU0
>>422
関東の食べ物で、変に意識したことは無いんじゃけど。
最初臭いを嗅ぐだけで、ぞっとした納豆も馴れたけえ食うし、関東のソバも
喉越しはええよ。後で喉が渇くんじゃけど。出来るだけ、現地の食を、
美味しい思うて食うようにしとるよ。殺したものの供養になるし。マグロは
大けなけえ一人で食えんよ。他所でご馳走になった時、わしゃ供養じゃ
思うて喰いよるんに、残さんよう骨まで綺麗に食うけえ、マグロ好きと
誤解され、おうじょうこいたよ。じゃが、東国の食文化に違和感はあるね。

ヘカ(肉)料理は、米軍日系人二世部隊も用語を使うとったね。ヘカと
広島弁が使われとった。広島出身兵士が多いけえ当然なんじゃけど。
江戸期に表面上タブーとされたが、実は、食用された牛肉の犂(ヘカ)
料理のことじゃ。
>>424
ほんま、糞外道じゃ。今でも高齢者で後遺症がある方がおられるんに、
無神経な発言よのう。

427 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/15(日) 23:58:52 ID:1STpu85Z0
>>424が腐れ外道なのは周知の事実だが、もみじ市民も常軌を逸している。
もういい加減相手にするのはやめようではないか。

428 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 17:55:42 ID:weUPOBUw0
どこの出身兵卒が強いのかな??
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1160583607/l50

429 :小石川@冷し中華:2006/10/18(水) 01:25:04 ID:7nYGqrkQ0
>>426
>広島出身兵士が多いけえ当然なんじゃけど。江戸期に表面上タブーとされたが、
>実は、食用された牛肉の犂(ヘカ)料理のことじゃ。
ソレは移民の出身の構成が片寄ってるから。

米じゃないけど来民開拓団とかが有ったように特定の出身者が移民には多かったから。


430 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 22:34:14 ID:N10jEdhA0
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

431 :廣島・もみじ民:2006/10/18(水) 23:36:26 ID:arb8KYYJ0
>>429
>特定の出身者が移民に多い。そう戦前は広島県出身移民が多いですね。
海外移民の多い地帯は、特に広島、沖縄。他に山口、福岡、熊本、和歌山と
西日本が多い。東の方じゃあ、福島、新潟が目立つぐらいですか。

日系二世部隊の「ヘカ」料理に、軍隊ゆえ西洋式に粉末ブイヨンが
使用されたようですが、やはり醤油はおろか味噌も使用されんかった
ようです。米国移民の言語(ハワイにおいて)は、移民数の多さから、
広島弁が標準語じゃったんで、広島弁の「ヘカ」が使われたんじゃろうと
思うんです。

432 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 23:51:37 ID:sid5HK8o0
>>428
そろそろ回収おながいしまっす

433 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 02:27:46 ID:IaHC274o0
暴走牛
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1160583607/l50

434 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 13:08:24 ID:QJtHhKq90
鈍重だのなんだの言われても、俺は実際に戦争に行って戦った爺さん尊敬しているし
住んでいる地域にも誇りを持っているから何とでもいえよって思うわ。



435 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 12:26:41 ID:Rh2iyQ8T0
広島第五師団はシンガポールで華人処断の名のもとに虐殺をやらかした帝國陸軍最狂のDQN師団

436 :廣島・もみじ民:2006/11/05(日) 00:18:52 ID:tPFWqFwT0
>>435
マレー半島の華僑粛清については、前スレの808、813、816に
書いとる。軍司令部と憲兵の方が余程ひどかったよ。広島第11聯隊
大3大隊のように、敵、華僑のスパイと解っておっても、保護し、
憲兵隊からかくもうた事例も書いとる。お偉ら方の命令であっても、
義や情、おいても、また密告し、保護した11名をみすみす処刑になるんを
引き渡すようなことは武士道に反する、外道に等しい行為も出来ん。
この件はむしろ日本人としての誇りを示した。
郷土広島の誇りである。広島第11聯隊の部隊の中に華僑虐殺した部隊が
あったことは否定せんし、郷土の第十一聯隊史にも出とる。関東学院大の
リベラル派の某教授の意見を額面通り云うとるんか。まあ、日本軍が全部
正しいとする、ネットウヨ等も脳内が狂うとるけど。
左翼の人達は、権力の犬であった憲兵の言で、日本軍が悪かったとしとる
が、少数の人を除き憲兵ほど、征服地の民衆や同胞に日本人兵士に
嫌われた連中もおらん。戦後になって自己の強姦や略奪の犯罪を兵士の
せいにし、責任逃れをしとる。戦闘体験者が怒りを覚えられたんは
当然じゃ。自己弁護の権力の犬の意見から、日本軍を犯罪者集団とする
リベラル派の人達は、反権力とは云えん。自己の思想の都合に合わせ
あがる。保守の連中も、憲兵がおったんで、治安が維持されたじゃ
ぬかす馬鹿がおるし、リベラル派と同じく、前線で苦闘した兵士の
せいにし、将校連中の弁護に終始しとる。命がけで闘うた兵士を愚弄する
ことにかけては、保守や革新の連中も変わらん。自己の政治思想に利用
しやがって。
話はズレたが、憤慨しとることを云うといたよ。ほいで、最狂の
DQN師団と愚弄するんなら、他師団の犯罪と広島師団の比較をして
云えーや。

437 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 02:56:23 ID:jc9xDH330
広島に手に負えないDQNがいるって事はよくわかった

438 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 16:27:42 ID:m4BMH0yv0
>>436
('℃_,゚`)

439 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 22:16:18 ID:68ps9bfw0
DQNの広島オヤジが占拠したんで、むべ殿がこなくなったのか。
DQN荒らしがいると糞スレ化する典型だな。

440 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:59:41 ID:s8nZmWwD0
某ホームページを見ると広島師団の撫順戦犯管理所帰りらしき人の証言では
広島師団の中国戦線での某兵器使用疑惑もありますな。
これが洗脳された左翼の発言だからと言って100%否定する根拠もない。
それに関連して雑誌正論の投稿欄にはこの件が取り沙汰されて某兵器ではないとの反論もありましたが。

多分戦果?の割りに評判がないのはそういったことが積み重なってるのでしょう。
結局色々調べてわかったがそんなに広島師団は強くないでしょう。
個人的には仙台師団のほうがまだ戦果・戦績があると思う。

441 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 00:10:00 ID:uiUg7WIl0
>>391
郷土資料参考なのか知らんが泣きついたとか勝手なことをいってるね。
前述されてるけど広島師団の役割は結局ただの代打みたいだね。

442 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:30:58 ID:vDpHPrg50
>>440の以下部分を訂正
>これが洗脳された左翼の発言だからと言って100%否定する根拠もない。
それに関連して雑誌正論の投稿欄にはこの件が取り沙汰されて某兵器ではないとの反論もありましたが

某ホームページを見ると広島師団の撫順戦犯管理所帰りらしき人の証言では
広島師団の中国戦線での某兵器使用疑惑もありますな。
これがどうせ洗脳された左翼の発言だろうからと思って100%否定する根拠もない。
それに関連して月刊正論の編集者への投稿欄(HP板)にはこの件が取り沙汰されて
某兵器ではないのではないかとの反論もありましたが。

多分戦果?の割りに評判がないのはそういったことが積み重なってるのでしょう。
結局色々調べてわかったがそんなに広島師団は強くないでしょう。
個人的には仙台師団のほうがまだ戦果・戦績があると思う。

443 :廣島・もみじ民:2006/11/12(日) 03:15:02 ID:L1+4oKF90
>>440-442
元広島第231梶浦聯隊長は、「私は無期徒刑となった。催涙性瓦斯は
国際法で禁止しているものでないと申し立てた」とされる。
毒ガスの種類は、赤か黄か詳しゅう書け。宜昌の仙台13Dは一度も
催涙ガスを使用せんかったんかいのう?長沙作戦のおりに。
宜昌作戦にしても前線で闘い、宜昌を防御した広島39Dと仙台13Dの
宜昌作戦で鈍重で後方をうろうろし、宜昌でも防御出来ん、
弱兵の仙台13Dと比較されてものう。何処が代打なら。仙台13Dの
戦果・戦積とは何か?笑わすのう、徐州や宜昌の無血入城か?

444 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 05:25:12 ID:x5TE2E+M0
まあ要するに弱いくせに評判のよい東北の師団が気に入らないし、
強いのに広島師団が評判にならないのが腹立つということだろ。

戦果だけ見ればそう取れるが、激戦地かそうでないかも考慮されたんでは?

445 :廣島・もみじ民:2006/11/12(日) 21:59:15 ID:59YGWV5N0
>>444
東北の師団のよい評判と広島師団の評判にならん?世評のことか?
まあ、広島師団は、東北師団より多くの激戦地で歴戦しとるよ。
>>443の敵の反攻で宜昌で壊滅寸前の仙台第13師団の毒瓦斯の件は、
http://shanxi.nekoyamada.com/archives/000137.html
後ろのほうにある、「きい剤の大規模使用の例は、1941年
(昭和16年)10月、華南の宜昌作戦(とあるが宜昌は華中で、
宜昌作戦は昭和15年である。正確には長沙作戦の敵反攻時のこと)で
包囲下にあった第十三師団が五日間にかけて、きい騨1000発、あか騨
1500発を使用した例で、これは習志野学校の先例集に載っている
ものだ。これ以外には、きい剤大規模使用の例はない。」
まあ、仙台13Dは苦境であり、きい剤を使用しても勝てず、広島39D
の救援でやっと玉砕せずに済んだ云うこと。>>440-442氏は、何を調べたん
かのう。某兵器使用の仙台13Dを棚にあげて、ようも、ぬけぬけと云える
ことよ。人の揚げ足取りばっかし、しとる者は間抜け文を書くのう。

446 :廣島・もみじ民:2006/11/13(月) 00:05:48 ID:s0TqoqJB0
>>440
撫順戦犯管理所帰り、つまり中帰連の方の見解じゃろ。例えば、
http://kure-sensai.homeip.net/TaikenKi/IppanToukou/BosyuTaikennki/10-2KubotaTetuji.htm
にある。しかし証言者の間でも意見に違いがある。
郝北作戦当時の今田准尉の回想「赤剤は、催涙性ガスで、今の警察も
使用している。しかし支那軍では、将校しか防毒面を持っていないので、
効果があった。我々は防毒面を着けずに突っ込んだ。目が少し痛い程度
だったが、支那軍のほうは大あわてだった。」石田中隊長の回想「アカ剤
は、発煙筒のようなもの。地面に足ピンを差し込んで立て、頭部をマッチ
のようにこすると、点火して約五〇米ほど飛ぶ。」
山口第233聯隊が犠牲者を多く出し、広島第231聯隊が引継ぎ行った
「白河の渡河戦」の真只中の民家に、敵側ゲリラによって放火され、
火焔を目標に敵の砲火が集中し、付近にいた我が部隊は、紙一重の差で
あやうく危険を脱した。事など、中国側も同民族に対し三光作戦を
やっとる。前スレの753〜762に書いた、大陸打通作戦のS挺身隊や
陸軍中野学校出身の○○中尉が出ておる。このサイトの久保田氏は、
挺身隊第一小隊(佐竹隊)の軍曹じゃった方。特務機関が指示したこの
任務で残虐な行為を繰り返したことは、その通りであろうが、久保田氏は
森金氏のように中国軍の自国民に対する蛮行を記しておられん。

447 :廣島・もみじ民:2006/11/13(月) 01:49:19 ID:PDseD7Rf0
続いて、南岳市の戦闘は霧煙の中敵の区別も出来んほどであったようで、
佐竹少尉は隊を正面攻撃と迂廻側面攻撃の二隊に分け、チェコ機銃で攻撃、
敵が浮き足立った処、正面隊は白兵戦となり、先頭を切って敵兵を刺殺
したのは、前スレ647で書いた、上官に従順で無く、不評を買い
福山第232聯隊を追われた最も勇敢なI岡曹長であった。戦闘が終了し、
I岡曹長が集めていた捕虜の一人が逃げようとしたので、藤本上等兵が
組み付いて倒したところ、一瞬の差で捕虜が自爆し、藤本上等兵も散華
された。と森金氏は書いておられる。また森金氏は、桜挺身隊の犯罪も
書いておられるが、桜挺身隊の弱兵は、陸軍中野学校出身の西川中尉だけ
で、佐竹少尉、三輪少尉、I岡曹長以下一騎当千の猛者集団で、中国人
協力兵も信義で団結した勇者であったとされる。
佐竹少尉は『戦闘.jpg』の日本刀を立てておられる方。
久保田氏は、捕虜を処刑したのが、佐竹小隊長とされるが、
『虎の子奮戦記』では、中野学校出身の下士官が介錯したとある。
見解は違うても、撫順云々の影響があっても、久保田氏を責めることは
出来ません。日本軍の行為は過ちも多かった。久保田氏も前線で戦われた
勇士です。真面目な人ほど・・・現代でも、日本軍の全てを美化する人の
方が、立場が変わると祖国を恨むようになるんじゃないか。祖国愛とは、
自国の欠点も含め、郷土、国を愛すること。日本軍の犯罪を隠蔽美化し、
まして、上から押し付けられた思想からは、真の愛国心は生まれんよ。

448 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 01:50:57 ID:9azPSl6o0
広島師団が多くの激戦地?
マレー戦以降激戦地行ったのか?


449 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:09:45 ID:n6GyZw9e0
>>443
>>446
そうそう、まさにその件、さすが良く調べますね〜。概ねピタリです。
>>33の件に関連してもどうも広島が強かったとかオカシイなと思った訳
当時の人じゃなくても普通に考えて小規模でいける訳が無いと思った。
(トリを勤めた理由も含めて戦術上何かあったのではと推測できると思う)
それに広島には毒ガス関連で超有名な大久野島もある。
やっぱり裏があったみたいですね。ただ廣島・もみじ民と違って特定地域のに
限定してどうこういうつもりはないけど。
仮に事実だとしても大元の命令があったんだろうし。

正論の藤部隊第一中隊戦記の件(下の方にある)
ttp://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/reader/06-r1.html
広島師団関係者の宜昌作戦の毒ガス戦の件
ttp://www7.ocn.ne.jp/~dgjrkma/new_page_49.htm
広島の大久野島の件
ttp://homepage3.nifty.com/dokugasu/
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E9%87%8E%E5%B3%B6

450 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:12:07 ID:n6GyZw9e0
>>445
昭和16年の華南の宜昌作戦?、??
疑問があり、推測交じりなHPを持ち出しましたな。
それに学校教材の「例」じゃあ証拠とするに薄いのでは?
あくまで教育上使用する教本にある例だろうから。
当然HPにもあるように日本政府も証拠と認めない訳か。納得
決定的資料だったら速攻認めるだろうね。あの左翼側すらも重視してない件のようで。
広島みたいに最低限有力関係者の証言の方がよっぽど証拠になる。
それか当時の軍の行動命令関係類がないと。
それにしても何で仙台を異様に敵視して広島を持ち上げるのかわからんねこの人
同じ広島には今度は逆に広島も含めて旧軍を過剰に貶める人も多いようで・・。

451 :廣島・もみじ民:2006/11/15(水) 02:45:50 ID:wGo6bJaU0
>>448
広島師団は、日清戦争から激戦地で戦闘しとるよ。師団を離れた、
福山聯隊の糧量のないまま自滅や浜田部隊のニューギニア戦の活躍も
書いとるよ。
第二次大戦で南方へ送られた部隊は、まあ>>445にも毒瓦斯の件で出ておる
弘前36Dはピアク島で最期となったが、戦闘馴れしとる方じゃろう。
ところが関東軍諸隊は戦闘経験も乏しいのに、南方へ送られた。
>>449
あんたの推測は妄想で意味が無いが、正論の質問者の森金千秋氏の引用は、
わしの文でも引用したが、森金氏は広島39Dを軍紀厳正とされる。
森金氏が批判されたのは旧国軍の体質や上官の資質等で、ご自身が、
「私の軍への抵抗は、初年兵時代に捕虜の刺殺を拒否したことに始まる。
以来悪兵のレッテルを貼られた。私は学生時代から権力の権化である
軍隊に生理的に悪寒を感じていた。幹候を志願しなかったのも、一つには
自分に忠実でありたかったからである。こういう、反骨的尺度で物を観、
考える私にとって、戦時中は軍部に迎合し、米軍占領時代はアメリカ
一辺倒となり、民衆主義の時代となるや三度転換してマルキストの急先鋒
となり、兵を指揮して戦わせた陸士、海兵の出身者で、臆面もなく天皇を
批判、打倒を叫ぶ人々に人間の良心があるのかと疑いを持つものである。」

452 :廣島・もみじ民:2006/11/15(水) 03:38:30 ID:bnHoGOAc0
>>449-450
続いて森金氏は「中国が頼みもしない軍隊を100万も派遣して、
支那と支那人は悪という独善思想の下に、殺す、焼く、犯すの三悪を
欲しいままにしたわけで、日本軍のやっていることを、相手の立場に
なって考えて見れば明白に解ることである。」
藤部隊第一中隊記の梶浦聯隊長の引用も書いたことがある。「我部隊は
中国住民に信用された。その証拠に前部隊(仙台13D)の時は鶏、豚は
全く見られなかったのに(広島231i、藤部隊に)交代後は住民は
安心して鶏豚を飼い路上に女、子供が戯れ遊ぶようになった。」と。
正論の六月号だけ挙げたんは、毎度の姑息な手段じゃのう。
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2000/reader/08-r1.html
島根県のかたが質問者に答えておられる。(下の方にある)
>>445の毒瓦斯の件で仙台13Dの「きい」剤を隠蔽したいようじゃのう。
政府が認めんかったら証拠がないじゃ幼稚園児並みの論理を展開し、
前線で命がけ闘われた戦争体験者の言を、旧軍を過剰に貶めると馬鹿にする
根性にはあきれるよ。それぞれご自身の考えで語られたものを、おどれの、
偏狭思想で偉っそに、云うことじゃないど。

453 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 03:44:17 ID:f4l3D4E/0
広島師団が腰抜けだったのは理解できた。けどそんな昔話でよく盛り上がれるね。

454 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 04:08:05 ID:beoG7MywO
この広島人の長文に全く説得力がないのは都合の良い作り話が多いから、って事は全てのレスを読んで理解できた。

455 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 10:37:46 ID:Cmu2VNtF0
広島師団の兵士の加害体験の事はスルーか?
相変わらず都合いい奴だな。それとも広島も酷いけど仙台よりはマシと言いたいのか?
他をダシにして批判かわそうとするあたり姑息というか卑怯というか・・・


456 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 20:51:11 ID:SAkfNC4V0
広島の旧第5師団も似たような件があるんですな。

ttp://ratio.sakura.ne.jp/archives/2004/07/27124704.php

457 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 21:08:56 ID:pHdIKrMh0
広島師団万歳!!と三唱すれば納得するんじゃね?w

458 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 01:18:26 ID:59kK7s4h0
広島効果で戦国板盛況でござる

459 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 03:04:07 ID:91o2ULRc0
同じ日本軍なのに貶めあうのもなんだかなぁ
オラは旧日本軍の兵隊さん達みんな誇りに思うとる。
仙台も広島も関係なし

460 :廣島・もみじ民:2006/11/21(火) 00:32:49 ID:ASZK3LZi0
>>455-456
卑怯と云う言葉を平気で使う育ちの悪いもんは、人を罵ることにゃは、
熱心じゃわい。その青酸ガス人体実験は、実行犯に憲兵が加わっとる
ことも考えにゃあのう。加害体験の事を何時スルーしたんか?前スレでも、
桜挺身隊の青酸カリ人体実験を陸軍中野学校出身の西川中尉の命で
いやいや、やらされた事、>>446の久保田氏の意見等、書いとるよ。
マレー作戦の時も、青酸ガスの「ちび弾」をもたされた。
戦闘には使わんかったが、元広島5Dの越智春海氏は、撃ち合いの最中、
敵の弾が、弾薬手の背負っているガラス玉(中身は青酸液)を貫通し、
我が兵士に思いがけない犠牲者を出したことを書いておられる。
>>459
そもそも、地域兵団の特徴を云うたら、何が不満なんか解らんが、わしに
くうてかかったんは罵倒連中じゃけー、わしゃは、貶めおうた思うとらん
よ。ほいで仙台師団ファンが、広島師団を疑惑じゃ云うて貶めたろう
思うたんじゃろうが、仙台13Dの「きい騨」の例は余程、都合が
悪かったんか、短い文章で根拠なき罵倒の繰り返しよる。じゃが、
たまにゃ、わしに書く材料を提供してくれるけんのう。そう云うこと。

461 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 12:19:09 ID:W6brEaeD0
流れぶった切ってスマソなんだが
>>407
「性欲に狂った蘭人女が15歳の少年を三人がかりで強姦」?
マジでソースキボンヌ。
陸軍の関与が証明されているとされる唯一の「蘭印における日本軍性奴隷慰安所」も眉唾物ですなwww

当時収入の無くなった蘭人女性が現地のカフェの女給をやっていて
場合によっては「オマンコのアルバイトもしよるですよ、ここの女は」(from 「因果鉄道の旅」根元敬)てのが
「我々は野蛮な日本のサル共に人間の尊厳を奪われたニダ!!」とほざいているんだろうけど。


462 :廣島・もみじ民:2006/12/07(木) 00:43:16 ID:y1LhQbtl0
>>461
あれは、高橋鐵氏の「あぶ・らぶ」の引用じゃ。
『大戦のとき、セレベス島で、白人婦女子を収容していたカンピリ抑留所の
記録が発表されているけれども、収容中の女性たちは、人妻も娘も性欲に
悶えて大変だったらしい。十五歳の少年が三人の女性に輪姦された事件も
あったという。美貌で評判の二十七、八になるオランダ婦人が消燈後、
所長室を訪れてかじりつき、「所長。私は辛い、私は苦しいのです。
私の体は若い。夫を欲しがっているのです。二度と所長を困らせませんから
・・・今夜だけ、今夜だけ私の夫を思い出させて・・・」と狂ったように
求めたこともあったそうである。チャタレー夫人の悩みも戦禍の一つで
ある。』高橋氏の著書は、前線生活で性行動を赤裸々に記述した報告書から
良民の女を真裸にして見物したりつかまえた男女に「実演」しろと命じる
将士たち。生体解剖をやった軍医たち。隊で上官から可愛がられた味が
忘れられないという同性愛者等、様々な戦争が製造する性について書かれて
おられる。興味があるなら読まれると良い。
じゃが、あなたの後半の文は、イデオロギー色が強うて面白うないね。
陸軍の関与以前に需要と供給の商売の関係じゃ。ただし慰安婦が人間の
尊厳を奪われたことに違いない。自分の身内が慰安婦にされたら、
無神経で(日本人として大切な情義に欠ける。)人情の欠片もない文章は
書けんじゃろう。

463 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/12/08(金) 02:39:36 ID:jyybxYg60
>>413
お呼びでありゃんすか、と。違いますよ。
先ほど他板で白馬青牛氏に対して、「あやしい方言でしゃべっていて広島人らしくない」と安易に
言ってしまい、確認をしなかった点を反省しているところですが。

464 :廣島・もみじ民:2006/12/09(土) 01:27:35 ID:5FzcfNBf0
>>463
「ありゃんすか」。山野さんよ、あんたあ、尾道に縁がある人なんか?
世界史板で、あやしげな方言じゃあ、広島人らしゅうない、使いなれ
とらん言葉バー、(備後弁になってしもうたわい)ゆうとるじゃあ、
思い込みで云われたらやれんわい。じゃけー広島人らしゅうないたァ、
なんなら。ゆうてカバチたれたんじゃが。ほいで、あんたも、なんよう、
わしの文や言葉に矛盾点、文脈もおかしゅうないかじゃあ、あらさがし
ばっかししよるけえ、正しい広島弁ゆう、あんたの架空の設定条件を
つけにゃあいけんようになったんか知らんが、方言の使い方は、
人によって様々じゃ。固定化される必要もない。

465 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 08:26:05 ID:uBDrFrC9O
その言葉じゃ翻訳機かけれないから、悪いけど日本語で書いてもらえる?

466 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 08:38:54 ID:uLE6ID7G0
まぁ、うしとしては売られた喧嘩を買ったまでだろうな。
普段より難解な広島弁になってるけどw

467 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 02:14:21 ID:kxipynE10
牛さん喧嘩っ早いな。あと広島弁というのも迫力あると思う
東北人の俺は関西弁とか広島弁でまくし立てられると何もいえなくなる。
恐いっていうか困るんだよな、何言ってんのかあまり理解できないから喧嘩に
ならない

468 :廣島・もみじ民:2006/12/14(木) 23:33:47 ID:iLtd3SYk0
>>467
わしゃあ、短気なほうかのう?わしも東北へ行ったら広島弁が通じん。
広島弁の古語「○○でがんす。」を使うたら多少理解してもろうたよ。
ほいで、>>461氏の慰安婦についてのことじゃが、
http://homepage1.nifty.com/zpe60314/ianfu3.htm
「中国戦線では九州の女が多かったといわれている。」おそらく天草娘子軍
が多かったのであろう。女子挺身隊の名目で多くの素人女性が騙されて
連れてこられたが、「経営は業者であり、慰安婦もまた業者が勝手に連れて
来たもので、軍とは関係ない」と軍隊は慰安婦を道具として扱い、「人間」
として見ていなかった。兵隊も含め。軍の責任逃れ体質は云うまでもない。
無価値となった軍票のこと、国に殉じた慰安婦のこと(前スレで拉孟・
騰越で日本人慰安婦が献身的活動し、朝鮮人慰安婦を投降させ、青酸カリを
あおって自決したことは書いた。)等、出ておるが、国に殉じた彼女達が
救った朝鮮人慰安婦を愚弄する現代の日本人がおることは、彼女達に
申し訳ない事をするのう。
「私達はこの慰安婦のことを決して忘れてはならない事ではない
だろうか。」と、その通り。雲南やその他の戦地を訪れる方が
おられたら、国に殉じた彼女達の為に祈っていただきたいと思う。
indexをクリックすると戦前の世相等あり、この89歳の方のサイトは、
興味深く、勉強になるよ。

469 :廣島・もみじ民:2006/12/31(日) 02:27:08 ID:70z8N4bW0
世界史板でも、挙げたが、大陸戦線こぼれ話、このサイトも面白い。
http://diana.chu.jp/kaguya/jinde3.html
花子を名乗る朝鮮人慰安婦が「いい仕事がある」と同胞の朝鮮人に
騙されて従軍慰安婦となったことが出ておるが、
日本人も同胞の日本女性(九州の天草娘子軍)を「よい金儲けがある」と
騙し石炭倉庫の中に閉じ込められ売り飛ばしたことは、マレー戦当時の
○田小隊長が回想を書かれたことも前スレにも書いた。
女を食い物にするんは軍だけでなく、需要と供給がある限り拉致、
人身売買は戦前日本や他のアジアでも絶えんかった。
『マレー戦記』で越智春海氏は、五十過ぎの天草娘子軍なれの果ての
女性について、
『「隊長さん!」と私に抱きつくのだ。もっと若ければいいのに。
とにかく「なれの果て」だ、公衆の面前で抱きつくとは。
「あの、何もないので・・・」
「あら、いいのよ」相当色っぽいシナで「兵隊さんに物なんか貰える
もんですか。そのうち、いいものを、ね」
いきなり頬っぺたに吸いついた。うへえッと、たじろぎ、少し変な気分
だった。』とユーモラスに書いておられる。

470 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 04:21:06 ID:zSzHJvF4O
1,2,3,4 ガンガン ズンズン グイグイ 上昇
5,6,7,8 毎回 ビッグ キック Check yeah
夢に描いたショータイム デカイ理想は夢じゃない
スタート前の深呼吸 パイプショーでmaking making dream
跳ね上がれ舞い上がれ 魔法のジュータン ボードに変えて
フロント・バックとかっ飛ばす インディ・メソッド・720°
戦場・炎上・技・特上 燃えた瞳が物語る
強い味方がmellowな売り 夢に向かってフルパワー
あの頃夢見描いた世界は 今この手の中に
夢・感動・ファンタジー My dreamトリノオリンピック

471 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 00:48:14 ID:sqxx/9160
hoshu( ^ω^)∩


坂東殿ばらは弓は上手なるもの
空立つ鳥を射て落といたり
さても上手や空飛ぶ鶴を落といた
若い殿御が翔け鳥射たる弓手は
さても射たのふ見事や弓の姿は
(『田植草紙』晩歌一番)

重籐巻いたる弓のふりをしてな
坂東殿ばらの肩に掛からばやな
弓のふりして坂東殿御にほれたよ
何と言うても思うに寄らぬ我が身や
厳しいは坂東殿御の姿よ
(『田植草紙』晩歌三番)

田植草紙・・・鎌倉〜室町期の中国地方の小歌、広島県山県郡。

472 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 21:34:15 ID:F9mcjj01O
wikipediaの「都市伝説」に、8月15日に旭川駐屯地兵隊の幽霊が出る
ようなこと書いてるけどこれマジ?(ガセかもしれんが)
それと戦死した一木支隊の幽霊が隊列作って旭川に帰ってきたって聞いた
ことあるんだけどマジ?

473 :廣島・もみじ民:2007/01/27(土) 02:15:15 ID:hGBUXYtB0
>>471
戦国板・民俗板にも同じ文を書いとるのう。
坂東殿は、東国でも遠矢に劣る弓術下手じゃわい。
鎌倉政権が確立して風評が確立しハッタリ放題か。
古代から人口の多い関東勢の人海戦術も西日本の悪党小勢軍に
通用せんかったのう。戦闘下手は伝統か?

474 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 20:23:38 ID:8qRoNi1Q0
>>473
遠矢は下馬射の余技。
肝心の騎射はもちろん、余技の遠矢でもヘロヘロ矢と言われ
馬鹿にされてきたのが畿内武者。
古代から人口が多いのは畿内。
悪党が少勢とか笑わせる。

>戦闘下手は伝統か?
京都

475 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 01:22:57 ID:pL/OPDXG0
貼っとくか

出身国別 最強兵卒はドコだ?? パートA
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1168497193/

476 :廣島・もみじ民:2007/01/29(月) 00:28:57 ID:bYalDZQb0
>>474
遠矢も下手で騎射も近畿人に教えて貰い、小勢の悪党軍に敗北した
坂東武士。古代から人口集中地は畿内、筑紫、関東じゃないか。
戦闘下手と愚弄する京都武者は坂東武士を隷属させた河内や、摂津の
武士団が多い。坂東の「拒捍の類みな奴僕のごとし。」じゃ。
中世播磨悪党にも加わった、丹波の幕末の山国隊に負けた幕府関東勢が
偉らっそなカバチ垂れるわい。

477 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:28:17 ID:FenJDLUx0
いつ?何処で?痩せ馬に乗った腰抜け近畿武者から
弓矢を教わったというのかw

少勢に負けたのはusiが好きな肥後菊地勢。

478 :廣島・もみじ民:2007/02/03(土) 01:29:18 ID:JBr53CRm0
>>477
近畿武者が、痩せ馬に乗った云う根拠はどこからか?
近畿武者か、あるいは東国武者の「京畿に馴れたる輩」に学んでない云う
根拠もあるまい。平家降人や西行さんに学んどらんのか?
どうせ、関東の実戦云う抽象的答えが返って来るんじゃろう。
その関東の出入りの私闘が実戦的云う根拠は何か?
肥後菊池勢を途中見限った者や、筑紫の味方せんかった連中を含めとった
足利軍じゃないか。小勢たァ笑わす。まあ、今更九州の弁護しても
しょうがない。九州者が反論すりゃあええんじゃが、
九州人は畿内を馬鹿にするわりに、坂東に劣等感でもあるんか、
全然反論せんのう。薩摩人作家の海音寺潮五郎氏も朝鮮人と関東人は
性格が似て、「従来の日本人と違って坂東武士は、荒々しく勇敢で強情っ
張りで、やはり朝鮮的性格だと思っているんです。」と、関東人が
喜びそうな事を云われる。縦社会の関東と朝鮮は宗族制の発達と
類似点が多いんはその通りじゃ思うが。
896年新羅海賊が博多津を襲うたように、新羅人の侵攻に恐れた
九州人が、朝鮮半島の人達を勇敢とするんは解るが、関東人にまで、
劣等感を持つんは坂東防人に対する劣等感でもあるんかのう。
九州人が関東人を批判しようものなら、防人の用心棒代を払えゆうん
じゃろうのう。じゃが、関東VS九州バトルを見てみたいよ。

479 :廣島・もみじ民:2007/03/01(木) 22:45:23 ID:dTKEPrKM0
>>451で書いた森金千秋氏が、熊本58Dに転属され新四軍討伐のおり、
孤立した時、新四軍主力と不意に遭遇した時のこと。
「たった五発の銃声で、私達五名の生命はあっけなくとんでしまうだろう。
おそらく、新四軍としては、まだ近くにいるかも知れない中隊主力に
自分達の位置を知られるよりも、もしも私たち五人の日本兵黙っている
つもりならば、ここは彼らを見逃してやろうという、いわゆる中国人気質の
仁義によって、五名の命を助けてくれたものと思われる。そして私達も
また、仁義を重んずる日本人の一人として、以心伝心、暗黙のうちに
取り交わした取引の信義は守らなければならない。
それからまもなく、私達は中隊主力に追いついたが、五名とも貝のように
口を閉ざして、すれ違っていた新四軍の動勢を誰にも話さなかった。
もちろん、中隊長に報告などしなかった。」と。
戦争で敵と味方に別れようと、仁義に欠ける行為を犯すと日本人の恥と
なる。上官の命令よりも、人としての仁義が優先するんはゆうまでもない。

480 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 00:35:05 ID:/4GLN1eD0
  彡⌒ ミ
  ( ゚д゚)      ほう、どがいな方法でわしの金玉を引き抜くんない。
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_   そのやり方を伺いたいもんじゃ。ほいで、その後の始末はどうすんなら。   
  \/    /     http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1172163435/

481 :名無しの歩き方@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 14:00:21 ID:5OtHyINw0
ガダルカナルで人食った部隊は九州と仙台とどこ?

482 :廣島・もみじ民:2007/03/10(土) 00:03:33 ID:A2vPkO3s0
>>481
ニューギニアでも、福山聯隊に食人はあったし、飢餓状態で食人するんは
仕方ないよ。まあ、日本人の食人習慣が縄文の太古からあった。
じゃが先の大戦の頃は忌避概念もあったけえ、飢餓ゆえに、やもうえず
人肉を食べたとも云える。

483 :廣島・もみじ民:2007/03/30(金) 00:47:52 ID:6/aKH7pX0
また森金千秋氏の引用から「大本営の発表する戦争と、現実の戦争との
あいだには大きな開きがある。上から見た戦争と、下で体験した戦争とは、
インチキ商法のダイレクト・メールの見本と、現実的に送られてきた実物
ほどの違いがある。そういうキレイごとの戦争記録は、戦争を体験した人に
とっても、戦争を体験しなかった人にとっても、何の役にもたたないという
点では同じであろう。」
森金氏の戦友の広島39Dから聯隊は違うが一緒に熊本58Dに転属した
S上等兵のエピソードも面白い。
旅団司令部にいた森金氏を訪ねてきて、五万円余りの儲備券
(南京汪政府発行)を預けたそうで、「五万円といえば、当時の兵隊には
眼もくらむような大金である。「町におると、金がいるじゃろう。使うても
ええぞ」見たこともない大金をどうして手にいれたのか。つっこんだ訳を
聞くと、彼は平然と討伐の戦果だ、という。」

484 :廣島・もみじ民:2007/03/30(金) 01:13:19 ID:6/aKH7pX0
「当時の中国では、町や大きな集落には、必ずといっていいくらいの
博打場があった。討伐の際に、本隊から離れ、三、四名の仲間と目指す
博打場を急襲するというのである。
集落には新四軍や土匪が集結していることがあり、親分衆はたいてい
拳銃を持っているので、わずか数名で博打場荒しをやることは無謀と
いうか、命知らずの暴挙というほかない。だいたい本隊と行動していれば、
部落の一般人は皆逃げてしまっているので、わざわざ自ら路上斥候でも
買って出て、一キロもニキロも単独先行するくらいのことでなければ、
博打場荒しはできない。
昭和十九年頃から儲備券の貨幣価値は暴落の一途をたどっていて、わずか
ニ、三十円の兵隊の俸給では、なにもすることもできなくなった。そこで、
警備隊の兵隊たちは討伐のとき荒稼ぎをする。後方勤務の本部や司令部の
兵隊は、もっぱら煙草などの加給品や酒保で買った品物を中国人に闇売り
して小遣い銭をつくっていた。なにしろ、酒保で一円で買える二十本入りの
旭光(ルビークイン)一箇が外へ出れば五百円で売れたのだから、ひそかに
換金したものである。」

485 :廣島・もみじ民:2007/03/30(金) 01:44:26 ID:6/aKH7pX0
「ひそかにというのは、中国人に変装した憲兵や、兵長に仮装した
憲兵隊長などに現場をおさえられ、軍法会議にまわされる危険があるからで
ある。それでは憲兵がどれだけ立派な生活態度を持していたかといえば、
これもまた権力を利用して、もっと大きな闇商売をやったりもしていたの
だが、自分たちのことは棚にあげて、ひたすら現地の中国人を迫害し、
日本兵のアラ探しをやって点数をかせぐ。
こうした才覚がなければ経済的にやっていけないのである。政府も軍も、
兵隊の面倒をみる気が最初からないのである。
これはもちろん将校も同じことで、酒保品の煙草は将校の特権で一箱、
ニ箱とまとめて買えたから、それを利用した。守備隊の隊長や隊付将校は
現地妻をかこい、当番兵に世帯の世話まで命じて優雅に暮らしていた。
当時の沙市で、一流の職業姑娘の一夜の値段が数千円で、旭光二十本入り
一箇の半分くらいの給料しかない中隊長や将校が、姑娘をかこうことなど
常識では結びつかない。支那派遣軍は日本軍の中でただひとつ終戦時まで
建制を保持していたようにいわれているが、それも外見だけのことで、
すでに内部には退廃の空気がみなぎり、崩壊のきざしが末端までしみ
とおりつつあった。日本軍は、外国軍に負けたというよりも自らの体制の
腐敗が進行して、倒れるべくして倒れたというべきであろう。」と、
される。

265 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)